Select Language



【OLYMPUS】手にフィットする本格的カメラ OM

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年09月05日 20時00分]




null

大きくて重いカメラ さようなら


null



各カメラメーカーのフラッグシップ機は最高の技術を巧みに詰め込み、高性能を実現している。
故に、大きく重くなってしまうのが宿命かも..しれない。一眼カメラにおいて、オリンパスは
開発当初から、高性能を維持したまま"小型で軽量な"フラッグシップ機にこだわりを持ち続けている。
小型化しても性能や操作性を犠牲にせず、クオリティだけをギュッと圧縮した小さなカメラ、言わば..

手にフィットする本格的カメラ


頻繁に持ち歩くカメラは"小さくて軽い、そして本格的"、
この条件がなければ使う頻度が減ってしまいそうな気がする。

このカメラをいつも持ち出してください、たくさんいい写真を撮ってください

これこそ、オリンパスOMのメッセージであり、答えなのかもしれない。





昭和40年代 OMはじまる


OM-1


※画像はOM-1N

1973


OMシリーズの礎を築いたマニュアル専用機。
ライカからの指摘によりM-1⇒OM-1に改名。
過酷な条件のエレベスト登山に使用された。

510g







OM-2


※画像はOM-2N

1975


世界初の「TTLダイレクト測光」を採用し、
電子制御シャッターを搭載した絞り優先AE機。
国内外の全てのフィルム反射率を測定した実績あり。

520g







OM-3


※画像はOM-3Ti

1984


マルチスポット測光搭載のマニュアル専用機。
(実質OM-1の後継) OM-3Ti は専用ストロボで
高速シャッターに同調。 OM-D E-M5 MarkⅡ
スペシャルバージョンの元となった機体。

540g







OM-4


※画像はOM-4Ti

1983


世界初の「マルチスポット測光」を搭載した
絞り優先AE機。チタンシリーズには白と黒がある。
「ハイライト」ボタンと「シャドー」ボタンがあり、
簡単に露出補正ができる。

540g






OM-D E-M1



2013


デジタル世代の軽量コンパクトなフラッグシップ機。
フォーサーズレンズにも対応し、ファームウエアの
アップデートにより機能が常に進化をし続けている。
安心して長く使え、ずっと所有したい存在のカメラ。

443g







OM-D E-M1 MarkⅡ
null

2016


AF追従で最大約18コマ/秒の超高速連写、
動体撮影に強化された121点オールクロス測距点、
「ミラーレス機の動体撮影性能は、一眼レフを
凌駕する」時代を実現させたフラッグシップ。
きっとその性能に驚くはずです!!

498g



いま現在でも、各社フラッグシップ機の中で圧倒的な小型軽量ボディ&システム。
35mm判換算で600mmの超望遠レンズを装着しても軽快に持ち運び、手持ち撮影が可能!
※下画像:他社フラッグシップ一眼レフカメラ&600mm F4.0レンズとの比較例
null




小さくて軽いカメラ こんにちは


マップカメラでは、まさに今こそ! "手にフィットする本格的カメラ"
E-M1 MarkⅡユーザーの皆様に投稿していただいた写真を
"カメラ好きが作る 世界とつながるフォトシェアリングサイト"
にて展開中です。手のひらサイズのOMで心どきどきハッとしてグッドな写真を
あなたも、気軽にそして真剣にそしてたくさん撮影してみませんか?

null




null






[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年09月05日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】東北は仙台、戦国武将ゆかりの地へ 2018年06月29日
梅雨の時期と言われる6月、雨模様の東京から新幹線「はやぶさ」に飛び乗って晴れわたる宮城県仙台市へ。 機材は【OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II ボディ】+【M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0】、 それに【Velbon (ベルボン) 小型高伸縮比6段三脚 UT-55】と、総重量は約2.6Kgの軽量セット。 1時間半ほどで強い日差しの青空のもとへ到着です。 仙台といえば戦国武将の伊達政宗が有名。やはり、ゆかりの地を訪ねてみたくなります。 まずは、祀られている瑞鳳殿へ。 1979年に再建され、2001...
続きを読む
null 【OLYMPUS】ブレナイコイツハ水ニモツヨイ。 2018年06月24日
雨が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか! この時期、「カメラが濡れないか心配で撮影に集中できない」という悩みを持つ方は多いかと思います。 そのような迷えるフォトグラファーの皆様、オリンパスの防塵防滴カメラを使ってみてはいかがでしょうか。 写真のカメラは、OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO。 ボディ内蔵5軸手振れ補正機構の完成度はもちろんのこと、12-100mmと組み合わせれば「シンクロ補正」にパワーアップする、カメラグランプリ2017受賞組の...
続きを読む
森にさす光 森にさす光 2018年06月09日
関東も梅雨に入り、いよいよ湿気の多い季節に突入しました。 梅雨入り宣言が出されながらも絶好調に晴れたこの日、 しばらく拝めないであろう日の光を今のうちに感じておこうと 都内にある森へ出かけました。 ゲートを抜けると目の前に広大な空間。 イギリス式、フランス式、日本式の庭園が組み合わされてできている園内には、 それぞれ特徴的な趣の空間が広がっています。 庭園もいいのですが、ゲートを抜けてすぐに右に折れると巨大な樹木が密集する 森林エリアに入ります。 足元に咲く小...
続きを読む
null 【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。 2018年06月02日
先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。 F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・ 照明の斜光が印...
続きを読む
海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]