【SONY】好きなものをひたすら愛でる。 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





誰にでも好きなモノ、愛してやまないモノが1つはあるはず。

私が好きなモノ。

それは
「スニーカー」

『なんでスニーカーが好きなの?』と問われると返答に困ってしまうのだが、
返答に困る=理由がない。理由がない=無条件な愛。
という答えに行きつく。

そんな私の愛してやまない「スニーカー」

私と同等、いやそれ以上に「スニーカー」を愛する人間は日本全国、
世界各地に存在する。

そんなスニーカー仲間たちと好きなスニーカーをただひたすらに
デジタル一眼で(カッコ良く!)撮影するというイベントを寒空の下、敢行した。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

今回集まったのは私も入れて5名。

皆「馬鹿」がつくほどスニーカーへの愛は深い。

各々が履いているものを含め、今回の持ち寄ったスニーカーのフルラインナップは以下の通り。


分かる人には分かる極上のラインナップである。

その辺りはカメラにも少し通ずる部分があるのかもしれない。

分かる人には分かる。もっと知って欲しい。
双方、そんな気持ちを起こさせるアイテムであると思う。

そんなこんなで「自由」に撮影がスタート。

始める前から分かっていたことではあるが、自身の自慢の一足を
自分のカメラで撮れないという歯がゆさが生じる。

なので仲間にカッコよく撮ってもらうのだ。

今回は私が撮影した写真を掲載していく。

撮影機材は潔く
SONY α7S ボディ ILCE-7S + SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
のみで挑んだ。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
残雪の上に君臨した「KangaROOS(カンガルース)」
日中であったが、手前と奥の明暗差なんてなんのその。

早くも高感度性能抜群なα7Sの良さを感じる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
壁面の色と合わせたピンクの「PUMA(プーマ)」
その時の空気の冷たさを表現するために、人工物を入れ込み露出も少し落とした。

一眼だからこそ撮影者のイメージを即座に反映する事ができる。スマホではこうはいかない。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
キャットストリートで「asics(アシックス)」を撮る。
カラーブロッキングのセンスの良さには心惹かれる。

フットウェアデザイナーの第一人者
「ロニー・ファイグ」氏が運営するKITHでの限定販売となった一足。

植え込みの無機質さと植物のグリーンとのコントラストが映えた。

これも用いた「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」が一役買っているのだろうか。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
ポツンとたたずむ「leqoc(ルコック)」トリコロールカラーが映える。

こちらもあえて露出を落とした。

色味が無い中でひっそりとたたずむ雰囲気を出したかったので
試行錯誤の上撮影した1枚。

少し引き気味で撮影したことにより履いている本人の雰囲気が出たように感じる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
石材に反射させた「New Balance(ニューバランス)」

『眠らない街』との異名を持つこの1足は青から黒へという「夜のグラデーション」が表現されている。

絶妙な色味の変化もしっかりと捉えてくれるのはSONY α7シリーズの真骨頂。
仄かに映る反射のスニーカーまでも写し出す。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
ビビッドな色使いが憎い「adidas(アディダス)」。

アメリカのスニーカーブティックとのコラボレーションのこの配色。

被写体との距離はあるのだが、存在感抜群に写し出すことができた。
周囲の無機質な色味も相まってより際立つ。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
陽が落ちかけてきている中で、夕陽と見まごうばかりの
オレンジが目に飛び込む。

「Nike(ナイキ)」のバスケットボール用シューズであり

"ニューヨークニックス(NEW YORK KNICKS)"のチームカラーが落とし込まれている。

ポリウレタンの素材感を表現できることはスニーカー好きとしては堪らない。
この艶こそこの一足の持ち味である。

α7Sはこうした一足一足の魅力をより引き立たせるカメラであると
撮影中に何度も思う事になる。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18
このクレイジーパターンで構成されている「asics(アシックス)」のスニーカーは
「HOMAGE(オマージュ)」という愛称がついている。

オマージュとは仏語で尊敬や敬意という意味。

前述の「ロニー・ファイグ」氏が2009年から2015年までに手がけた
13種類ものスニーカーのデザインを1足に落とし込んでいる。

asicsというブランドをスニーカー好きに浸透させたのはロニー氏の
活躍無くしてはなかったのではなかろうか。

そんなロニー氏への敬意、またロニー氏から我々スニーカー好きへの
敬意をひしひしと感じてしまうのは私がスニーカー馬鹿だからであろうか。

靴ひもの網目まで写っていることに後から見返して驚きを隠せないでいた。

SONY (ソニー) α7S ボディ ILCE-7S + SONY (ソニー) Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18 ベストショット
さて、最後の一枚はこの撮影会におけるベストショット。

これぞα7Sの底力を見せられたという気がしてならない。

陽が完全に落ち、階段に設置された照明のみが光源というシチュエーション。

かなりいやらしい条件であるが、そこは高感度対応が抜群なα7Sがうなりを上げる。

ダイナミックレンジの広さにも感服してしまった。

撮影している私のテンションも上るアガル。


こうして好きなモノを撮影して愛でる会は幕を閉じる。


誰にでも好きなモノ、愛してやまないモノが1つはあるはず。

それを写真に留めることも一興です。

ニッチな内容に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

↓↓今回の撮影で使用したカメラ・レンズはこちらです。↓↓





ただいまクリスマスキャンペーン開催中!今年のクリスマスは楽しみ盛りだくさん! クリスマスは1年間がんばった自分へご褒美をあげても良いと思うんです!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:12月01日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]