【SONY】"α" Times vol.12 ~2つの135mm~ 前編 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】"α" Times vol.12 ~2つの135mm~ 前編

[ Category:SONY|掲載日時:2016年09月26日 10時30分]




本日もマップカメラ本館5Fから
スタッフがピックアップした商品情報をお届けいたします!



今回ご紹介するのは
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
です!

後編で紹介予定の135mm F2.8(T4.5) STFと合わせて
現行Aマウントでは2本の135mmが展開されています。

135mmというと、ポートレートでよく使われている画角ですが
今回は秋の風物詩「曼珠沙華」と共に
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの魅力に迫って行きましょう。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/250 F2.2 ISO100

まず一つめのポイントは135mmという画角でありながら
開放値F1.8を実現している大口径単焦点である、というところです。
少し離れた所に咲いている背の高い曼珠沙華を屈んで探しましたが
前後をぼかし、ピント面だけをスッと浮かび上がらせる事が出来ました。
深度が欲しかったため1枚目の写真では2/3段ほど絞っています。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/400 F1.8 ISO100

そして二つめのポイントは、絞り開放から高い解像力を持ち
更に最短撮影距離が72cm、撮影倍率にして0.25倍を実現しているところです。
アンダー気味の露出を選択しつつ絞り開放でグッと寄ってみましたが
破綻なく艶やかな花弁を表現出来ました。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/200 F1.8 ISO100

絞り開放から高い解像力を持ちますが、少し絞り込む事で
その鮮鋭さが際立ちます。
切り株の質感の表現に注目していただきたいのですが
雨に濡れしっとりとしつつ、木肌を見事に描き込んでいます。

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/160 F2.8 ISO100

赤ばかりですと目が疲れてしまいますので
足元に目を向け緑の写真を。
円形絞りが採用されていますので、1段絞っても綺麗な玉ボケが見られます。
朝露が良いアクセントになりました。


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/400 F1.8 ISO100



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+SONY (ソニー) Sonnar T*135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
α7II + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
ss1/640 F1.8 ISO200


いかがでしたでしょうか。
絞り開放付近でも破綻なく、大変良く写るので
ついつい開放付近の写真ばかりになってしまいました。

中望遠の単焦点という事で、少々使いづらいイメージがあったのですが
F1.8の明るさにも助けられ高速シャッターが使えますし
何よりも「寄れる」という強みが
使い易さをより高めているなと感じました。


・・・


そうそう、このSonnar T* 135mm F1.8 ZAですが
つい先日海外発表されました「α99II」の手振れ補正の基準にもなっています。

α7IIシリーズでは「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAで4.5段分」の補正だったのですが
α99IIでは「Sonnar T* 135mm F1.8 ZA」で4.5段分と非常に強力なものになっているそうです。

ボディ内手振れ補正というのは
通常だと望遠側になればなるほど補正量が落ちていくものなのですが
135mmで4.5段分という事は、ざっくり計算で
135mmでもss1/6~1/8辺りでブレずにシャッターが切れるという事です。
手振れ補正1つ取ってみても、スゴいカメラになっていますね。


そんな気になる新機種ですが、ご注文を承っております!


皆様のご注文、心よりお待ちしております。

↓今回ご紹介したSonnar T* 135mm F1.8 ZAのお求めはコチラから!↓




↓使用したボディはこちら!↓
マウントアダプターはLA-EA3LA-EA4を使いましょう。




マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2016年09月26日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]