Select Language

【SONY】"α" Times vol.12 ~2つの135mm~ 前編

[ Category: SONY|掲載日時:2016年09月26日 10時30分]



本日もマップカメラ本館5Fから
スタッフがピックアップした商品情報をお届けいたします!



今回ご紹介するのは
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
です!

後編で紹介予定の135mm F2.8(T4.5) STFと合わせて
現行Aマウントでは2本の135mmが展開されています。

135mmというと、ポートレートでよく使われている画角ですが
今回は秋の風物詩「曼珠沙華」と共に
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの魅力に迫って行きましょう。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/250 F2.2 ISO100

まず一つめのポイントは135mmという画角でありながら
開放値F1.8を実現している大口径単焦点である、というところです。
少し離れた所に咲いている背の高い曼珠沙華を屈んで探しましたが
前後をぼかし、ピント面だけをスッと浮かび上がらせる事が出来ました。
深度が欲しかったため1枚目の写真では2/3段ほど絞っています。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/400 F1.8 ISO100

そして二つめのポイントは、絞り開放から高い解像力を持ち
更に最短撮影距離が72cm、撮影倍率にして0.25倍を実現しているところです。
アンダー気味の露出を選択しつつ絞り開放でグッと寄ってみましたが
破綻なく艶やかな花弁を表現出来ました。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/200 F1.8 ISO100

絞り開放から高い解像力を持ちますが、少し絞り込む事で
その鮮鋭さが際立ちます。
切り株の質感の表現に注目していただきたいのですが
雨に濡れしっとりとしつつ、木肌を見事に描き込んでいます。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/160 F2.8 ISO100

赤ばかりですと目が疲れてしまいますので
足元に目を向け緑の写真を。
円形絞りが採用されていますので、1段絞っても綺麗な玉ボケが見られます。
朝露が良いアクセントになりました。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/400 F1.8 ISO100



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/640 F1.8 ISO200


いかがでしたでしょうか。
絞り開放付近でも破綻なく、大変良く写るので
ついつい開放付近の写真ばかりになってしまいました。

中望遠の単焦点という事で、少々使いづらいイメージがあったのですが
F1.8の明るさにも助けられ高速シャッターが使えますし
何よりも「寄れる」という強みが
使い易さをより高めているなと感じました。


・・・


そうそう、このSonnar T* 135mm F1.8 ZAですが
つい先日海外発表されました「α99II」の手振れ補正の基準にもなっています。

α7IIシリーズでは「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAで4.5段分」の補正だったのですが
α99IIでは「Sonnar T* 135mm F1.8 ZA」で4.5段分と非常に強力なものになっているそうです。

ボディ内手振れ補正というのは
通常だと望遠側になればなるほど補正量が落ちていくものなのですが
135mmで4.5段分という事は、ざっくり計算で
135mmでもss1/6~1/8辺りでブレずにシャッターが切れるという事です。
手振れ補正1つ取ってみても、スゴいカメラになっていますね。


そんな気になる新機種ですが、ご注文を承っております!


皆様のご注文、心よりお待ちしております。

↓今回ご紹介したSonnar T* 135mm F1.8 ZAのお求めはコチラから!↓




↓使用したボディはこちら!↓
マウントアダプターはLA-EA3LA-EA4を使いましょう。




マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2016年09月26日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!61票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む