【Panasonic】動画撮影の新たな常識をつくるカメラ LUMIX GH5「4K動画レビュー」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic】動画撮影の新たな常識をつくるカメラ LUMIX GH5「4K動画レビュー」

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月18日 19時40分]




~LUMIX DC-GH5標準ズームレンズキットでスタッフが撮影しました~


4K解像度で視聴可能!
使用機材:Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S



~撮影レポート~
LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
重なり合う葉や枝の細かいディテールまで潰れる事なくしっかりと映し込まれている


Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)


LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)
解像感、空気感といい、4K10bitの豊かな描写力には息を飲むばかりだ

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S
Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S (4K/4:2:2 10bitからの切り出し)

GH5はオプション(有償)でV-Log Lが用意されているが、今回はシネライクDで撮影した。

通常のビデオガンマとは違い、シネライクDはLogのような広いダイナミクスレンジで収録出来るのが特徴だ。
Logとビデオガンマの中間的な位置にあり、カラーグレーディングも通常ガンマに比べて編集の幅がある。

コントラストは少し浅くなるが、Logほどハイキーな色味ではなく、グレーディング無しでも使えるので、扱い易い。

今回撮影してみて、4Kで撮影出来るカメラは数多く有るが、GH5 が捉える4Kの描写能力には感動すら覚えた。
機動力や操作性も含め、「素晴らしい」の一言に尽きる、というのが実感だ。


~Panasonicは映像業界に様々な旋風を巻き起こして来た~

例えば、2002年に発売されたAG-DVX100
今となっては当たり前だが、当時としては画期的な24p撮影・シネライクガンマを採用した。
テレビは秒60フィールドのインターレース映像、映画は秒24コマの静止画の連続。
映画ビデオには大きな壁があった。

そんな中、DVX100はデジタルシネマカメラに搭載されていた24コマ撮影をビデオカメラで実現させたのが画期的だった。
つまりビデオカメラで、シネライク(映画らしく)に撮れるということで、
多くのクリエイターから支持を集め、以後他社も同様の機能を搭載して追随することになる。

その後も、VFR(バリアブルフレームレート)に対応したAG-HVX200を発売し、映像業界を驚かせた。
元々この機能は同社のシネマカメラ(VARICAM)にしか搭載されていなかった。
そんな、売りの機能を1/10以下の価格のカメラに搭載させたのだ。

そして今回発売されたGH5では、これまで培われてきた映像技術を惜しげもなく凝縮させている。

4K60P撮影10bit記録など高価な業務機に搭載されていた機能を民生機のカメラ、
しかも小型なミラーレス機に搭載させたのだから驚きだ。

このようにPanasonicは次々と斬新な機能を取り入れ、
シネマカメラよりも桁違いに安い価格のカメラでそれらを実現させて来た。この大胆さは流石だ。

GH5は動画機能強化のアップデートも控えており、今後も目が離せない!!

↓GH5のご購入はコチラから!!↓




スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2017年04月18日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]