Select Language



『Hasselblad X1D』東京発表会レポート

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]


Hasselbald X1D 東京発表会


皆様お待たせいたしました!!
先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。
7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。

重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、
スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWilliam Penrice氏から商品コンセプトの説明です。
大型テレビには創業者のヴィクター・ハッセルブラッド氏の画像が映し出され、
以後75年間で製造された機種の遍歴をたどりながら、カメラの小型化のこだわりを熱く語りました。
そして完成した「X1D」を「This is Hasselblad」と称し、
75年周年の記念の年に「X1D」を発売できたことをヴィクターも喜んでくれるはずと嬉しそうに語りました。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてOve Bengtsson氏による機材解説です。
基本性能は「H6D」から受け継いだ5000万画素CMOSセンサーを搭載し、ISO感度 100-25600を実現。
フルHD動画25fpsの撮影も可能です。
裏面は主要ボタンの他に3型のタッチ式パネル液晶モニターが搭載されており、
画面に表示されたアイコンでスマートフォン感覚で操作が可能です。
右列のカメラモード、動画モード、設定モード以外はカスタマイズできるとの事ですので、かなり使いやすそうな印象です。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてアンバサダーカメラマンのアルフィー氏とデリック氏が24時間で撮影したという作品が披露されました。
大きなセンサーを持つカメラは、光が少なくてもとてもシャープな写りに加え、カラフルな色再現です。
雨の中でも安心して撮影でき、今までの中判デジタルでは難しかった手持ちでのスローシャッターも楽しめ
作品の幅が大きく広がったとの事です。


Hasselbald X1D 東京発表会


最後に機材に触れる機会がありましたので、再度紹介を。

まずは専用のXCD45mmF3.5レンズを装着。
日本人の小さな手にも収まるボディはとても軽く、外観だけではとても中判とは思えないサイズ感です。
トップ部は押し込むとロックのかかるモードダイヤルと電源などで、とてもシンプルなデザインです。
ハッセル75周年カラーのオレンジ色のシャッターボタンが目を引きます。
ホットシューも搭載で、より手軽に中判カメラでストロボ撮影が可能になりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


発売時に用意された専用レンズは2本で、もう一方のXCD 90mmF3.2を装着してみました。
いずれも大きなピントリングでとても使い易い印象です。



Hasselbald X1D 東京発表会


2本のレンズは日本の「日東光学」の製造で、レンズ内に1/2000秒に対応したシャッターが組み込まれています。
冒頭の大使の挨拶にもあった、まさにスウェーデンと日本の技術の結晶が感じられます。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズを外すと、大きな中判センサーが顔を出します。


Hasselbald X1D 東京発表会


大きさの比較になればと思い、取材機材(Nikon D5)と並べてみました。本当にコンパクトというのが納得いただけると思います。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いて操作感です。電源を入れるとモニターに「H」のマークの登場でテンションも上がります。


Hasselbald X1D 東京発表会


各種設定はタッチパネル操作なのでとてもスムーズ。もちろん日本語表示で悩むことはありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


236万画素の電子ビューファインダーも見やすく良好です。
各種設定もファインダー内で確認/変更できるので、目を離さず撮影に集中できます。
シャッター半押しでAF補助光が発光。室内でも快適なAF動作が確認できました。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズが2本だけでは心もとないという方、ご安心ください。
専用のアダプターを介してHシリーズのレンズをそのまま使用することができます。


Hasselbald X1D 東京発表会


アダプターはミラーやレンズの無いシンプルなタイプで、画質への影響は心配ありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


24mmF4.8レンズを装着してみました。少し迫力が増しますが現行12種類のHC/HCDレンズが使えるメリットは計り知れません。

さてそんな魅力いっぱいの「X1D」、気になるお値段は、7900ユーロで、国内では100万円程、
12月上旬から随時出荷されるとのことですのでお楽しみに。
ご予約は以下より受付しております。皆様のご予約を心よりお待ちしております。

Photo by MAP CAMERA Staff











[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]