Select Language

【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]

ペンタックスから新たに発売をされた“KP”と名付けられた新カメラ。
今までにないような型番であるため、どんなポジショニングのカメラなのだろう?と気になる方も多いはず。

■PENTAX KP ブラック&シルバー
PENTAX KP ブラック&シルバー

カメラとしてのスペックについては、APS-Cフォーマットの最上位モデルK-3 IIと同世代のデバイスを用いた高性能。

ペンタックスならではの凝縮感のあるボディサイズに、独自機能を詰め込んだ様相はまさに“全部入り”。
プレミアムスモール一眼レフカメラとして人気を博した“K-5”シリーズ等を思い起こさせてくれます。

さらに外観デザインにクラシカルなエッセンスを取り入れつつ、同社フルサイズ一眼レフカメラの“K−1”のような
先鋭感のある軍艦部のデザインは、小型・軽量かつアルミ削りだしの鏡筒デザインが目を引く
“HD DA Limited”レンズなどがとてもよく似合います。

カメラ本体カラーもブラック・シルバーが用意され、シルバーカラーは従来では
“Limited Silver Edition”として限定生産されていた高品位な仕上げとなっております。

■薄型パンケーキレンズHD DA21mm F3.2AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

■グリップ部の大幅な薄型化を実現
PENTAX KPシルバートップカバー
従来通りの視野率100%のファインダー、Kマウント由来のフランジバックを確保したミラーボックスが
大きく感じてしまうほどにグリップ部は大幅な薄型を実現。
本体同梱のグリップSを装着した状態では、往年のフィルム一眼レフのような握り心地と軽快さを実現しています。

露出のツインダイヤル操作については、思い切って前面ダイヤルの配置を変更。
薄型化を果たした上で非常に操作性も良くなっています。

クラシカルデザインで人気のミラーレス一眼のように専用の露出補正ダイヤルを配置しなかった点も、
Kマウント伝統のハイパー操作を踏襲していることを考えるととても納得が得られるように思えます。



ティルト可動式の背面液晶モニターを採用
PENTAX KP シルバー ティルト液晶
ティルト可動式の液晶モニターを採用。アウトドアモニター機能を
スマートファンクションダイヤルに割り振ることで、撮影場所に適した液晶表示に即時切り替えも可能です。



広角単焦点レンズHD DA15mm F4 ED AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA15mm F4 ED AL Limited シルバー


短いワーキングディスタンスで汎用性の高いマクロレンズHD DA35mm F2.8 Macro Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA35mm F2.8 Macro Limited シルバー
繰り出し式の少し深めのレンズフードですが、カメラとのデザインの調和が感じられます。



ブラックカラーのレンズも似合います
PENTAX KP シルバー +  FA31mm F1.8 AL Limited ブラック
( FA31mm F1.8 AL Limited ブラックを装着)

PENTAX KP シルバー + DA15mm F4 ED AL Limited ブラック
(HD DA15mm F4 ED AL Limited ブラックを装着)

カメラとレンズの組み合わせで見た目上のアクセントを求める際には、様々な選択肢があります。


ブラックカラーモデルも精悍な顔つきで悩ませる
PENTAX KP + FA31mm F1.8 AL Limited ブラック


ブラックボディにシルバーレンズも魅力的です
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー
(HD DA21mm F3.2AL Limited シルバーを装着)


今回のモデルはご自身でサイズ交換可能なグリップとなりました

グリップを外した状態はこちら。
PENTAX KP グリップOFF


カメラのグリップ部は取り外し式、3種類から選べます。(M・Lサイズ別売)
PENTAX KP グリップS・M・L
レンズや手の大きさ、握りに合わせて選べます。


PENTAX KP グリップS・M・L 裏面
各グリップに取り替えて握ってみても、その剛性感に驚きました。
それもそのはず、この金属フレームでの裏打ちのおかげですね。



別売グリップMの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップM 装着

PENTAX KP グリップM 装着

恐らく普段使いにはMサイズが一番丁度良いのではないでしょうか。
こちらはカメラと一緒にぜひお買い求め頂くことをお勧めします。



別売グリップLの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップL 装着

PENTAX KP グリップL 装着


長めの望遠レンズなど、重量級レンズを使う際、お手の大きな方にはLがお勧め。



《ご注目!》

カメラのデザインとうまく融合しつつ、操作性とホールディング性を向上させてくれる
“バッテリーグリップ D-BG7”をお買い上げ頂くと、グリップLが同梱されております!
Lサイズをご検討の方はバッテリーグリップとしてのご購入がお得です!


■中々かっこ良いカメラに仕上がっています

PENTAX KP シルバー レンズ

PENTAX KP スタイルイメージ

マイクロフォーサーズ機なども20万クラスのカメラが出揃っていく中で、
ミドルクラスの光学ファインダー付きAPS-Cデジタル一眼レフカメラが
12万円代で新発売とは絶対にお得な製品です。

お得なだけでなく、ペンタックスならではの魅力がたくさん詰まった
“KP”

店頭にデモ機も用意しておりますので、
是非、マップカメラへご来店下さい!



〓〓新製品〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2017年02月10日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!102票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む