Select Language



【SIGMA】 初めてのシグマSAマウント ~sd Quattro H~

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年02月06日 12時45分]




SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
33mm F2 1/200秒 ISO100
皆様こんにちは!
昨年末に発売された「sd Quattro H」
普段はPENTAXを使っているのですが、SIGMA dpシリーズを使ってからというもの
すっかりSIGMAのカメラの虜になった私の心は
このカメラの登場によってグラグラ揺れていたのです。

「SIGMA初のAPS-Hサイズ相当のセンサー…どれだけ凄いんだろう」

歴代の「Foveonセンサー」はいずれもAPS-Cサイズ相当で(モデルによって若干のサイズ差はありますが)
それでも十分に解像度が高くリアリティに富んだ描写をしてくれます。
しかし、この疑問を持ってしまってからというもの
もう私の頭の中は「sd Quattro H」の事でいっぱいになりました。
2週間くらいウンウン言いながらも意を決して
「A 24-35mm F2 DG HSM」と一緒にお持ち帰り。
APS-Hサイズなので、35mm判換算で約32-45mm相当になります。
ズーム全域でF2通しというビックリなレンズと共にフラフラしてきました!

※今回掲載している画像は、いずれも「新しいタブで画像を開く」と
1600x1066サイズでご覧いただけます!


SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F5.6 1/100秒 ISO100
青春、輝かしい学生時代。友人と学校帰りにアイスを食べてキャッキャウフフなんて
そんな思い出は全然ないですがそんなイメージで。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F2 1/100秒 ISO100
花壇で広角側の最短撮影距離のテストです。
初めてのレンズを手にしたら、意味は無くとも寄りたくなるのが性というもの。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
35mm F2 1/100秒 ISO100
今度は望遠側で最短撮影距離のテスト。
このレンズは最大倍率が「1:4.4」という倍率なので
Artラインのレンズの中では撮影倍率が高いのも購入の決め手でした。
ボケはクセが無く自然なボケ味だと思います。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F2 1/13秒 ISO200
SIGMA dpシリーズでは暗いところはあまり撮らなかったのですが
今回はF2通しのレンズですし、ちょっと撮ってみました。
dp2やdp3だとF2.8なので、それよりも1段分明るいことになります。
こういった暗いところだと、この「1段分の明るさ」が明暗を分けるのです。
画質が落ちるからISO感度は上げたくない。
でも手振れするのは嫌だから少しでもシャッタースピードを稼ぎたい。
そんなワガママもF2通しのレンズは叶えてくれます。

さて、別の日に浅草へ行ってきました。
日が落ちてからの撮影なので三脚を使って撮影です。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F8 20秒 ISO100
NDフィルターを付けて、長秒露光で歩いている人を流しました。
夜の町はこうして撮ると面白いです。
もっと絞ってバルブ撮影にしても良かったかもしれません。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F8 SFDモード
sd Quattroシリーズから搭載された新機能「SFDモード」を試してみます!
「SFD(Super Fine Detail)」とは…
1回シャッターを切ると、自動で7枚の異なる露出データを取得し
専用RAWデータ(X3Iファイル)を生成します。
7枚のデータを照らし合わせて良いとこ取りをしてくれるイメージです。
ダイナミックレンジが広く、ノイズが少ない画像が得られます!

先程の画像と比べると、門の後ろのシャッターの辺りや
門の屋根の辺りの影の部分が潰れずに残っており、階調がとても豊かです。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
28mm F5.6 SFDモード
本堂を私が好きなアングルからSFDモードで!
これは現像していて鳥肌が立ちました。
何処を見ても全く破綻が無く、ノイズレス。
単焦点レンズ並の写りをするこのレンズの実力もそうですが
APS-Hサイズのセンサーになり、SFDモードも追加されたことでカメラ自体も
相当パワーアップしているのかなと思いました。
いやぁ…すごいです。ため息ものです。

次は三脚を担いで江ノ島に行ってきます!
行きます!と言っておかないと、「また次の休みでいいか…」なんて
いつまでもズルズル引きずるのでここで宣言しておきます。
そのうち掲載しますのでお楽しみに!

それではまた!


↓今回使用した機材はコチラ!↓





今回撮っていて思ったのですが、PG-41が思った以上に威力を発揮しました。
たかがグリップ、されどグリップ。
ホールド感が全然違うので、あると非常に便利です。秀逸です。
PG-41を使えば、バッテリーを最大3つまで使えるので
電池切れの心配もほぼないと言っていいでしょう。
縦撮りも楽になるので、縦撮りが好きな人にもイチオシのアイテムです!


大きいお買い物の時に役に立つのが「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまでは金利がかかりません!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年02月06日 12時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]