【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]





どうですか?この組み合わせ! 
デジタルカメラLeica M(Typ240)に80年以上前のレンズElmar 50mF3.5を取付けてみました。
※レンズを沈胴させるとカメラ内部を破損する恐れがありますのでご注意ください。

ライカMマウント(バヨネット式)ボディネジ込み式のライカスクリューマウント(L39)レンズを装着しているわけです。
マウントの異なる両者をつなぎ合わせるのがマウントアダプターです。



M/L変換リングとかMバヨネット変換リング
Mバヨネットアダプターリングなどと呼ばれているのが、このアクセサリーです。
このリングをL39レンズの後ろにネジ込むことにより、Mマウントボディに取り付け可能になります。
もちろん無限にもピントが合うように作られています。



これは、Mマウントのフィルムカメラ Leica MP
ライカスクリューマウントのレンズ Voigtlander NOKTON 50mmF1.5 ASPH を装着したものです。
このようにM/L変換リングがあれば、ライカ製に限らず、世界中のメーカーのライカスクリューマウントレンズを
Mマウントのカメラで使えるようになるのです!!

また、M/L変換リングには、35/135mm用50/75mm用28/90mm用の3種類があり、
M型ライカのファインダー内のフレーム自動切り替えに対応します。

※フレーム自動切り替えではないカメラやミラーレスカメラ(Mアダプター併用)などは、どのリングでもかまいません。


ちょっと注意が必要なのが、M/L変換リングの形状です。
左のものが標準的な半欠きタイプ(VOIGTLANDERの文字の部分の幅が狭くなっている)なのですが、
右のもののように幅が他の部分と変わらないものが存在します。


このレンズは、一番上の写真でLeica M(Typ240)に付けているElmar 50mF3.5です。
矢印の無限ロックレバーの存在が、M/L変換リングの一部の幅を狭くしている理由なのです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

無限にロックされているピントリングを回すためには、無限ロックレバーのボタンを押します。
この時上の写真のようにロックピンの下側がマウント面よりも下(ボディ側)に飛び出しています。
それを避けるためにM/L変換リングの一部の幅が狭くなっているのです。

お使いのレンズ、または、欲しいレンズの
無限ロックピンがマウントよりも下に飛び出すものならば、
半欠きタイプでなくてはなりません。

※初期のレンズでピントリングが1周近く回転するものは、
半欠きタイプでもリングに干渉して使えません。


また、既にミラーレスカメラ + Mマウントアダプターでライカレンズをお使いなら
M/L変換リングを一つ手に入れれば、古今東西のL39マウントレンズを気軽に楽しむことができます。


写りのバリエーションがグ~ンと広がること間違いなしです!!


↓ M/L変換リング各種ございます ↓




↓ 豊富な品揃えのフォクトレンダーL39マウントレンズ ↓








是非お試しください!



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]