【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX | THE MAP TIMES 
Select Language



【HASSEL BLAD】の使い方 第8回 どこが違う?500C/M と 503CX

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月05日 20時30分]





数種類あり、どれも同じように見える HASSELBLAD 500シリーズの見分け方ですが、実は簡単です。
親切な事にボディに機種名が入っています!

↑の写真の 500C/M は、ボディ左側面のアクセサリーソケットに(500C も同じ位置)、
↓の 503CX 以降のモデルは、ボディの両肩にありますね。
プリントではなく、浮き彫りになりました。ボディ正面の「HASSELBLAD」のロゴも浮き彫りですね。



では、500C/M と 503CX の異なるところを紹介しましょう。



500C/M (と 500C) のボディ内部は、乱反射防止の為、艶消し黒で塗装されています。



503CX 以降のモデルは、植毛タイプのパルパス材が使用され、内面反射がより一層抑えられています。
↑ のもののようにヒビが入っているものが多いのですが、写りへの影響はほぼ無いと言っていいでしょう。



503CX(503CXi、503CW)は、専用ストロボを使用するとTTL自動調光が可能です。
ミラーボックス内部にフィルム面からの反射光を測定する為のセンサーがあります。



ボディ左側には、TTL自動調光用のフィルム感度セレクターダイヤルがあり、
ISO 16~1000 で設定できます(503CXiも同じ。503CW は、ISO 64~4000。)   


左側、下部のソケットカバーを外すとTTLシンクロコネクターがあります。
ここに専用システムストロボを接続します。(現在、専用ストロボは入手困難です)



503CX (503CXi、503CW)のファインダー内左側にシグナルLEDがあり、専用ストロボの充電完了時に赤く点灯します。
また、撮影直後に適正露出が得られた時、1秒間点滅し、十分な光量が得られなかった時は、点滅しません。

上記のように内面反射材の変更専用ストロボでのTTL自動調光が可能になったこと以上に重要なのが
新型のフォーカシングスクリーンが標準装備されたことです。
採用された、ミノルタ(当時)製のアキュートマットスクリーンは、
非常に明るく、シャープでピント合わせがしやすくなりました。

フォーカシングスクリーンは交換可能なので、必要にあわせて、旧型、新型のスクリーンを交換して使用することができます。
(スクリーンが固定式の500Cは除く)

個人的には、標準レンズ Planar 80mm F2.8 使用時は、旧型のスクリーンのほうが、ピントの山がつかみやすく感じます。

また、 第6回 フォーカシングフード、ワインディングクランク その2で紹介した新型のクランクが付いています。



細かな改良点はありますが、初期型の500C から 最終型の503CW まで、
基本的なところに変わりがない HASSELBLAD って初めから完成度の高いカメラなんですね!!

価格的にもお求めやすい500C/M (500C)もまだまだ活躍できますよ!


↓ こちらもご覧ください ↓


















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月05日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]