Select Language



今再びのCONTA「REX」Sonnar 85mm F2 後半

[ Category:etc.|掲載日時:2017年03月19日 10時30分]



皆様こんにちは!
「今再びのCONTA【REX】」です。

CONTAXの一眼レフを語る上で欠かせないContarex
番外編をお送りします!

今回ご紹介するのは、前回に引き続き
「CarlZeiss Sonnar 85mm F2(Contarex用)」です。


では早速ご覧ください。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/6400秒 ISO100
耳が傾いている方向で何かあったのでしょうか。
それでもカメラ目線とは、撮られ慣れているようです。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2.8 1/400秒 ISO400
豊島は猫島と呼ばれるくらい多いらしいです。
私は2回目でしたが、毎回雨が降るので併せても10匹も会えていません。
耳が桜の花びらのようにカットされているのは手術済みという証拠だそうです。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/1000秒 ISO1000
どこかの島から帰る途中に。
客席がかなり水面に近い高速船でした。
幸い私は船酔いしにくいようです。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2.8 1/200秒 ISO100
風化による金属の錆、凹凸を精緻に写し出します。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/320秒 ISO8000
小豆島のキャンドルナイト。
島内の幼稚園・保育園でしょうか。
「おりぃぶ組」とはさすが小豆島ですね!
(小豆島はオリーブが有名です)


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/500秒 ISO100
香川高松から愛媛松山を結ぶ予讃(よさん)線の車窓。
雨が上がり、柔らかい日差しが車内に差し込みます。



SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/6400秒 ISO100
都内では奥多摩辺りでしか見かけないきっぷ・運賃入れの箱。
ちょっと可愛い水色です。
こちらは予讃(よさん)線の八十場駅、
ところてんを食べる為だけに訪れました。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F2 1/6400秒 ISO100
ボケの彼方のあの島はなんという島でしょう。
ぼかしすぎました…。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F5.6 1/320秒 ISO100
青い空に、赤いガラスの灯台が映えますね!
夜には幻想的に光るそうです!
高松港にありますので、気になる方は是非!!
そして先程気づきましたがセンサーにゴミが…。
やはり屋外でのレンズ交換は危険ですね。


SONY a7 + ZeissIkon Sonnar 85mm F2
F4 1/800秒 ISO100
最後は飛行機の窓から。
高いところは好きではありませんが、ここまで高いともう別の次元ですよね。
普段見る空や雲とは違う美しさがあります。

いかがでしたでしょうか。
前半が箱根の芦ノ湖付近、
後半は瀬戸内の島々と香川でした。





↓本物の今再びのCONTAX!シリーズは↓







旅行や行楽にも持ち運びやすいコンパクトさが魅力のα7



中望遠レンズを使うときに心強い手ぶれ補正搭載のα7II
今ならアウトレットでお買い得!
更にメーカーキャッシュバックキャンペーン対象です!




マップカメラでは36回払いまで無金利の「超低金利ショッピングクレジット」を実施中です!
↓詳しくは下のバナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年03月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む
null 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
お気に入りの撮影地 【Nikon】お気に入りの撮影地 2018年05月25日
5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。 気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。 海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできま...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]