【FUJIFILM】中判デジタルミラーレスカメラ『 GFX 50S』正式発表 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

搭載されるセンサーは43.8mm×32.9mmm、5140万画素というハイスペックな大型CMOSセンサー。フルサイズと言われている35mm判フォーマットと比べても約1.7倍という別クラスの面積です。また、同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、センサーサイズが大きく一画素あたりの受光能力に優れるため、卓越した高感度性能、階調再現性を発揮します。さらに、集光性能と解像力を最適化するマイクロレンズや、フォトダイオードを形成するプロセスを最適化することで、既存の同サイズセンサー採用カメラをも上回る超画質を実現し、被写体の質感、立体感、その場の空気感までも伝えられるほど精緻な映像を描写できます。
画像処理エンジンには、「X シリーズ 」で既に高評価の「X Processor Pro」を採用。富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」による色再現をお楽しみいただけます。動画機能はフル HD30p に対応しており、高画質動画撮影が可能です。加えて、静止画同様に「フィルムシミュレーション」を使うことで、色調整などの後処理が不要になります。

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

富士フイルムといえば今もなお中判フィルムカメラを製造・販売しているメーカーであり、多くのプロカメラマンから支持されてきたメーカーです。その豊富な経験と高いレンズ技術を持つためでしょうか、開発発表としては異例とも言える新開発のレンズを6本も同時発表しました。そのラインナップも超広角から明るい中望遠レンズまであり、プロが撮影現場で対応できるだけのレンズシステムをすでに確立されています。しかもこのGFレンズシリーズは6本全てが防塵・防滴・-10℃の耐低温構造に加え、1億画素も見据えた解像性能と言われており、その描写力も非常に期待が持てるレンズです。


● GF63mmF2.8 R WR 【35mm判換算:50mm】(2017年2月28日(火)発売)

● GF120mmF4 Macro 【35mm判換算:95mm】(2017年2月28日(火)発売)

● GF32-64mmF4 R LM WR 【35mm判換算:25-51mm】(2017年2月28日(火)発売)



【今後発売予定】

● GF23mmF4 R LM WR 【35mm判換算:18mm】(2017年6月 発売予定)

● GF110mmF2 R LM WR 【35mm判換算:87mm】(2017年6月 発売予定)

● GF45mmF2.8 R WR 【35mm判換算:35mm】(2017年下旬予定)


FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

中判カメラといえばレンズシャッター方式を採用しているモデルが多く、今まではシャッターの最高速も限界がありました。しかし『GFX 50S』はフォーカルプレーンシャッターを搭載しているのも大きな特徴となっており、最高1/4000秒という高速シャッターを切ることができます。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S

『GFX 50S』はミラーレスシステムならではの小型軽量化により、1kg以下の軽量ボディを実現。操作系もXシリーズで定評のある操作ボタンやダイヤル類を搭載してます。ボディ・レンズ共に高い防塵防滴性能ですから、スタジオ撮影だけでなく、過酷なフィールドで撮影できる性能と機動力も兼ね備えています。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 

脱着式のEVFを採用している事やバッテリーグリップも発売予定なので、アクセサリーによる高い拡張性にも期待ができます。

 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 

FUJIFILM(フジフイルム)GFX 50S
 



[ Category:Fujifilm]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]