Select Language



SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年03月13日 20時45分]





SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM

今、噂のSIGMAの高解像度Artレンズを使ってポートレート撮影をしてきました。
使用カメラはCANON 5DMarkⅢです。

以前のシグマレンズに比べ、AFが早くなったのは勿論、なによりピント性能がよくなっています。
暗闇の中でも素晴らしい性能を発揮。
以前のシグマは正直…ポートレート撮影時、ピントズレに悩まされた記憶がありますが、
それも大分解消されたと実感した一本。

Artシリーズの世界観をそのままお届けする為、
今回の写真は全て、JPEG撮って出しにて失礼いたします。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100秒 ISO-500

イルミネーションの中での一枚。
背景が綺麗で不思議なボケを演出しています。
コントラスト、ビビット感、解像度のよさ。
ピント性能がよくなって、被写体が美しく浮き出ています。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

これまた、不思議な背景のボケ感。
四隅のボケ方、背景奥の暗闇の落ち方が滑らかで美しいです。
そして、ピントがあっている部分だけ綺麗に浮き出て立体感のある写真。
アーティスト撮影の時に大活躍してくれそうです。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/80 ISO-400

アップ。
原寸大で見ると睫毛にピントが合っており、目玉はほんの少しだけボケています。
ですが、実際プリントやHPに使用する分には気にならないレベル。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

寄った画と、引きの画を並べてみました。
どちらも同じ設定です。
背景の距離が違うことでボケ方が変わり、非常に面白いです。
寄ると、単純に丸くボケる。
引いて遠くを写すと、少し円形状にボケました。
キャノンのEF85mm F1.2だと、一律に柔らかくふわふわっとボケるイメージなのですが、
シグマのArtは流れるような、迫ってくるようなボケ方ですかね。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/400 ISO-400

引きの縦画。
先ほどの引きの絵と違って、円形状にはボケませんでした。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.8 1/60 ISO-800

F1.8の開放寄りで撮影しているにも関わらず、
夜間に手持ち撮影でこのシャープさは嬉しいですね。
遠くの方にピントを合わせ、
手前の物からも距離があるので、全体的にシャープな絵となりました。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/60 ISO-2000

周りが真っ暗で、風が吹いていて、更に手が震えていて…という状況での撮影。
ピンズレしてしまいました…
でも、幻想的に撮影出来たので掲載させて頂きました。
まるで特殊加工したかのような写真。
この写真も撮って出しです。

全体的な感想は
キレッキレのピントで被写体が浮き出る、
距離間によって背景のボケ方が全く異なる、
ビビット色強め、
AF性能向上(ほぼF1.4で撮影しましたがピンズレ少な目)
というイメージでした。
もちろん、使用カメラや設定、撮影環境によっても異なると思いますが…
別のカメラではどんな写真になるかも気になりますね。

他のレンズとは明らかに違う世界観の、シグマのArtシリーズ。
一日撮影しただけでとても気に入りました。
他の人とは違う、不思議で幻想的な写真、クリエイティブな写真、アートな一枚を撮るには最適の一本です。


現在、SIGMAの一部レンズがキャッシュバックキャンペーン中です!

(2017年2月24日~5月25日までにご購入の方が対象)
詳しくは下記のSIGMA公式ホームページをご覧ください。

この機会にぜひ、素晴らしいArtレンズをお手元に如何でしょうか。













[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年03月13日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null αで蓮を撮る。 2018年07月23日
暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 すっかり暑さにやられかけている筆者ですが、一度くらいは夏らしいものを撮ろうと奮起しまして 早起きは苦手だなあと感じつつも早朝から蓮の撮影に赴いて参りました。 東京ですと上野の不忍池などが有名どころでしょうか。 今年も見ごろが近づいてきたという報せを受け今回の撮影では埼玉県某所へ向かいます。 それではどうぞ。 α7RIII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ss1/320 F5.6 ISO100 焦点距離400mm 蓮は時間帯でいうと朝6時前後...
続きを読む
【24人の24mm】「東京スナップ」 【24人の24mm】「東京スナップ」 2018年07月22日
F1.4 1/2000 ISO-500 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 「東京スナップ」 F1.4 1/640 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。 こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。 この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。 F1.4 1/160 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 東京国際フォーラム内にて。 SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で...
続きを読む
Nikon D850+AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 【Nikon】D850 海そして海! 2018年07月22日
海の日を終え、いよいよ夏休み突入です! 今年は梅雨が早く終わり、海開きも早かったので既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、 ぶらりカメラ片手にお薦めの海を撮影して来ました。 車で出かけるのが当たり前の昨今、あえて電車で行ってみるのも良いものですよ。 先ずは毎年人気スポットの鎌倉駅から歩いて15分位の湘南”由比ガ浜” 江ノ島電鉄に乗れば由比ガ浜駅から1分 湘南は”鵠沼”や”七里ヶ浜””江ノ島”等ある中 由比ガ浜は”ザ・湘南 この夏に海に来た”と思わせてくれて、海の家...
続きを読む
【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
【Nikon】旅のお供にNikon P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]