【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]


ペンタックスから新たに発売をされた“KP”と名付けられた新カメラ。
今までにないような型番であるため、どんなポジショニングのカメラなのだろう?と気になる方も多いはず。

■PENTAX KP ブラック&シルバー
PENTAX KP ブラック&シルバー

カメラとしてのスペックについては、APS-Cフォーマットの最上位モデルK-3 IIと同世代のデバイスを用いた高性能。

ペンタックスならではの凝縮感のあるボディサイズに、独自機能を詰め込んだ様相はまさに“全部入り”。
プレミアムスモール一眼レフカメラとして人気を博した“K-5”シリーズ等を思い起こさせてくれます。

さらに外観デザインにクラシカルなエッセンスを取り入れつつ、同社フルサイズ一眼レフカメラの“K−1”のような
先鋭感のある軍艦部のデザインは、小型・軽量かつアルミ削りだしの鏡筒デザインが目を引く
“HD DA Limited”レンズなどがとてもよく似合います。

カメラ本体カラーもブラック・シルバーが用意され、シルバーカラーは従来では
“Limited Silver Edition”として限定生産されていた高品位な仕上げとなっております。

■薄型パンケーキレンズHD DA21mm F3.2AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

■グリップ部の大幅な薄型化を実現
PENTAX KPシルバートップカバー
従来通りの視野率100%のファインダー、Kマウント由来のフランジバックを確保したミラーボックスが
大きく感じてしまうほどにグリップ部は大幅な薄型を実現。
本体同梱のグリップSを装着した状態では、往年のフィルム一眼レフのような握り心地と軽快さを実現しています。

露出のツインダイヤル操作については、思い切って前面ダイヤルの配置を変更。
薄型化を果たした上で非常に操作性も良くなっています。

クラシカルデザインで人気のミラーレス一眼のように専用の露出補正ダイヤルを配置しなかった点も、
Kマウント伝統のハイパー操作を踏襲していることを考えるととても納得が得られるように思えます。



ティルト可動式の背面液晶モニターを採用
PENTAX KP シルバー ティルト液晶
ティルト可動式の液晶モニターを採用。アウトドアモニター機能を
スマートファンクションダイヤルに割り振ることで、撮影場所に適した液晶表示に即時切り替えも可能です。



広角単焦点レンズHD DA15mm F4 ED AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA15mm F4 ED AL Limited シルバー


短いワーキングディスタンスで汎用性の高いマクロレンズHD DA35mm F2.8 Macro Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA35mm F2.8 Macro Limited シルバー
繰り出し式の少し深めのレンズフードですが、カメラとのデザインの調和が感じられます。



ブラックカラーのレンズも似合います
PENTAX KP シルバー +  FA31mm F1.8 AL Limited ブラック
( FA31mm F1.8 AL Limited ブラックを装着)

PENTAX KP シルバー + DA15mm F4 ED AL Limited ブラック
(HD DA15mm F4 ED AL Limited ブラックを装着)

カメラとレンズの組み合わせで見た目上のアクセントを求める際には、様々な選択肢があります。


ブラックカラーモデルも精悍な顔つきで悩ませる
PENTAX KP + FA31mm F1.8 AL Limited ブラック


ブラックボディにシルバーレンズも魅力的です
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー
(HD DA21mm F3.2AL Limited シルバーを装着)


今回のモデルはご自身でサイズ交換可能なグリップとなりました

グリップを外した状態はこちら。
PENTAX KP グリップOFF


カメラのグリップ部は取り外し式、3種類から選べます。(M・Lサイズ別売)
PENTAX KP グリップS・M・L
レンズや手の大きさ、握りに合わせて選べます。


PENTAX KP グリップS・M・L 裏面
各グリップに取り替えて握ってみても、その剛性感に驚きました。
それもそのはず、この金属フレームでの裏打ちのおかげですね。



別売グリップMの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップM 装着

PENTAX KP グリップM 装着

恐らく普段使いにはMサイズが一番丁度良いのではないでしょうか。
こちらはカメラと一緒にぜひお買い求め頂くことをお勧めします。



別売グリップLの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップL 装着

PENTAX KP グリップL 装着


長めの望遠レンズなど、重量級レンズを使う際、お手の大きな方にはLがお勧め。



《ご注目!》

カメラのデザインとうまく融合しつつ、操作性とホールディング性を向上させてくれる
“バッテリーグリップ D-BG7”をお買い上げ頂くと、グリップLが同梱されております!
Lサイズをご検討の方はバッテリーグリップとしてのご購入がお得です!


■中々かっこ良いカメラに仕上がっています

PENTAX KP シルバー レンズ

PENTAX KP スタイルイメージ

マイクロフォーサーズ機なども20万クラスのカメラが出揃っていく中で、
ミドルクラスの光学ファインダー付きAPS-Cデジタル一眼レフカメラが
12万円代で新発売とは絶対にお得な製品です。

お得なだけでなく、ペンタックスならではの魅力がたくさん詰まった
“KP”

店頭にデモ機も用意しておりますので、
是非、マップカメラへご来店下さい!



〓〓新製品〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

蓮の花に魅せられて 【私のお気に入り】蓮の花に魅せられて 2019年07月19日
今年はなかなか梅雨が明けず曇天が続く日々です。 今回は【私のお気に入り】というブログのテーマなので、私のお気に入り機材「D810」を携えて 埼玉県行田市の「古代蓮の里」まで撮影してきました。 天気は生憎の雨。 ですがそれも風情があっていいものです。 蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつで、およそ1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたといわれています。 花言葉は「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」 美しい花にぴったりの言葉です。...
続きを読む
写真展のご案内 〜 Momoko Naito 写真展『月地の花』 写真展のご案内 〜 Momoko Naito 写真展『月地の花』 2019年07月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは Momoko Naito 写真展 - 『月地の花』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]