Select Language

【OLYMPUS】「MarkⅡを待ちわびて」 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2016年12月13日 20時30分]




E-M1 Mark IIをお待ちの皆様。
本連載では、発売までじーーーっとしていられない性の我々が、
オススメのM.ZUIKO DIGITALレンズをリレーしていきます!
発売日まで続けますよー!

記念すべき......なのか、第1回目は、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を紹介いたします!

35mm判換算90mm相当の中望遠レンズとなるM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。
デビューは2011年夏。懐かしのPEN E-P3と同時に発表されました。
新品価格が概ね2万円台後半というお求めやすい価格ながら、
柔らかなボケ味、シャープなピント面を楽しめる1本に仕上がっています。
もちろん、マイクロフォーサーズの多分に漏れず、絞り開放から、です。


OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+OM-D E-M10
OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+OM-D E-M10

F値を開放1.8に設定し、4mほど離れた時計にフォーカスした一枚。
背景の情景を取り入れつつボケを取り入れたい作画では、
マイクロフォーサーズのレンズは良い仕事をしてくれます。

いきなりの余談ですが、この位置の背面方向が、先日発生した大規模陥没事故の現場なのです。



E-M1 Mark II、待ち遠しいですね。

OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+PEN E-P3
OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+PEN E-P3

RAW現像の際、ホワイトバランスを暖色寄りにして、放課後の雰囲気を目指してみました。
とろけるようなボケ味が、遠ざかっていく記憶の中の学生時代を
表現してくれる......そんな薀蓄まで言わせてくれる、魔性のレンズです。(笑)


E-M1 Mark II、早く出ないかなっ。


OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+OM-D E-M10
OLYMPUS(オリンパス)M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8+OM-D E-M10

最短撮影距離付近にて撮影した一コマ。
画面の一部分を拡大表示する「拡大鏡モード」を使い、
MFでピントを追い込むことで、納得の一コマに仕上げられました。
M.ZUIKO DIGITAL レンズ群のピントリングは、MFレンズのような滑らかさが特徴。
作り込みの良さを何気に感じるポイントとなっています。


いかがでしたでしょうか。
お手頃な価格とは裏腹に、上位グレードのレンズに負けず劣らずの性能を持った本レンズ。
ボケを活かして主題を際立たせたい場面では、必ず期待に応えてくれる存在なのです。

もーいーくつねーるとー いーえむわーん!

来たるべき時に備えて、レンズ選びも楽しんでいきましょう!



-END-





本命が待てないのは、皆様と同じく、です。


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2016年12月13日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!64票


秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『AboxPhotoClub Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む
X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む