Select Language



【SIGMA】 sd Quattro H 本日発売です!

[ Category:SIGMA|掲載日時:2016年12月20日 10時30分]







5,100万画素相当、クラス最高画質を実現する新センサー。

圧倒的な解像感をもつ新世代Foveonセンサー「Quattro」の画質特性はそのままに、
さらに高い解像感を実現するべくセンサーサイズを最大限に大型化。

新開発のAPS-HサイズFoveonセンサー「Quattro H」を初搭載しています。

フルサイズ以下のセンサーを搭載したカメラとしては史上最高画質の5,100万画素相当を実現。
より高解像のFoveon画質を求める方のために生まれました。











〓〓新製品〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2016年12月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【SIGMA】dp3と高円寺をふらふら。 【SIGMA】dp3と高円寺をふらふら。 2018年07月11日
皆様こんにちは! 突然ですが、好きなカメラメーカーってありますか? 私はずいぶん前にDP2Xを使って以来ずっとSIGMAのファンで、プライベートではdp0 Quattroを使っています。 →今までのdp0のブログ← 初めてDP2Xを使った時の衝撃が今でも忘れられず、Foveonセンサーの魔力にすっかり魅了されてしまった私。 今回はずっと気になっているdp3 Quattroを借りることが出来たので撮影に行ってきました。 先に撮影に行ってきた感想ですが、「今欲しいカメラは?と聞かれたら真っ先にdp3 Quattroと答える。」...
続きを読む
【SIGMA】しぐまびより Part31 【SIGMA】しぐまびより Part31 2018年05月31日
とても久しぶりのPart31。 今回は sd Quattro H で撮影してきました。 Artレンズの中でも写りが良いとされる Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。 バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト 「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。 Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。 表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。 その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが 今回追加された「...
続きを読む
null 【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影 2018年04月06日
今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、 SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。 今までに無かった明るい広角ズームレンズ。 そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。 夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。 F2.8 1/80 ISO-2500 14mm 六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。 ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。 四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。 原寸大で...
続きを読む
【SIGMA】dp0で桜を撮る! 【SIGMA】dp0で桜を撮る! 2018年03月20日
皆様こんにちは! 明日は「春分の日」です! 日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。 14mm F8 1/60秒 ISO100 ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から 携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。 このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが 「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。 かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]