【SIGMA】dp0で桜を撮る! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】dp0で桜を撮る!

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月20日 13時00分]



皆様こんにちは!
明日は「春分の日」です!
日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。

SIGMA dp0 Quattro

14mm F8 1/60秒 ISO100

ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から
携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。
このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが
「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには
やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。

かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…
という方にも是非オススメの小型&軽量カメラをご紹介!


今回ご紹介するのはSIGMA dp0 Quattro
上から見た図です。この見るからに怪しいデザインは只者ではない感じがします。
SIGMAのカメラはISO感度を上げるとノイズが乗りやすかったり
PC上でのRAW現像が前提だったりと他メーカーの物と比べるとクセが強いです。
一言で表すと「じゃじゃ馬」ですが、乗りこなせたら他の追随を許しません。
重さも500gほどと軽いのに、画質は大きな一眼レフと張り合えます。
そんなすごいカメラがあるんです!

※これからご紹介する桜の写真は2016年春のものです。
今年は開花宣言が既にされ、東京では花が開き始めています!


SIGMA dp0 Quattro

14mm F4 1/100秒 ISO100

レンズ一体型のカメラなのでレンズ交換は出来ません。
その代わり、「この画角なら最高の写りをするぞ!」とカメラが言っているような気がします。
実際に使ってみるとシャープなのはもちろんのこと、歪みも全然ないので使うほどに驚かされます。
このサイズ感でこの画質というのは
SIGMA dpシリーズをおいて他にないと言っていいでしょう。唯一無二です。

SIGMA dp0 Quattro

14mm F8 1/125秒 ISO125

dp0は14mm(35mm判換算で21mm相当)の広角レンズが付いているので常にワイドです。
ズームもできないので自分が動いて撮りたいように撮るカメラです。
何となく構えて撮るとこんな感じに広々写ります。

SIGMA dp0 Quattro

14mm F5.6 1/30秒 ISO160

SIGMAのカメラは「Foveon X3イメージセンサー」と銘打った独自のセンサーを採用しています。
そのおかげで他のカメラにはない独特の質感描写が得られるのです。
この写真も花弁のしわや湿った石の質感がよく出ています。
プリントしてみると目の前でその光景を見ているかのような気持ちになります。


独特な質感描写を生み出している秘密を少しお話し。
普通のカメラは「ベイヤー式」という方式で光の3原色であるRGBを互い違いに並べて構成するセンサーなのですが…


SIGMAのカメラは3層になっていてそれぞれの層で色を受け止める仕組みです。
「ベイヤー式」は1枚のセンサーを3色で分割する為、それぞれの色情報が少なくなります。
一方でSIGMAは3枚のセンサーで各色を受け止めるので、色の情報が豊富です。


現行機種のQuattroシリーズも基本は変わらず、一番上のBの層を4分割したことで
情報処理の効率を従来機よりも格段に改善しています。独自路線をひた走るメーカーです。

SIGMA dp0 Quattro

14mm F5.6 1/50秒 ISO100

さて、お勉強はこの辺にしておいて(私もこれ以上語れないので…
お気に入りの写真を載せて締めたいと思います。

2016年4月の初め頃、椿の花も盛りを過ぎて落ちていました。
前日は雨が降っていたのか湿った木陰でパシャリ。
色もそうですが、やはり土や草の質感がすごく良いです。

今回のdp0以外にも標準的な画角で使えるdp2
マクロ&中望遠レンズとして使えるdp3などバリエーションが幾つかあります。
ハマると抜け出せないカメラ。それがSIGMA dpシリーズです。

SIGMA dp0 Quattro

14mm F5.6 1/80秒 ISO100

画質にこだわるアナタには是非使ってほしいニャー。




dp0以外も魅力が沢山!お好みの焦点距離で選べます。
dp1→28mm、dp2→45mm、dp3→75mmです。(いずれも35mm判換算後の焦点距離)







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月20日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]