Select Language



【PENTAX】 K-1とマニュアルレンズでライブ撮影!

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月14日 19時10分]





85mm F2 1/200秒 ISO200

皆様こんにちは!
ここ最近、写真を撮る機会が少しずつ増えてきました。
紅葉やイチョウ並木といった風景だけでなく
人から撮ってくれと頼まれることが多い今日この頃。



85mm F1.8 1/200秒 ISO400
今回は私がよく行くゴールデン街のいつものお店の
スタッフとお客さんで結成された
3人組インストバンド(ボーカルがいない音楽のみのバンド)の
ライブ風景をお送りします。



85mm F2 1/200秒 ISO800
歌がなく、曲だけをひたすらに奏で続けるバンドを撮るのは初めて。
しかもコピーではなくオリジナルなので初めて聞く曲ばかり。
知ってる曲なら「ここだ!」というポイントが分かるのですが
音楽に身を委ねながら、ひたすらシャッターを切り続けます。

ちなみに私がベース大好きなので冒頭からベーシストの写真を連投。
この方は普段はギターなんだそうです。両方弾けるのってカッコイイです。



85mm F2.5 1/200秒 ISO800
被写体を捉えることよりも、光を捉えるのがとても大変。
刻一刻と目まぐるしく明滅する舞台照明にも悩まされます。



85mm F2.5 1/200秒 ISO400
ギターを掻き鳴らす手元は動きを出すべく少しブレを残して。
ただ、体全体がブレてはイマイチな写真になるので
その微妙なシャッタースピードの加減が難しいです。
この写真も手元をぶらして撮った方がカッコよかったと思います。

そしてライブ撮影はシャッターを切る瞬間に考えることがとにかく多い!
・露出補正をどうするか
・シャッタースピードをどうするか
・アングル、構図はどうするか…etc.

1つでも考えることを減らしたい私は「TAVモード」で撮影します。
F値とシャッタースピードは自分で設定
ISO感度は先の2項目と露出補正に応じて自動で設定されます。
ホワイトバランスはマルチパターンAUTOが優秀なのでそれで。
Mモード(マニュアル露出)だとISO感度までダイヤルをいじらないといけないので
頭がパンクするというか指が足りないので「TAVモード」はすごく助かるモードです。

Tvモード(シャッター優先)では
「背景をぼかしたいのに露出に応じて絞りが変わってしまい、ボケがコントロールできない」とか
Avモード(絞り優先)では
「露出に応じてシャッタースピードが遅くなってブレてしまう」
といった諸問題があるので設定が難しいのです。



85mm F2.8 1/200秒 ISO500
髪を振り乱し一心不乱に攻め立てる彼女を見て
「ギターの鬼」という言葉が頭に浮かんだのでした。
今回はシャッターを切るタイミングと
ピッキングのタイミングが重なって弦を弾く手に躍動感が出ました。



85mm F2 1/200秒 ISO800
ドラムは大体奥に居るので、距離感がしっくりこなかったり
マイクスタンドとかが邪魔だったりして意外と撮るのが難しいです。
曲が終わり動きが止まった瞬間をパシャリ。



24mm F6.3 1/200秒 ISO8000
最後はFA★24mmで全体の様子を。
ライブビューに切り替えてチルト液晶を起こしての1枚。
レンズはオートフォーカスが可能なFAレンズですが
オートフォーカスはモーター音がするのでマニュアルで合わせています。

最後の1枚以外は全て、元々オートフォーカスができない
マニュアルフォーカスレンズです。
ペンタックスを使っているとファインダーが見やすいのもあって
マニュアルフォーカスが上手くなる気がします。
オートフォーカスだとエリアを決めないといけなかったり
思ったところと違う場所にピンが来てしまうことがあるので
機械のせいにしないように自分で合わせることにしています。
…趣味の世界だからできるこだわりとも言えます。

↓今回使用したカメラはコチラ!!↓







今回メインで使ったレンズはCarl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
コシナ製Zeissの大口径中望遠レンズで、約600gとずっしりしています。
元々マニュアルフォーカスの設計なのでピントリングの質感は見事!
風景撮影などでは、じわっとピントが来る瞬間がたまりません。
ライブ撮影ではそんな「じわっと」なんて余裕はないのでサッと合わせますが
カメラのファインダーの視認性の良さと相まってピント面がすごく見やすいです。

皆様もマニュアルフォーカスレンズを是非使ってみてください。
今までと違った刺激的な撮影が出来ること間違いなしです!
スキルアップにも繋がりますし、良いことづくめ…かもしれません。

またこういった撮影の機会があったら載せたいと思います。
それではまた!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月14日 19時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む
【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年06月02日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困...
続きを読む
【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 2018年05月29日
皆様こんにちは! 今回は4年ほど前のブログを再掲載です。 春~夏は花が色とりどりに咲くので写真を撮るのに最適な時期ではないでしょうか。 「生田のバラ園も良いよ♪」と知人に伺ったので今回はK-5IIsを持って行ってきました。 ※2018年の生田バラ園は5月27日で夏のバラは終わってしまいました。 次は10月中旬頃の秋バラが狙い目です。 中望遠レンズがメインで撮影をしているのでとりあえずボカしてみます。 低い目線で撮りたいときは寝そべる。体を張ってこそ撮れるものもあるのです...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]