Select Language



“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月02日 16時00分]


佐々木 啓太氏

1969年 兵庫県生まれ。高校を卒業後、写真専門学校に入学。貸スタジオ勤務、写真家のアシスタント生活を経て独立。「写真はモノクロに限る」が口癖だが、デジタルではカラーやデジタルエフクトも活用しながら作品の幅を広げている。「街角写真家」として自身の作品発表の場として、毎年のように写真展を開催しながら、雑誌取材、カメラ雑誌の原稿執筆など、幅広く活躍中。



“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series



■smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited
個人的には、味わいというFA Limitedシリーズ最大のポイントを一番感じるレンズなので、FA Limited はこのレンズから始めて欲しいと思っています。その味わいはピント位置には程よいシャープさがあって、ボケ味に絶妙な柔らかさを持っています。数値だけでなく実際のプリントを見ながらレンズ設計を決めた真骨頂がここにはあります。そんな微妙な味わいを堪能するのはシンプルなモノクロが最適です。カラーなら仕上がりに柔らかさがある「ほのか」もオススメです。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.3 / WB 太陽光 / モノトーン / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8 Limited


古い公衆電話のガラス。このレンズが作る優しいトーンのモノクロにすると雰囲気が出るので、この電話が使われてきた背景を想像しながらシャッターを切った。


PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8Limited


尾道で出会ったネコ。ネコの後ろからの光が美しく、後光が差しているようにも感じた。逆光の厳しい条件でもイメージを追い込んで行けるのはレンズ性能に余裕がある証拠。


■smcPENTAX FA43mm F1.9 Limited
FA Limitedシリーズ最初の1本で、使いこなす楽しさがあるレンズです。焦点距離が35mmフィルムの対角線と同じ43mmの標準レンズということだけでなく、被写体までの距離で印象が変わるボケ味に特徴があります。そんなこのレンズの味わいを堪能するためには、絞り、撮影距離、アングルの全てをコントロールする必要があります。このレンズを使いこなせば撮影のスキルと表現力も進歩します。35mmフィルム時代に「写真は標準レンズに始まり標準レンズに終わる」そんな言葉がありましたが、それを強く感じられるのも魅力です。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.9 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


このレンズのボケ味が生きるように柔らかくなる「ほのか」でオーバー露出にした。少し近づいてボケ味を強調すると、どこにでもありそうな風景でも特別に感じやすくなる。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F2.5 / 露出補正 マイナス1.0 / WB 日陰 / 雅(MIYABI) / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


冬の夕方、空気も澄んでいるのでコントラストが強くなりすぎることもあるので、少し影になっている場所を狙った。この写真のボケはうまくいったパターンで、思い通りに決まったときの喜びは格別。


FA31mm F1.8 AL Limited
FA Limited シリーズの最後発にして最高峰かもしれないレンズです。広角レンズとして程よい広さで、絞りを開けたときのボケは滑らかで味があって、少し絞り込んで離れた風景を撮ると広角レンズらしいシャープさも楽しめます。こんな優等生のような性格のレンズなのでファンが多いのもうなずけます。K-1につけたときのバランスも良いので常用レンズとしても最適です。少しへそ曲がりなボクは、この高性能な優等生レンズは自分だけの使いこなしポイントが探しずらいと感じています(笑)。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 マイナス0.3 / WB 太陽光 / リバーサルフィルム / ハイコントラスト / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA31mm F1.8Limited


街で見かけた落書きを優等生的な描写のレンズをいじめるような超ハイコントラスト(リバーサルフィルム+ハイコントラスト)で狙った。そんな意地悪も受け止めてくれる。



PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F5.6 / 露出補正 プラス1.0 / WB CTE / リバーサルフィルム / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


しまなみ海道で見つけた銘木(笑)。このレンズが持っている程よい広がりを活かしながら、少し絞ったときのシャープさをつかって周りの雰囲気も入れながらまとめた。


written & photo by 佐々木 啓太







Kasyapaトップへ戻る

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月02日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【24人の24mm】「東京スナップ」 【24人の24mm】「東京スナップ」 2018年07月22日
F1.4 1/2000 ISO-500 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 「東京スナップ」 F1.4 1/640 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。 こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。 この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。 F1.4 1/160 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 東京国際フォーラム内にて。 SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で...
続きを読む
Nikon D850+AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 【Nikon】D850 海そして海! 2018年07月22日
海の日を終え、いよいよ夏休み突入です! 今年は梅雨が早く終わり、海開きも早かったので既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、 ぶらりカメラ片手にお薦めの海を撮影して来ました。 車で出かけるのが当たり前の昨今、あえて電車で行ってみるのも良いものですよ。 先ずは毎年人気スポットの鎌倉駅から歩いて15分位の湘南”由比ガ浜” 江ノ島電鉄に乗れば由比ガ浜駅から1分 湘南は”鵠沼”や”七里ヶ浜””江ノ島”等ある中 由比ガ浜は”ザ・湘南 この夏に海に来た”と思わせてくれて、海の家...
続きを読む
【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
【Nikon】旅のお供にNikon P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに応えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]