Select Language

【 Touch&Try The Mapcamera 】本館3Fで未知の体験!

[ Category: Information|掲載日時:2017年03月29日 12時00分]





【 Touch&Try The Mapcamera本館3F 】

皆様こんにちはマップカメラ本館3Fです!
こちらのフロアでは最新のNikonデジタル一眼レフカメラからPENTAXフィールドカメラKシリーズをはじめ、
その圧倒的な存在で愛されるロングセラーコンパクトカメラRICOH GRシリーズが試せます。
またFUJIFILM Xシリーズのアナログ的な操作感とデジタルの融合から撮ることの
新たな歓びと発見が生まれる新感覚のカメラスタイルにTouch&Tryできます!





【 Nikon 】

待望の新製品Nikon Z7がついに発売!
新たな時代が始まり、新しい歴史となる新世代のZマウント!
今までのFマウントレンズも一緒にお試しできますので、新次元のNikon Zシリーズ の真価と魅力を是非体験してください。
そして、新製品が発表されても、その魅力は色褪せることのないファン待望の一眼レフ「D850」
Nikon史上初となる裏面照射型CMOSセンサー採用し、高感度でもノイズ感を抑えた高画質を楽しめます。
さらに最大1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応してくれるオートフォーカスで
躍動するスポーツ撮影や動き回る動物をしっかり捉えることが可能です。
その他にも連写性能やオートフォーカス・捕捉力の高いフラッグシップ機であるNikonD5も是非お手にとって体感ください。

【 Nikonの情熱と快進撃『その想いとその思想』 】

FXフォーマット機、DXフォーマット機それぞれに最新技術と最高性能を追求して生み出してきたすべてのNikonカメラ。
NikonのCOOLPIXから歴代のデジタル一眼レフカメラまで、その魅力に迫る、すべてのNikonシリーズ!

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









特別な一瞬を、かけがえのない瞬間をとらえてくれるNIKKORレンズの魅力を大きく3つの観点から
レンズ交換という一眼レフカメラの醍醐味を存分に楽しむためのNikonの情熱が見えてきます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









【 FUJIFILM 】

2012年のX-Pro1と共に誕生したFUJIFILM Xシリーズ!
Xシリーズから待望の新型ミラーレス機「X-T3」が発売されました!
ブラックアウトフリー高速連写が魅力の最新フラッグシップ機のミラーレスカメラ。
新開発の「X-TransTM CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し
「Xシリーズ」史上最高画質と多彩な色彩表現を実現しています。
そしてXシリーズ初のボディ内手ブレ補正機能を搭載した「X-H1 」が遂に登場!
単焦点レンズから望遠レンズ全てに対応しワンランク上の撮影をお手にとって楽しんでいただけます。
さらに、最新機種のプレミアムコンパクトデジタルカメラX100Fから、
高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディX-T20、
新時代のミラーレス一眼カメラ X-Pro2もご用意。
その特別な存在をもつボディを同じ美しさをまとった贅沢なXFレンズでお試しください
写真撮影の原点を、いつも問いかけてくれるFUJIFILM Xシリーズの新感覚な体験に出逢えます。


【 新感覚と視覚と秘密のXstyle 】

両手で構えてファインダーを覗き、どう撮りたいのかを考え、被写体を狙う。
そして確かな手応えを感じながら自分の手で設定をして、
自分だけの心に残る作品に出会うXstyleの世界があります。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!










【 PENTAX 】

PENTAXの原点とも言える「時代を超えて生きる、時代が求めるカメラ」、
PENTAXの原点と理想は決して変わることなく、撮影者の想いを記録し続ける。
その使命と新たな驚きで登場した待望のフルサイズ機『K-1』から最新機種となる『KP』や『K-70』まで、
ペンタックスデジタル一眼レフとの組み合わせで、優れた解像力とコントラスト、
色再現性、操作性を発揮するD FA ★レンズからDA★、DA、D FA、FAレンズと、
心が動いた瞬間のすべてをその描写力で、写真意欲を刺激する自分だけの世界を体感できます。


【 AMAZING PENTAX『驚きでいっぱいのペンタックス』 】

そのサイズからは想像できない機能性や操作性は、ペンタックスだからこそ出来る。
新たな驚きで目を覚ますペンタックス一眼レフカメラの進化とその独創的な機能を感じることができます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









【 RICOH 】

伝説となって語り継がれていくThe GR!小さなカメラに込めた、大きな思いとは・・・!
GRの世界観をあなたの特別なGRで演出してみてください。
GRを超えるものはGRしかないことが体感できるはずです。


【 Legend of The GR『伝説のGRシリーズ』 】

常に本質を見極めて普遍的な価値を創っていくことを目指し、作り手の情熱の軌跡でもあるもの、
かつてない伝説のはじまりがここに誕生し、語り継がれていくことになるのです。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!








【 Carl Zeiss 】

カールツァイスの交換レンズには、伝統的なレンズ名の他に鳥の名前を用いたシリーズがあります。
これらの名前は優れた視力と人間には真似できない視点で、
動きが活発で多様性に富んだ生物という観点から選ばれたと言われています。
優れた技術と鋭い描写に多彩なラインナップは撮影の可能性を広げてくれます。


【 TAMRON 】

新しい象徴の『SPエンブレム』と『ブランドリング』はユーザーとタムロンとのつながりを
約束する大切な「関係の証」です。すべては新しいレンズのために・・・
新しいデザインに込められたその想いとは・・・人間味を放つ新たなカタチ!
ヒューマンタッチから始まるかつてない豊かな体験が待ってます。


【 幸せを呼ぶ Ring color シリーズ 】

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!

 





マップカメラ本館3Fで、貴重なTouch&Try体験が未知なる世界を作り出す。
そして、かけがえのない一台に出逢える。
ご来店いただいた際にはどうぞお気軽にお声かけください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。




〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Information|掲載日時:2017年03月29日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!160票


null

いざ、晩秋の鎌倉へ[2019年12月08日]

筆者は以前、晩秋の頃となると毎年のように京都や奈良に出かけていました。 しかしここ数年、自らの忙しさや、現地の混雑ぶりから足が遠のいておりました。 「今年もきっと現地に行けば美しい紅葉が見られるのだろう」という思いがあり、 天気の良い休日のこと、急遽、近場ではありますが鎌倉へ。 用事があり出発が遅れ、昼頃からのお出かけとなりました。 ひとまず鶴岡八幡宮にお参りに。この地...
続きを読む
OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む