【SONY】α PHOTO Vol.38 E 10-18mm F4 OSS 編 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【SONY】α PHOTO Vol.38 E 10-18mm F4 OSS 編 | THE MAP TIMES
Select Language

【SONY】α PHOTO Vol.38 E 10-18mm F4 OSS 編

[ Category: SONY|掲載日時:2015年11月29日 16時30分]



SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F9 1/60秒 ISO200
α PHOTO Vol.38
『E 10-18mm F4 OSS』


【α PHOTO】は、スタッフがSONYのAマウント・Eマウントレンズを
持ち出して自由に楽しく撮った写真を皆様にご紹介しております。

今回はEマウント(APS-C)の広角ズームレンズ、E 10-18mm F4 OSS
をご紹介いたします。
普段は標準~中望遠レンズを使うことが多く、広角レンズはなかなか使う機会が少ないので、
どんな写真が撮れるかなあ。という期待と、
うまく撮れるかなあ。という不安がありました。
ちょっとした冒険気分です。

出発前に、広角レンズは被写体に近づけて撮るといいよ、というアドバイスをいただきました。
そのアドバイスを念頭に置きながら、いざ出発です。

SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F4 1/1600秒 ISO250
ここ数日で、一気に寒さが増してきました。
緑々と生い茂っていた葉が、いつの間にか枯れ葉となり散っていました。
曇り空がより一層、少し寂しげな冬の雰囲気を醸し出しています。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F8 1/500秒 ISO100
日にちが変わって晴天日和。
じつは今回のブログで使用している写真は、晴天の日と曇天の日、2日間に分けられています。
わたしはどちらかといえば晴天の方が好きですが、曇天も嫌いではありません。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
13mm F6.3 1/200秒 ISO100
まんまるのキャラクターを発見。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F4 1/60秒 ISO200
被写体に寄れるだけ寄ってみたら、かなり奥行き感が出ました。
被写体に近づけるとはこういうことでしょうか。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F7.1 1/60秒 ISO125
ローアングルにて。
ベンチと切り株、緑に囲まれて落ち着ける公園です。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F6.3 1/320秒 ISO100
この公園内には動物園がありました。
入口で待ち受けていたのはお昼寝中のアヒル。目元の膨らみがかわいいです。
日差しにあたって気持ちよさそうですね。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
10mm F6.3 1/50秒 ISO3200
水生物館で、ふれあい水槽コーナーがありました。
魚とふれあい、優雅に泳ぐ小魚たちやカメを眺めました。
こうして平日の午後をのんびりと過ごすのもいいですね。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
18mm F4 1/60秒 ISO200
リス園もありました。
リスたちが目の前や足元をちょこちょこと駆け回っていました。
クルミをかじる強靭な前歯。
少し離れたところにいても、カリカリと噛りつく音が聞こえてきました。

ということで、晴天日和の公園散策はおしまいです。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
10mm F4 1/400秒 ISO250
気が付けば、広角ズームの望遠側中心での撮影となってしまったので、
何気なく降りてみた駅の河川敷で画角を比較してみました。


SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018
SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018SONY (ソニー) E 10-18mm F4 OSS SEL1018

初めて広角レンズを使用したとき、
普段人間の視界では見られない景色の広さに驚きと感動がありました。
水平線の先に延々と続く世界の広大さを改めて実感しました。

広角レンズは個人的に建物や風景を撮るためのレンズで、画を切り取るのが
難しいというイメージがありました。
ですが、こうして撮影をしてみると風景だけではなく被写体に近づけて背景の奥行き感を出したり、
いろいろな表現を楽しむことが出来るとわかり、今ではすっかり愛着が湧いてます。

ソニーEマウント(APS-C)の純正レンズでは唯一の広角ズームレンズ。
手持ちのラインアップに加えても決して損はないレンズです。

皆様もぜひご堪能ください。


αPHOTO第38回のレンズはE 10-18mm F4 OSS
でした。
今回の使用ボディはα6000です。


次回はどんなレンズが登場するでしょうか?
お楽しみに!!


↓α PHOTO バックナンバーはコチラ!↓





マップカメラ冬の陣開催中!
お得なキャンペーンをぜひご確認ください!



マップカメラの中古商品の保証期間が延びました!!業界でも類を見ない最長1年保証!
↓詳しくは下記バナーをクリック♪↓




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年11月29日 16時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!68票


null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む