Select Language



【OLYMPUS】手にフィットする本格的カメラ OM

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年09月05日 20時00分]




null

大きくて重いカメラ さようなら


null



各カメラメーカーのフラッグシップ機は最高の技術を巧みに詰め込み、高性能を実現している。
故に、大きく重くなってしまうのが宿命かも..しれない。一眼カメラにおいて、オリンパスは
開発当初から、高性能を維持したまま"小型で軽量な"フラッグシップ機にこだわりを持ち続けている。
小型化しても性能や操作性を犠牲にせず、クオリティだけをギュッと圧縮した小さなカメラ、言わば..

手にフィットする本格的カメラ


頻繁に持ち歩くカメラは"小さくて軽い、そして本格的"、
この条件がなければ使う頻度が減ってしまいそうな気がする。

このカメラをいつも持ち出してください、たくさんいい写真を撮ってください

これこそ、オリンパスOMのメッセージであり、答えなのかもしれない。





昭和40年代 OMはじまる


OM-1


※画像はOM-1N

1973


OMシリーズの礎を築いたマニュアル専用機。
ライカからの指摘によりM-1⇒OM-1に改名。
過酷な条件のエレベスト登山に使用された。

510g







OM-2


※画像はOM-2N

1975


世界初の「TTLダイレクト測光」を採用し、
電子制御シャッターを搭載した絞り優先AE機。
国内外の全てのフィルム反射率を測定した実績あり。

520g







OM-3


※画像はOM-3Ti

1984


マルチスポット測光搭載のマニュアル専用機。
(実質OM-1の後継) OM-3Ti は専用ストロボで
高速シャッターに同調。 OM-D E-M5 MarkⅡ
スペシャルバージョンの元となった機体。

540g







OM-4


※画像はOM-4Ti

1983


世界初の「マルチスポット測光」を搭載した
絞り優先AE機。チタンシリーズには白と黒がある。
「ハイライト」ボタンと「シャドー」ボタンがあり、
簡単に露出補正ができる。

540g






OM-D E-M1



2013


デジタル世代の軽量コンパクトなフラッグシップ機。
フォーサーズレンズにも対応し、ファームウエアの
アップデートにより機能が常に進化をし続けている。
安心して長く使え、ずっと所有したい存在のカメラ。

443g







OM-D E-M1 MarkⅡ
null

2016


AF追従で最大約18コマ/秒の超高速連写、
動体撮影に強化された121点オールクロス測距点、
「ミラーレス機の動体撮影性能は、一眼レフを
凌駕する」時代を実現させたフラッグシップ。
きっとその性能に驚くはずです!!

498g



いま現在でも、各社フラッグシップ機の中で圧倒的な小型軽量ボディ&システム。
35mm判換算で600mmの超望遠レンズを装着しても軽快に持ち運び、手持ち撮影が可能!
※下画像:他社フラッグシップ一眼レフカメラ&600mm F4.0レンズとの比較例
null




小さくて軽いカメラ こんにちは


マップカメラでは、まさに今こそ! "手にフィットする本格的カメラ"
E-M1 MarkⅡユーザーの皆様に投稿していただいた写真を
"カメラ好きが作る 世界とつながるフォトシェアリングサイト"
にて展開中です。手のひらサイズのOMで心どきどきハッとしてグッドな写真を
あなたも、気軽にそして真剣にそしてたくさん撮影してみませんか?

null




null






[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年09月05日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]