【SONY】好きなものをひたすら愛でる。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】好きなものをひたすら愛でる。

[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月01日 11時30分]



誰にでも好きなモノ、愛してやまないモノが1つはあるはず。

私が好きなモノ。

それは
「スニーカー」

『なんでスニーカーが好きなの?』と問われると返答に困ってしまうのだが、
返答に困る=理由がない。理由がない=無条件な愛。
という答えに行きつく。

そんな私の愛してやまない「スニーカー」

私と同等、いやそれ以上に「スニーカー」を愛する人間は日本全国、
世界各地に存在する。

そんなスニーカー仲間たちと好きなスニーカーをただひたすらに
デジタル一眼で(カッコ良く!)撮影するというイベントを寒空の下、敢行した。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

今回集まったのは私も入れて5名。

皆「馬鹿」がつくほどスニーカーへの愛は深い。

各々が履いているものを含め、今回の持ち寄ったスニーカーのフルラインナップは以下の通り。


分かる人には分かる極上のラインナップである。

その辺りはカメラにも少し通ずる部分があるのかもしれない。

分かる人には分かる。もっと知って欲しい。
双方、そんな気持ちを起こさせるアイテムであると思う。

そんなこんなで「自由」に撮影がスタート。

始める前から分かっていたことではあるが、自身の自慢の一足を
自分のカメラで撮れないという歯がゆさが生じる。

なので仲間にカッコよく撮ってもらうのだ。

今回は私が撮影した写真を掲載していく。

撮影機材は潔く
SONY α7S ボディ ILCE-7S + SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
のみで挑んだ。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
残雪の上に君臨した「KangaROOS(カンガルース)」
日中であったが、手前と奥の明暗差なんてなんのその。

早くも高感度性能抜群なα7Sの良さを感じる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
壁面の色と合わせたピンクの「PUMA(プーマ)」
その時の空気の冷たさを表現するために、人工物を入れ込み露出も少し落とした。

一眼だからこそ撮影者のイメージを即座に反映する事ができる。スマホではこうはいかない。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
キャットストリートで「asics(アシックス)」を撮る。
カラーブロッキングのセンスの良さには心惹かれる。

フットウェアデザイナーの第一人者
「ロニー・ファイグ」氏が運営するKITHでの限定販売となった一足。

植え込みの無機質さと植物のグリーンとのコントラストが映えた。

これも用いた「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」が一役買っているのだろうか。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
ポツンとたたずむ「leqoc(ルコック)」トリコロールカラーが映える。

こちらもあえて露出を落とした。

色味が無い中でひっそりとたたずむ雰囲気を出したかったので
試行錯誤の上撮影した1枚。

少し引き気味で撮影したことにより履いている本人の雰囲気が出たように感じる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
石材に反射させた「New Balance(ニューバランス)」

『眠らない街』との異名を持つこの1足は青から黒へという「夜のグラデーション」が表現されている。

絶妙な色味の変化もしっかりと捉えてくれるのはSONY α7シリーズの真骨頂。
仄かに映る反射のスニーカーまでも写し出す。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
ビビッドな色使いが憎い「adidas(アディダス)」。

アメリカのスニーカーブティックとのコラボレーションのこの配色。

被写体との距離はあるのだが、存在感抜群に写し出すことができた。
周囲の無機質な色味も相まってより際立つ。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
陽が落ちかけてきている中で、夕陽と見まごうばかりの
オレンジが目に飛び込む。

「Nike(ナイキ)」のバスケットボール用シューズであり

"ニューヨークニックス(NEW YORK KNICKS)"のチームカラーが落とし込まれている。

ポリウレタンの素材感を表現できることはスニーカー好きとしては堪らない。
この艶こそこの一足の持ち味である。

α7Sはこうした一足一足の魅力をより引き立たせるカメラであると
撮影中に何度も思う事になる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
このクレイジーパターンで構成されている「asics(アシックス)」のスニーカーは
「HOMAGE(オマージュ)」という愛称がついている。

オマージュとは仏語で尊敬や敬意という意味。

前述の「ロニー・ファイグ」氏が2009年から2015年までに手がけた
13種類ものスニーカーのデザインを1足に落とし込んでいる。

asicsというブランドをスニーカー好きに浸透させたのはロニー氏の
活躍無くしてはなかったのではなかろうか。

そんなロニー氏への敬意、またロニー氏から我々スニーカー好きへの
敬意をひしひしと感じてしまうのは私がスニーカー馬鹿だからであろうか。

靴ひもの網目まで写っていることに後から見返して驚きを隠せないでいた。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18 ベストショット
さて、最後の一枚はこの撮影会におけるベストショット。

これぞα7Sの底力を見せられたという気がしてならない。

陽が完全に落ち、階段に設置された照明のみが光源というシチュエーション。

かなりいやらしい条件であるが、そこは高感度対応が抜群なα7Sがうなりを上げる。

ダイナミックレンジの広さにも感服してしまった。

撮影している私のテンションも上るアガル。


こうして好きなモノを撮影して愛でる会は幕を閉じる。


誰にでも好きなモノ、愛してやまないモノが1つはあるはず。

それを写真に留めることも一興です。

ニッチな内容に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

↓↓今回の撮影で使用したカメラ・レンズはこちらです。↓↓





ただいまクリスマスキャンペーン開催中!今年のクリスマスは楽しみ盛りだくさん! クリスマスは1年間がんばった自分へご褒美をあげても良いと思うんです!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月01日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]