【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー | THE MAP TIMES
Select Language

【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]

ペンタックスから新たに発売をされた“KP”と名付けられた新カメラ。
今までにないような型番であるため、どんなポジショニングのカメラなのだろう?と気になる方も多いはず。

■PENTAX KP ブラック&シルバー
PENTAX KP ブラック&シルバー

カメラとしてのスペックについては、APS-Cフォーマットの最上位モデルK-3 IIと同世代のデバイスを用いた高性能。

ペンタックスならではの凝縮感のあるボディサイズに、独自機能を詰め込んだ様相はまさに“全部入り”。
プレミアムスモール一眼レフカメラとして人気を博した“K-5”シリーズ等を思い起こさせてくれます。

さらに外観デザインにクラシカルなエッセンスを取り入れつつ、同社フルサイズ一眼レフカメラの“K−1”のような
先鋭感のある軍艦部のデザインは、小型・軽量かつアルミ削りだしの鏡筒デザインが目を引く
“HD DA Limited”レンズなどがとてもよく似合います。

カメラ本体カラーもブラック・シルバーが用意され、シルバーカラーは従来では
“Limited Silver Edition”として限定生産されていた高品位な仕上げとなっております。

■薄型パンケーキレンズHD DA21mm F3.2AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

■グリップ部の大幅な薄型化を実現
PENTAX KPシルバートップカバー
従来通りの視野率100%のファインダー、Kマウント由来のフランジバックを確保したミラーボックスが
大きく感じてしまうほどにグリップ部は大幅な薄型を実現。
本体同梱のグリップSを装着した状態では、往年のフィルム一眼レフのような握り心地と軽快さを実現しています。

露出のツインダイヤル操作については、思い切って前面ダイヤルの配置を変更。
薄型化を果たした上で非常に操作性も良くなっています。

クラシカルデザインで人気のミラーレス一眼のように専用の露出補正ダイヤルを配置しなかった点も、
Kマウント伝統のハイパー操作を踏襲していることを考えるととても納得が得られるように思えます。



ティルト可動式の背面液晶モニターを採用
PENTAX KP シルバー ティルト液晶
ティルト可動式の液晶モニターを採用。アウトドアモニター機能を
スマートファンクションダイヤルに割り振ることで、撮影場所に適した液晶表示に即時切り替えも可能です。



広角単焦点レンズHD DA15mm F4 ED AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA15mm F4 ED AL Limited シルバー


短いワーキングディスタンスで汎用性の高いマクロレンズHD DA35mm F2.8 Macro Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA35mm F2.8 Macro Limited シルバー
繰り出し式の少し深めのレンズフードですが、カメラとのデザインの調和が感じられます。



ブラックカラーのレンズも似合います
PENTAX KP シルバー +  FA31mm F1.8 AL Limited ブラック
( FA31mm F1.8 AL Limited ブラックを装着)

PENTAX KP シルバー + DA15mm F4 ED AL Limited ブラック
(HD DA15mm F4 ED AL Limited ブラックを装着)

カメラとレンズの組み合わせで見た目上のアクセントを求める際には、様々な選択肢があります。


ブラックカラーモデルも精悍な顔つきで悩ませる
PENTAX KP + FA31mm F1.8 AL Limited ブラック


ブラックボディにシルバーレンズも魅力的です
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー
(HD DA21mm F3.2AL Limited シルバーを装着)


今回のモデルはご自身でサイズ交換可能なグリップとなりました

グリップを外した状態はこちら。
PENTAX KP グリップOFF


カメラのグリップ部は取り外し式、3種類から選べます。(M・Lサイズ別売)
PENTAX KP グリップS・M・L
レンズや手の大きさ、握りに合わせて選べます。


PENTAX KP グリップS・M・L 裏面
各グリップに取り替えて握ってみても、その剛性感に驚きました。
それもそのはず、この金属フレームでの裏打ちのおかげですね。



別売グリップMの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップM 装着

PENTAX KP グリップM 装着

恐らく普段使いにはMサイズが一番丁度良いのではないでしょうか。
こちらはカメラと一緒にぜひお買い求め頂くことをお勧めします。



別売グリップLの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップL 装着

PENTAX KP グリップL 装着


長めの望遠レンズなど、重量級レンズを使う際、お手の大きな方にはLがお勧め。



《ご注目!》

カメラのデザインとうまく融合しつつ、操作性とホールディング性を向上させてくれる
“バッテリーグリップ D-BG7”をお買い上げ頂くと、グリップLが同梱されております!
Lサイズをご検討の方はバッテリーグリップとしてのご購入がお得です!


■中々かっこ良いカメラに仕上がっています

PENTAX KP シルバー レンズ

PENTAX KP スタイルイメージ

マイクロフォーサーズ機なども20万クラスのカメラが出揃っていく中で、
ミドルクラスの光学ファインダー付きAPS-Cデジタル一眼レフカメラが
12万円代で新発売とは絶対にお得な製品です。

お得なだけでなく、ペンタックスならではの魅力がたくさん詰まった
“KP”

店頭にデモ機も用意しておりますので、
是非、マップカメラへご来店下さい!



〓〓新製品〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!101票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む