【Panasonic】動画撮影の新たな常識をつくるカメラ LUMIX GH5「4K動画レビュー」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic】動画撮影の新たな常識をつくるカメラ LUMIX GH5「4K動画レビュー」

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月18日 19時40分]




~LUMIX DC-GH5標準ズームレンズキットでスタッフが撮影しました~


4K解像度で視聴可能!
使用機材:Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S



~撮影レポート~
LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
重なり合う葉や枝の細かいディテールまで潰れる事なくしっかりと映し込まれている


Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)


LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
解像感、空気感といい、4K10bitの豊かな描写力には息を飲むばかりだ

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)

GH5はオプション(有償)でV-Log Lが用意されているが、今回はシネライクDで撮影した。

通常のビデオガンマとは違い、シネライクDはLogのような広いダイナミクスレンジで収録出来るのが特徴だ。
Logとビデオガンマの中間的な位置にあり、カラーグレーディングも通常ガンマに比べて編集の幅がある。

コントラストは少し浅くなるが、Logほどハイキーな色味ではなく、グレーディング無しでも使えるので、扱い易い。

今回撮影してみて、4Kで撮影出来るカメラは数多く有るが、GH5 が捉える4Kの描写能力には感動すら覚えた。
機動力や操作性も含め、「素晴らしい」の一言に尽きる、というのが実感だ。


~Panasonicは映像業界に様々な旋風を巻き起こして来た~

例えば、2002年に発売されたAG-DVX100
今となっては当たり前だが、当時としては画期的な24p撮影・シネライクガンマを採用した。
テレビは秒60フィールドのインターレース映像、映画は秒24コマの静止画の連続。
映画ビデオには大きな壁があった。

そんな中、DVX100はデジタルシネマカメラに搭載されていた24コマ撮影をビデオカメラで実現させたのが画期的だった。
つまりビデオカメラで、シネライク(映画らしく)に撮れるということで、
多くのクリエイターから支持を集め、以後他社も同様の機能を搭載して追随することになる。

その後も、VFR(バリアブルフレームレート)に対応したAG-HVX200を発売し、映像業界を驚かせた。
元々この機能は同社のシネマカメラ(VARICAM)にしか搭載されていなかった。
そんな、売りの機能を1/10以下の価格のカメラに搭載させたのだ。

そして今回発売されたGH5では、これまで培われてきた映像技術を惜しげもなく凝縮させている。

4K60P撮影10bit記録など高価な業務機に搭載されていた機能を民生機のカメラ、
しかも小型なミラーレス機に搭載させたのだから驚きだ。

このようにPanasonicは次々と斬新な機能を取り入れ、
シネマカメラよりも桁違いに安い価格のカメラでそれらを実現させて来た。この大胆さは流石だ。

GH5は動画機能強化のアップデートも控えており、今後も目が離せない!!

↓GH5のご購入はコチラから!!↓




スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月18日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]