【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]





どうですか?この組み合わせ! 
デジタルカメラLeica M(Typ240)に80年以上前のレンズElmar 50mF3.5を取付けてみました。
※レンズを沈胴させるとカメラ内部を破損する恐れがありますのでご注意ください。

ライカMマウント(バヨネット式)ボディネジ込み式のライカスクリューマウント(L39)レンズを装着しているわけです。
マウントの異なる両者をつなぎ合わせるのがマウントアダプターです。



M/L変換リングとかMバヨネット変換リング
Mバヨネットアダプターリングなどと呼ばれているのが、このアクセサリーです。
このリングをL39レンズの後ろにネジ込むことにより、Mマウントボディに取り付け可能になります。
もちろん無限にもピントが合うように作られています。



これは、Mマウントのフィルムカメラ Leica MP
ライカスクリューマウントのレンズ Voigtlander NOKTON 50mmF1.5 ASPH を装着したものです。
このようにM/L変換リングがあれば、ライカ製に限らず、世界中のメーカーのライカスクリューマウントレンズを
Mマウントのカメラで使えるようになるのです!!

また、M/L変換リングには、35/135mm用50/75mm用28/90mm用の3種類があり、
M型ライカのファインダー内のフレーム自動切り替えに対応します。

※フレーム自動切り替えではないカメラやミラーレスカメラ(Mアダプター併用)などは、どのリングでもかまいません。


ちょっと注意が必要なのが、M/L変換リングの形状です。
左のものが標準的な半欠きタイプ(VOIGTLANDERの文字の部分の幅が狭くなっている)なのですが、
右のもののように幅が他の部分と変わらないものが存在します。


このレンズは、一番上の写真でLeica M(Typ240)に付けているElmar 50mF3.5です。
矢印の無限ロックレバーの存在が、M/L変換リングの一部の幅を狭くしている理由なのです。

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

無限にロックされているピントリングを回すためには、無限ロックレバーのボタンを押します。
この時上の写真のようにロックピンの下側がマウント面よりも下(ボディ側)に飛び出しています。
それを避けるためにM/L変換リングの一部の幅が狭くなっているのです。

お使いのレンズ、または、欲しいレンズの
無限ロックピンがマウントよりも下に飛び出すものならば、
半欠きタイプでなくてはなりません。

※初期のレンズでピントリングが1周近く回転するものは、
半欠きタイプでもリングに干渉して使えません。


また、既にミラーレスカメラ + Mマウントアダプターでライカレンズをお使いなら
M/L変換リングを一つ手に入れれば、古今東西のL39マウントレンズを気軽に楽しむことができます。


写りのバリエーションがグ~ンと広がること間違いなしです!!


↓ M/L変換リング各種ございます ↓




↓ 豊富な品揃えのフォクトレンダーL39マウントレンズ ↓








是非お試しください!



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2016年08月21日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む
【店頭限定】10月31日まで中古がお買い得!ハロウィンセール! 【店頭限定】10月31日まで中古がお買い得!ハロウィンセール! 2018年10月18日
皆様こんにちは! 10月も半分を過ぎ、肌寒い日が増えてきました。 これから山が色づいてきて、いよいよ本格的に秋の様相となるのでしょう。 さて、マップカメラ本館よりお買い得な【店頭限定セール】のご案内! 10月31日までの期間限定となっております。 マップカメラ本館地下フロアより、全館を代表してセール対象の商品をいくつかご紹介していきたいと思います! まずはCarl ZeissのライカMマウント用レンズ(以下ZMマウントレンズと記載)「Sonnar T*85mm F2 ZM」 ZMマウントレンズは日本のレ...
続きを読む
Motorsports photo #4 Motorsports photo #4 2018年10月17日
「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」 前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。 今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。 今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]