Select Language



【FUJIFILM】中判デジタルミラーレスカメラ『 GFX 50S』正式発表

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年01月19日 14時40分]

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

搭載されるセンサーは43.8mm×32.9mmm、5140万画素というハイスペックな大型CMOSセンサー。フルサイズと言われている35mm判フォーマットと比べても約1.7倍という別クラスの面積です。また、同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、センサーサイズが大きく一画素あたりの受光能力に優れるため、卓越した高感度性能、階調再現性を発揮します。さらに、集光性能と解像力を最適化するマイクロレンズや、フォトダイオードを形成するプロセスを最適化することで、既存の同サイズセンサー採用カメラをも上回る超画質を実現し、被写体の質感、立体感、その場の空気感までも伝えられるほど精緻な映像を描写できます。
画像処理エンジンには、「X シリーズ 」で既に高評価の「X Processor Pro」を採用。富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」による色再現をお楽しみいただけます。動画機能はフル HD30p に対応しており、高画質動画撮影が可能です。加えて、静止画同様に「フィルムシミュレーション」を使うことで、色調整などの後処理が不要になります。

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

富士フイルムといえば今もなお中判フィルムカメラを製造・販売しているメーカーであり、多くのプロカメラマンから支持されてきたメーカーです。その豊富な経験と高いレンズ技術を持つためでしょうか、開発発表としては異例とも言える新開発のレンズを6本も同時発表しました。そのラインナップも超広角から明るい中望遠レンズまであり、プロが撮影現場で対応できるだけのレンズシステムをすでに確立されています。しかもこのGFレンズシリーズは6本全てが防塵・防滴・-10℃の耐低温構造に加え、1億画素も見据えた解像性能と言われており、その描写力も非常に期待が持てるレンズです。


● GF63mmF2.8 R WR 【35mm判換算:50mm】(2017年2月28日(火)発売)

● GF120mmF4 Macro 【35mm判換算:95mm】(2017年2月28日(火)発売)

● GF32-64mmF4 R LM WR 【35mm判換算:25-51mm】(2017年2月28日(火)発売)



【今後発売予定】

● GF23mmF4 R LM WR 【35mm判換算:18mm】(2017年6月 発売予定)

● GF110mmF2 R LM WR 【35mm判換算:87mm】(2017年6月 発売予定)

● GF45mmF2.8 R WR 【35mm判換算:35mm】(2017年下旬予定)


FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

中判カメラといえばレンズシャッター方式を採用しているモデルが多く、今まではシャッターの最高速も限界がありました。しかし『GFX 50S』はフォーカルプレーンシャッターを搭載しているのも大きな特徴となっており、最高1/4000秒という高速シャッターを切ることができます。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

『GFX 50S』はミラーレスシステムならではの小型軽量化により、1kg以下の軽量ボディを実現。操作系もXシリーズで定評のある操作ボタンやダイヤル類を搭載してます。ボディ・レンズ共に高い防塵防滴性能ですから、スタジオ撮影だけでなく、過酷なフィールドで撮影できる性能と機動力も兼ね備えています。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 

脱着式のEVFを採用している事やバッテリーグリップも発売予定なので、アクセサリーによる高い拡張性にも期待ができます。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 



[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年01月19日 14時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]