Select Language



【OLYMPUS】「MarkⅡを待ちわびて」 M.Zuiko Digital 25mm F1.8

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年12月20日 11時00分]





E-M1 Mark IIをお待ちの皆様。
本連載では、発売までじーーーっとしていられない性の我々が、
オススメのM.ZUIKO DIGITALレンズをリレーしていきます!
発売日まで続けますよー!

今回は普段ソニー機を愛用している本館5Fスタッフがバトンを受け取りました!

第2回目はM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を紹介いたします!

35mm判換算で50mmになる標準レンズ。
F1.8と明るく、システムの顔とも言えるスタンダードな本レンズを
今回はOLYMPUS PEN-Fにマウントして撮影に行って参りました。

それでは、ご覧ください。


OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/125 F1.8 ISO200

さて、まずは明るいレンズとなればボケ味を見てみたくなりますよね。
少し意地悪な背景で前後のボケを見てみましたが、癖のない素直な描写です。
コントラストが低くなるような事もなく、開放からどんどん使って行きたいレンズですね。

OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8)
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/200 F1.8 ISO200

窓から射しこんだ光がカーテンでディフューズされていました。
こういう何気ない光景が筆者は好きなのですが
M.Zuiko Digital 25mm F1.8は柔らかな光を階調豊かに捉えてくれます。
少し寒色に寄せたホワイトバランスと相まって、清楚な印象。


OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/50 F1.8 ISO200

ならばシャドウの階調はどうだろうと、机に落ちる斜光にフォーカスしてみたわけですが
全体を切り詰めた露出でも、暗部が潰れてしまうような事もなく
引き締まった画をちゃんと出してくれます。
背もたれの模様もしっかり描きつつ、布の柔らかさと木の質感も見事です。


OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8)
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/160 F1.8 ISO400



OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/60 F1.8 ISO400

歩き回っての撮影はお腹が空きますので、喫茶店に入って一休みしましょう。
トーストと珈琲を注文して、サッと取り出して一枚。

マイクロフォーサーズはこういう時にありがたいですね。
F1.8でもピントが極浅になるような事はなく、程良い深度と程良いボケ量です。
これがフルサイズともなるともう少し絞るか角度を工夫してやらないといけませんので
そうこうしている内にご飯が冷めてしまいます…。

OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/25 F2.8 ISO400

更にぐぐっと寄って一枚。
最短撮影距離は25cmと標準レンズにしてはかなり寄れますので
これ一本でフォトウォークも良いですね。

マイクロフォーサーズとはいえ
ここまで寄るとさすがに被写界深度が浅くなりますので少し絞って撮りましょう。
焼き立てのパンに、ジワっと溶けるバターが美味しそう。
ああっ、早く食べたい(この後美味しくいただきました)


OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/400 F5.6 ISO400

夕日の当たる建物を、数段絞って写してみましたが
PEN-Fの20MP Live MOSセンサーもあってか、きりっと締まった画を見せてくれます。
特に屋根の描き込みが素晴らしい。

決して目の痛くなるようなシャープネスではなく
丁寧で繊細な描き込みを伺わせるのは、オリンパスの長年培ってきた画作りあってこそ。
その画作りに添えるレンズもまた良いのですから、撮影が何倍も楽しくなりますね。

OLYMPUS (オリンパス) PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
ss1/8000 F2.2 ISO400

街灯をシルエットにしつつ、暮れなずむ空をカメラにおさめて持ち帰ります。
マジックアワーのグラデーションが美しいですね。
ほんの2/3段程絞っただけなのですが、街灯の存在感がグッと増したのも印象的でした。



・・・






いかがでしたでしょうか。

比較的価格もお手頃で、写りも良く、焦点距離は35mm判換算で50mm。
そして寄れるという要素も相まって、非常に柔軟で使い易い本レンズ。
真の意味でマイクロフォーサーズのスタンダードレンズと呼べるでしょう。

MAP TIMESをお読みになられている方は、これから初めてカメラに触れる方もいれば
バリバリのベテランさんもいらっしゃると思うのですが
初めての一本にも、充実した機材の中で手軽な一本としてもオススメ出来るレンズです。


↓お求めはコチラから↓





50mm大好きなので新型も気になっちゃいます。



↓あれもこれも試せる。マップカメラはこちらです!↓
ご案内


〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年12月20日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]