【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]





どうですか?この組み合わせ! 
デジタルカメラLeica M(Typ240)に80年以上前のレンズElmar 50mF3.5を取付けてみました。
※レンズを沈胴させるとカメラ内部を破損する恐れがありますのでご注意ください。

ライカMマウント(バヨネット式)ボディネジ込み式のライカスクリューマウント(L39)レンズを装着しているわけです。
マウントの異なる両者をつなぎ合わせるのがマウントアダプターです。



M/L変換リングとかMバヨネット変換リング
Mバヨネットアダプターリングなどと呼ばれているのが、このアクセサリーです。
このリングをL39レンズの後ろにネジ込むことにより、Mマウントボディに取り付け可能になります。
もちろん無限にもピントが合うように作られています。



これは、Mマウントのフィルムカメラ Leica MP
ライカスクリューマウントのレンズ Voigtlander NOKTON 50mmF1.5 ASPH を装着したものです。
このようにM/L変換リングがあれば、ライカ製に限らず、世界中のメーカーのライカスクリューマウントレンズを
Mマウントのカメラで使えるようになるのです!!

また、M/L変換リングには、35/135mm用50/75mm用28/90mm用の3種類があり、
M型ライカのファインダー内のフレーム自動切り替えに対応します。

※フレーム自動切り替えではないカメラやミラーレスカメラ(Mアダプター併用)などは、どのリングでもかまいません。


ちょっと注意が必要なのが、M/L変換リングの形状です。
左のものが標準的な半欠きタイプ(VOIGTLANDERの文字の部分の幅が狭くなっている)なのですが、
右のもののように幅が他の部分と変わらないものが存在します。


このレンズは、一番上の写真でLeica M(Typ240)に付けているElmar 50mF3.5です。
矢印の無限ロックレバーの存在が、M/L変換リングの一部の幅を狭くしている理由なのです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

無限にロックされているピントリングを回すためには、無限ロックレバーのボタンを押します。
この時上の写真のようにロックピンの下側がマウント面よりも下(ボディ側)に飛び出しています。
それを避けるためにM/L変換リングの一部の幅が狭くなっているのです。

お使いのレンズ、または、欲しいレンズの
無限ロックピンがマウントよりも下に飛び出すものならば、
半欠きタイプでなくてはなりません。

※初期のレンズでピントリングが1周近く回転するものは、
半欠きタイプでもリングに干渉して使えません。


また、既にミラーレスカメラ + Mマウントアダプターでライカレンズをお使いなら
M/L変換リングを一つ手に入れれば、古今東西のL39マウントレンズを気軽に楽しむことができます。


写りのバリエーションがグ~ンと広がること間違いなしです!!


↓ M/L変換リング各種ございます ↓




↓ 豊富な品揃えのフォクトレンダーL39マウントレンズ ↓








是非お試しください!



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]