【木下光学研究所】KISTAR 35mm F1.4 本日発売! | THE MAP TIMES 
Select Language



【木下光学研究所】KISTAR 35mm F1.4 本日発売!

[ Category:etc.|掲載日時:2016年12月08日 10時00分]




【木下光学研究所】
KISTAR 35mm F1.4(限定生産品)
本日発売です!!


木下光学研究所 (キノシタコウガクケンキュウジョ) KISTAR 35mm F1.4

「木下光学研究所」というと聞き覚えのない方が多いかもしれませんが
数々の銘玉、その中でも“TOMINON 55mm F1.2”を世に送り出した
「富岡光学」と聞くとご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その「富岡光学」で“TOMINON 55mm F1.2”の設計に携わった木下三郎氏が創設した会社が「木下光学研究所」です。

「富岡光学」は技術力の高さから、後にCONTAX用のCarlZeissレンズを製作していた
光学メーカーとしてファンの間では広く知られていますね。


木下光学研究所 (キノシタコウガクケンキュウジョ) KISTAR 35mm F1.4

そんな木下光学研究所
「TOMINON 55mm F1.2復刻プロジェクト」として
当時の設計思想に基づき、可能な限り再現した
「KISTAR 55mm F1.2」を送り出したしたのは記憶に新しいところですが

今回はKISTAR第2弾として
完全オリジナル設計となる「KISTAR 35mm F1.4」が登場!

コンセプトは「開放での柔らかなボケ、絞り込んだ時のシャープネス」ですが
今回は最新の高屈折率ガラス非球面レンズの効果で、小型化を実現しつつ
フローティング構造を搭載し、近接域に至るまで所収差を良好に補正しています。

KISTAR 55mm F1.2同様のコンタックス・ヤシカマウント(通称C/Y)となっておりますので
昨今のミラーレス一眼にマウントアダプターを装着して付けても良いですし
当時のカメラにそのまま装着するのも乙な使い方かもしれません。

またKISTAR 55mm F1.2ではキヤノンのボディにマウントアダプターを付けて装着しようとすると
後玉がミラーに干渉してしまったのですが、今回のKISTAR 35mm F1.4では
キヤノンにもアダプターを介して装着が可能となっております!


装着イメージです!

そんなマニアにはたまらないコチラのレンズ、メーカー直販か、
マップカメラのみでのお取り扱いとなっております!!!

※レンズマウントはコンタックス・ヤシカマウントとなります。



併せて読みたい
↓木下光学研究所『KISTAR 55mm F1.2』製作インタビュー↓
職人達の高い技術と熱い想いが詰まっています!!


↓お求めはコチラから↓




マップカメラでは36回まで金利0%の「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットの詳細はコチラ!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2016年12月08日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]