【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年10月09日 20時30分]



SIGMA dp3 Quattro


皆様こんにちは!
気付けばもう10月。時が過ぎるのもあっという間です。

今回は、もうすぐ始まる旧古河庭園のバラフェスティバルの前に
いつぞや撮影した同所の秋バラを載せていきます。

使用したカメラはSIGMA dp3 Quattroです。
「Foveon X3センサーQuattro」と銘打った独自センサーと50mm F2.8(35mm判換算75mm相当)で
マクロ撮影もこなせる高性能レンズの相性は抜群!
dpシリーズは撮影を終えてRAW現像するたびにニヤニヤしてしまう不思議な力があります。
「画質」を追い求める人は避けて通れないと言っても過言ではないカメラではないでしょうか。

SIGMA dp3 Quattro

トンボが止まっていました。
75mm相当なので、離れていてもいくらか大きく写せます!
注目すべきはトンボの足のギザギザや、花弁の産毛もバッチリ写っている点。
さすがです。

SIGMA dp3 Quattro

撮影の前日か、もしかしたら朝方に雨が降っていたのでしょうか。
しずくに濡れた花が多くてきれいに撮れました♪
彩度を高くすると赤が飽和するのでRAW現像は丁寧に。
モニターをしっかりキャリブレーションしていなかったので
もう少しちゃんと設定して追い込みたかったです。

SIGMA dp3 Quattro

私が大好きな黒バラも「1:3」の接写性能でバッチリです。
花弁の厚みやビロードのような質感も手に取るように伝わってきます。

SIGMA dp3 Quattro

モノクロ現像も何のその。というよりモノクロこそ「Foveonセンサー」の真骨頂。
驚異のダイナミックレンジとリアリティ。

SIGMA dp3 Quattro

苔むした岩場をパシャリ。
暗かったのでISO250まで上げてしまいました。
今時のカメラで「上げてしまった」という表現も変なのですが
「Foveonセンサー」は昔から高感度に弱く、他社のカメラよりもノイズが乗りやすいので
古くからのSIGMA使いにとってISO200以上というのは戸惑いがあるものなのです。
とはいえ、ブレるよりはマシだと思って感度を上げて撮ってみたら
不安はどこへやら。特に何ともありませんでした。
Quattroになってから高感度耐性も上がっているようです。
これなら撮影の幅がグンと広がりますね!

SIGMA dp3 Quattro

今回の撮影で一番気に入った写真で〆たいと思います。
大きなボケは、APS-C相当の大型センサーと、中望遠に相当する画角の明るいレンズならでは。
花弁の質感もしっかり出ていて満足な1枚です。

四季折々の花々をこのカメラで撮りたい!
そう思ったのでした。





マップカメラではdp3 Quattroの作例を公開中!
質感の再現性が素晴らしいカメラです。いいですねぇ…。
↓フォトプレビューサイト、kasyapaはコチラ!↓


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年10月09日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ネコとM9 【Leica】ネコとM9 2018年10月23日
最近は休みの日がことごとく悪天候…。 家にこもって猫をひたすら撮っております。 今回の写真はすべてLeica M9 + Leica Summicron 50mm F2 2nd。 さっと構えて、露出とピントを合わせて、パチリ。 リズミカルでほどよいフィーリングのカメラです。 また、このLeica M9はCCDセンサー。 COMSセンサーと比較してこってりとした色のり。 独特な世界観を表現してくれます。 写真はすべて撮って出しです。 Leica Summicron 50mm F2 2ndは透明感のある描写。 今回使用したLeica M9です...
続きを読む
布施直樹写真展 "Dead man walking" 写真展のご案内 ~ 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 2018年10月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SONY】つれづれ猫散歩。 【SONY】つれづれ猫散歩。 2018年10月22日
var forcia_var = { JAN_CODE: "4548736001657,4905524934786" ,LIMIT: "28" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" };
続きを読む
【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]