Select Language

-Change your world- 『Summicron M35mm F2 ASPH.』

[ Category: Leica|掲載日時:2016年10月13日 16時00分]




皆様こんにちは!
気付けば10月も半分が過ぎようとしています。
今年もあと2ヶ月ちょっとかと思うとあっという間に時間って過ぎていきます。



さて、今回は去年写真を撮ってブログにしていなかった北鎌倉の紅葉の写真を載せたいと思います。
私が好きなLeica M9-Pに合わせてSUMMICRON M35mm F2 ASPHをチョイス!
今年リニューアルしたレンズですが、去年の写真なので
使用したのは1997年発売の前モデルのレンズです。

現代的な設計で非球面レンズを採用し、コンパクトなのが魅力です♪
絞り開放からスッキリした写りが特徴でしょうか。
装着してみると収まりのいいルックスが素敵!

どんな写りをするのでしょうか、それでは早速!

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/2000秒 ISO160
何となく壁を撮ってみます。
白い壁なので反射が眩しかったのですが白飛びしませんでした。
陰の部分も黒潰れをせずに情報が残っています。
コントラストが高いレンズにも関わらず、シャドーは潰れずハイライトは飛ばず。
すごい良いレンズです。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/60秒 ISO320
色がしっかり出ていて、抜けが良い写りです。
確かF2.8位で撮ったと思います。
絞り開放付近でもこれだけ写るので現代のレンズってすごいなぁ、と実感します。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/180秒 ISO320
逆光もなんのその!
フレアやゴーストが少なく(この写真に関しては出ていません!)
被写体の色や質感を忠実に再現してくれます。
後ろのボケもザワザワしていませんね。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/250秒 ISO320
絞り開放、最短撮影距離でもこの通り!
コントラストの高さとシャープさはLeicaのレンズの中でも
トップクラスではないでしょうか!?

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/2000秒 ISO320
抜けの良い写りで、テキトーに撮っていても画になるような気がします。
使っていて気持ちいいです。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/350秒 ISO320
出入り口の門を額縁に見立ててパシャリ。
さすが円覚寺、人が途切れることがなかったので
綺麗に真正面から撮るのは断念しました。

Leica M9-P + Summicron M35mm F2.0 ASPH
35mm F-- 1/350秒 ISO160
最後に強烈な逆光で締めくくり。
ようやく右端に大きいフレアが出ました。
目を細めるほど眩しい中で絞り込んで撮りました。
絞りを開けたり少し立ち位置を変えればフレアは出なかったかもしれません。
それにしてもフリンジ(輪郭に偽色が乗る現象)が気にならないのには驚きました!

非球面レンズを採用し、絞り開放から抜群の写り!
「カミソリズミクロン」と呼ばれることもあるレンズです。
前のモデルといえど基本設計は今のものと極端に変わっている訳ではないので
その写りを堪能したい!という方にとってはイチオシのレンズです!

カメラ専門店スタッフが選ぶおすすめのレンズ紹介ブログ Change your world レンズで写真は変わる 特集ページへ


↓今回使用した機材はコチラ!↓






↓新型ズミクロン35mmはコチラ!↓




昨年の紅葉は色付きが遅く、ちょっと残念でしたが
撮りに行くことに意味があるんだ!
そう言いきかせて今年もまた撮りに行きたいと思います。


秋の旅のオトモにコンパクトな高性能レンズを☆
でも、旅行に行くのにレンズまで買う予算が…
そんなときはマップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」があります!
ナント、36回払いまで金利がかかりません!
それ以上のお支払回数も超低金利で承ります。是非ご活用下さい!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



↓マップカメラはココ!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2016年10月13日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!43票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む