Select Language

『Hasselblad X1D』東京発表会レポート

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]

Hasselbald X1D 東京発表会


皆様お待たせいたしました!!
先日スウェーデンで発表された世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D」が、国内初お目見えです。
7月1日、東京原宿のハッセルブラッド ストア東京で発表会が行われました。

重要なパーツを日本から輸入し、スウェーデンの技術で完成させた「Hasselblad X1D」は両国の友好から誕生したと、
スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏のご挨拶で発表会は始まりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


まずはハッセルブラッド・ジャパン株式会社 社長のWilliam Penrice氏から商品コンセプトの説明です。
大型テレビには創業者のヴィクター・ハッセルブラッド氏の画像が映し出され、
以後75年間で製造された機種の遍歴をたどりながら、カメラの小型化のこだわりを熱く語りました。
そして完成した「X1D」を「This is Hasselblad」と称し、
75年周年の記念の年に「X1D」を発売できたことをヴィクターも喜んでくれるはずと嬉しそうに語りました。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてOve Bengtsson氏による機材解説です。
基本性能は「H6D」から受け継いだ5000万画素CMOSセンサーを搭載し、ISO感度 100-25600を実現。
フルHD動画25fpsの撮影も可能です。
裏面は主要ボタンの他に3型のタッチ式パネル液晶モニターが搭載されており、
画面に表示されたアイコンでスマートフォン感覚で操作が可能です。
右列のカメラモード、動画モード、設定モード以外はカスタマイズできるとの事ですので、かなり使いやすそうな印象です。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いてアンバサダーカメラマンのアルフィー氏とデリック氏が24時間で撮影したという作品が披露されました。
大きなセンサーを持つカメラは、光が少なくてもとてもシャープな写りに加え、カラフルな色再現です。
雨の中でも安心して撮影でき、今までの中判デジタルでは難しかった手持ちでのスローシャッターも楽しめ
作品の幅が大きく広がったとの事です。


Hasselbald X1D 東京発表会


最後に機材に触れる機会がありましたので、再度紹介を。

まずは専用のXCD45mmF3.5レンズを装着。
日本人の小さな手にも収まるボディはとても軽く、外観だけではとても中判とは思えないサイズ感です。
トップ部は押し込むとロックのかかるモードダイヤルと電源などで、とてもシンプルなデザインです。
ハッセル75周年カラーのオレンジ色のシャッターボタンが目を引きます。
ホットシューも搭載で、より手軽に中判カメラでストロボ撮影が可能になりました。


Hasselbald X1D 東京発表会


発売時に用意された専用レンズは2本で、もう一方のXCD 90mmF3.2を装着してみました。
いずれも大きなピントリングでとても使い易い印象です。



Hasselbald X1D 東京発表会


2本のレンズは日本の「日東光学」の製造で、レンズ内に1/2000秒に対応したシャッターが組み込まれています。
冒頭の大使の挨拶にもあった、まさにスウェーデンと日本の技術の結晶が感じられます。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズを外すと、大きな中判センサーが顔を出します。


Hasselbald X1D 東京発表会


大きさの比較になればと思い、取材機材(Nikon D5)と並べてみました。本当にコンパクトというのが納得いただけると思います。


Hasselbald X1D 東京発表会


続いて操作感です。電源を入れるとモニターに「H」のマークの登場でテンションも上がります。


Hasselbald X1D 東京発表会


各種設定はタッチパネル操作なのでとてもスムーズ。もちろん日本語表示で悩むことはありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


236万画素の電子ビューファインダーも見やすく良好です。
各種設定もファインダー内で確認/変更できるので、目を離さず撮影に集中できます。
シャッター半押しでAF補助光が発光。室内でも快適なAF動作が確認できました。


Hasselbald X1D 東京発表会


レンズが2本だけでは心もとないという方、ご安心ください。
専用のアダプターを介してHシリーズのレンズをそのまま使用することができます。


Hasselbald X1D 東京発表会


アダプターはミラーやレンズの無いシンプルなタイプで、画質への影響は心配ありません。


Hasselbald X1D 東京発表会


24mmF4.8レンズを装着してみました。少し迫力が増しますが現行12種類のHC/HCDレンズが使えるメリットは計り知れません。

さてそんな魅力いっぱいの「X1D」、気になるお値段は、7900ユーロで、国内では100万円程、
12月上旬から随時出荷されるとのことですのでお楽しみに。
ご予約は以下より受付しております。皆様のご予約を心よりお待ちしております。

Photo by MAP CAMERA Staff











[ Category: HasselBlad|掲載日時:2016年07月02日 14時34分]

面白いと思ったらコチラをClick!139票


【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】

【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】[2020年01月14日]

お正月。好きですか?私は好きです。 空気か澄んでて、呼吸するのさえ楽しくなります。 隣の車両にも人ひとり見えないガラガラの都内の電車が 珍しくて、 今回の旅のお供を鎮座させてみました。 501CM+CB80mm F2.8+A12 カメラの基本構成は○と□でできている。 まずは自宅でポシャり、 平衡を見出す間にも猫は逃げます。 EKTACHROME E100 使ったフィルムはEKTACHR...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】形、裏道、自分の道【HasselBlad】[2020年01月08日]

X1D × 原宿 【 X1D + XCD 90/3.2 | 1/1000 | f3.2 | ISO 100 】 早いもので令和2年が明けて、もう一週間が経ちました。 初詣、七草粥などなど、新年の醍醐味を満喫してらっしゃいますでしょうか。 年明け前の話になりますが、年末にHasselblad X1Dを持ち出す機会がありました。 一目みれば"それ"とわかる独特な「形」。 この一台を持って歩き慣れた原宿の街を散策しました。 【 X...
続きを読む
503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
C 80mm F2.8×500C

【増税前にデビュー】ハッセルブラッドVシステム[2019年09月07日]

プロカメラマンが持つ機材の代名詞であったハッセルブラッドのVシステム。 2013年にVシステムカメラの製造が終了されましたが、今なお人気の高さを誇っているカメラシステムです。 今年6月にはVマウントシステムにも対応したデジタルバック「CFV II 50C」の開発発表がされ再び注目を集めています。 今回は昨年製造が終了したフジフイルムのACROS 100をカメラに詰めて撮影してきました。 使用...
続きを読む
イメージです

【Hassel blad】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑤ハッセルで合格祈願![2019年03月31日]

先月の誕生日に妻が卓上の酒燗道具をプレゼントしてくれました。 器にお湯を入れ、お酒を注いだ錫製のチロリを温めるもの。 …これがなかなか! いままでレンジでチンしていた時は、飲み口がどうもトゲトゲした印象だったのですが、湯煎したものはなんともまろやか!! 燗酒に向いたお酒というのもあるようで、奈良・春鹿の「さくら純米」や山形・大山の「十水」は、ぬる燗から人肌燗あたりの温...
続きを読む