Select Language



“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月02日 16時00分]


佐々木 啓太氏

1969年 兵庫県生まれ。高校を卒業後、写真専門学校に入学。貸スタジオ勤務、写真家のアシスタント生活を経て独立。「写真はモノクロに限る」が口癖だが、デジタルではカラーやデジタルエフクトも活用しながら作品の幅を広げている。「街角写真家」として自身の作品発表の場として、毎年のように写真展を開催しながら、雑誌取材、カメラ雑誌の原稿執筆など、幅広く活躍中。



“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series



■smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited
個人的には、味わいというFA Limitedシリーズ最大のポイントを一番感じるレンズなので、FA Limited はこのレンズから始めて欲しいと思っています。その味わいはピント位置には程よいシャープさがあって、ボケ味に絶妙な柔らかさを持っています。数値だけでなく実際のプリントを見ながらレンズ設計を決めた真骨頂がここにはあります。そんな微妙な味わいを堪能するのはシンプルなモノクロが最適です。カラーなら仕上がりに柔らかさがある「ほのか」もオススメです。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.3 / WB 太陽光 / モノトーン / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8 Limited


古い公衆電話のガラス。このレンズが作る優しいトーンのモノクロにすると雰囲気が出るので、この電話が使われてきた背景を想像しながらシャッターを切った。


PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8Limited


尾道で出会ったネコ。ネコの後ろからの光が美しく、後光が差しているようにも感じた。逆光の厳しい条件でもイメージを追い込んで行けるのはレンズ性能に余裕がある証拠。


■smcPENTAX FA43mm F1.9 Limited
FA Limitedシリーズ最初の1本で、使いこなす楽しさがあるレンズです。焦点距離が35mmフィルムの対角線と同じ43mmの標準レンズということだけでなく、被写体までの距離で印象が変わるボケ味に特徴があります。そんなこのレンズの味わいを堪能するためには、絞り、撮影距離、アングルの全てをコントロールする必要があります。このレンズを使いこなせば撮影のスキルと表現力も進歩します。35mmフィルム時代に「写真は標準レンズに始まり標準レンズに終わる」そんな言葉がありましたが、それを強く感じられるのも魅力です。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.9 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


このレンズのボケ味が生きるように柔らかくなる「ほのか」でオーバー露出にした。少し近づいてボケ味を強調すると、どこにでもありそうな風景でも特別に感じやすくなる。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F2.5 / 露出補正 マイナス1.0 / WB 日陰 / 雅(MIYABI) / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


冬の夕方、空気も澄んでいるのでコントラストが強くなりすぎることもあるので、少し影になっている場所を狙った。この写真のボケはうまくいったパターンで、思い通りに決まったときの喜びは格別。


FA31mm F1.8 AL Limited
FA Limited シリーズの最後発にして最高峰かもしれないレンズです。広角レンズとして程よい広さで、絞りを開けたときのボケは滑らかで味があって、少し絞り込んで離れた風景を撮ると広角レンズらしいシャープさも楽しめます。こんな優等生のような性格のレンズなのでファンが多いのもうなずけます。K-1につけたときのバランスも良いので常用レンズとしても最適です。少しへそ曲がりなボクは、この高性能な優等生レンズは自分だけの使いこなしポイントが探しずらいと感じています(笑)。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 マイナス0.3 / WB 太陽光 / リバーサルフィルム / ハイコントラスト / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA31mm F1.8Limited


街で見かけた落書きを優等生的な描写のレンズをいじめるような超ハイコントラスト(リバーサルフィルム+ハイコントラスト)で狙った。そんな意地悪も受け止めてくれる。



PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F5.6 / 露出補正 プラス1.0 / WB CTE / リバーサルフィルム / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


しまなみ海道で見つけた銘木(笑)。このレンズが持っている程よい広がりを活かしながら、少し絞ったときのシャープさをつかって周りの雰囲気も入れながらまとめた。


written & photo by 佐々木 啓太







Kasyapaトップへ戻る

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2016年12月02日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む
【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年06月02日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困...
続きを読む
【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 2018年05月29日
皆様こんにちは! 今回は4年ほど前のブログを再掲載です。 春~夏は花が色とりどりに咲くので写真を撮るのに最適な時期ではないでしょうか。 「生田のバラ園も良いよ♪」と知人に伺ったので今回はK-5IIsを持って行ってきました。 ※2018年の生田バラ園は5月27日で夏のバラは終わってしまいました。 次は10月中旬頃の秋バラが狙い目です。 中望遠レンズがメインで撮影をしているのでとりあえずボカしてみます。 低い目線で撮りたいときは寝そべる。体を張ってこそ撮れるものもあるのです...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]