Select Language

【Leica】ズミルックスの魅力。~後編~

[ Category: Leica|掲載日時:2015年12月16日 17時45分]

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

【Leica】ズミルックスの魅力。~前編~に引き続き、
使用レンズはズミルックス M50mm F1.4 後期型でお届けいたします。

今回は紅葉の写真がメインです!
今年の紅葉はとても遅く、中には紅くなる前に枯れてしまった物もちらほらと。
紅葉を追い求めて埼玉から千葉へと電車に揺られてきましたが、出迎えてくれたのは可愛いニャンコ。
撮影をしようと思い追いかけたら逃げられて、落胆していたら
なんとベストポジションで手を舐め始めたではありませんか!
これには思わず「いいよ~!」と言いながら何度もシャッターを切ってしまいました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

前回はあまり開放で撮影しませんでしたが、今回は開放での撮影が多めです。
前回も今回もα7クローズフォーカスアダプターを使用しての撮影になりますが、
マウントアダプターを付けて、最短撮影距離を縮めて、更にはカメラ側でピント拡大までしてしまう。
数年前では考えられなかったことですよね。
ライカのレンズをより身近に感じることができるようになったのは、
やはりマウントアダプターとα7のおかげです。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

久しぶりに都会の喧騒を離れて羽根を伸ばしてきましたが、
私と同じように紅葉を求めてきたカメラマンが他にもたくさんいました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

1時間に1本しか電車が通らないようなローカル線で行ったからか、空き家や廃旅館がちらほらと。
廃墟好きにはたまりません。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

もちろん紅葉も素晴らしかったです!全部真っ赤!…とは行きませんでしたが。
今年は本当に紅葉が遅くて困りました…。
来年の紅葉は例年通りに綺麗に色づいてくれることを願います。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

まるでスポットライトのように、日の光が紅葉を照らしてくれています。
しかし、さすがF1.4!紅葉の手前にかかっていた枝もボケて消えてしまいました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

光を浴びて光るススキと、真っ赤な紅葉のコラボレーション。
秋らしい1枚が撮れました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

紅葉を撮ろうとカメラをさっと上に向けたら、たまたまピントが上の柿の木に合ったままだったようで、
その雰囲気がとても幻想的だったのでついそのままシャッターを切ってしまいました。
AFのレンズではまず起こり得ない、偶然の1枚です。
まるで多重露光をしたみたいな写りですね。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

紅葉の中、寄り添って歩く仲の良い夫婦。
この他にも、記念写真を撮り合うカップルや夫婦の方々がたくさんいて、
見ているこっちまでなんだか幸せな気持ちになりました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

川沿いに積まれていた石たち。絶妙なバランスです。
ここに写ってはいませんが、川の水もとても澄んでいて美しかったです。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

紅葉もこれで見納め。今年は四季折々、たくさんの草花を撮ることが出来ました。
というか、今年は今までで一番撮影をした年だったかもしれません。
数えてみると、80回ほど撮影に行っていました。

SONY (ソニー) α7ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付+Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 (後期型)

帰りのバス停にはまた猫が。何かと猫運のある旅です。
物音がするたびに2匹同時にその方向を見るので、そのあまりの可愛さに
バス停のアイドルと化していました。
(写真は少しトリミングをしたものを載せています。)


前後編に渡って私の大好きなレンズをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?
少しでもライカのレンズに興味を持っていただけたのならば嬉しいです。
ライカにはこれ以外にも本当にたくさんのレンズがあります。
その中からぜひあなたのお気に入りの一本を見つけてみてください!
[ライカの交換レンズ一覧はコチラ!]


本日ご紹介させて頂いたレンズはライカのレンズでしたが、
ソニーのEマウントにはその他にもたくさんのレンズを付けることができます!
↓マップカメラで対応表をご用意しておりますので、ぜひご覧ください!↓
(画像をクリックでマウントアダプターのページへと飛びます。)


もっともっとマウントアダプターについて詳しく知りたい!
↓マップカメラのマウントアダプター専門サイトをチェック♪↓









↓毎日値下げ!とことんやります!ネット限定USED LUSH!!!↓


大好評の『超低金利!ショッピングクレジット!』
今ならインターネットより信販会社アプラスを選びご注文いただくと、
応募頂いた方全員にQUOカード500円分プレゼント!
また、当社指定の信販会社をお選びいただくと今だけ36回払いまで金利0%!
↓ぜひご利用ください!↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2015年12月16日 17時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!59票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む