Select Language

【HASSEL BLAD】の使い方 第9回 「動く!」Cレンズの被写界深度目盛り

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年08月24日 14時30分]




ピントが合っている(合って見える)範囲を示すのが、被写界深度目盛です。
↑ のHASSELBLAD CF 80mmF2.8ですと、絞りリングとピントリングの間に縦の線が何本もありますね。
真ん中の太い指標を挟んで、左右対称に 4、8、11、16、22と数字がふってあります。

例えば、5mの距離にピントを合わせると、左右の被写界深度目盛の「16」の位置に
左側は、約3m、右側は、20m弱の距離が示されます。
これは、絞りF16の時、この間にピントがきますよ、ということです。

HASSELBLADに限らず、多くのメーカーのレンズは、このようなタイプの被写界深度目盛を使っていますね。

ところが、HASSELBLAD C レンズの場合は、ちょっと変わった表示の仕方をしています。

nullnullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

何本も縦の線を引くのではなくて、1対の動く指標を組み込んだのです!
絞りリングの動きに合わせて、赤い指標が動いていきます。
これなら、絞りと線を見比べて探すよりも、素早く直感的に被写界深度を見て取れます。

そして何より、こんな機構を内蔵させた技術力には感心させられますねぇ。
写真を撮る道具としてはもちろんのこと、こんな精緻なメカニズムにも大きな魅力があります。

まさに「持つ喜び」を感じさせるのが、HASSELBLAD なのです。



↓ こちらもご覧ください ↓
















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年08月24日 14時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!76票


503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
C 80mm F2.8×500C

【増税前にデビュー】ハッセルブラッドVシステム[2019年09月07日]

プロカメラマンが持つ機材の代名詞であったハッセルブラッドのVシステム。 2013年にVシステムカメラの製造が終了されましたが、今なお人気の高さを誇っているカメラシステムです。 今年6月にはVマウントシステムにも対応したデジタルバック「CFV II 50C」の開発発表がされ再び注目を集めています。 今回は昨年製造が終了したフジフイルムのACROS 100をカメラに詰めて撮影してきました。 使用...
続きを読む
イメージです

【Hassel blad】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑤ハッセルで合格祈願![2019年03月31日]

先月の誕生日に妻が卓上の酒燗道具をプレゼントしてくれました。 器にお湯を入れ、お酒を注いだ錫製のチロリを温めるもの。 …これがなかなか! いままでレンジでチンしていた時は、飲み口がどうもトゲトゲした印象だったのですが、湯煎したものはなんともまろやか!! 燗酒に向いたお酒というのもあるようで、奈良・春鹿の「さくら純米」や山形・大山の「十水」は、ぬる燗から人肌燗あたりの温...
続きを読む
null

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ![2018年09月30日]

愛用のレンズたち・・・ ・・・うそです。こんなに持ってません。 なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。 ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。 自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、 80mmから入るだろうという考えを基にもしています。 でも、「標準」の考え方も、人によってさまざ...
続きを読む
500C/M+C80mm+プロクサー0.5m

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル[2018年07月03日]

妻が実家に帰ってしまった… …なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。 今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。 まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤… そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴ...
続きを読む