【 Touch&Try The Mapcamera 】本館3Fで未知の体験! | THE MAP TIMES 
Select Language



【 Touch&Try The Mapcamera 】本館3Fで未知の体験!

[ Category:Information|掲載日時:2017年03月29日 12時00分]






【 Touch&Try The Mapcamera本館3F 】

皆様こんにちはマップカメラ本館3Fです!
こちらのフロアでは最新のNikonデジタル一眼レフカメラからPENTAXフィールドカメラKシリーズをはじめ、
その圧倒的な存在で愛されるロングセラーコンパクトカメラRICOH GRシリーズが試せます。
またFUJIFILM Xシリーズのアナログ的な操作感とデジタルの融合から撮ることの
新たな歓びと発見が生まれる新感覚のカメラスタイルにTouch&Tryできます!





【 Nikon 】

待望の新製品Nikon Z7がついに発売!
新たな時代が始まり、新しい歴史となる新世代のZマウント!
今までのFマウントレンズも一緒にお試しできますので、新次元のNikon Zシリーズ の真価と魅力を是非体験してください。
そして、新製品が発表されても、その魅力は色褪せることのないファン待望の一眼レフ「D850」
Nikon史上初となる裏面照射型CMOSセンサー採用し、高感度でもノイズ感を抑えた高画質を楽しめます。
さらに最大1秒間に約9コマの高速連写と瞬時に対応してくれるオートフォーカスで
躍動するスポーツ撮影や動き回る動物をしっかり捉えることが可能です。
その他にも連写性能やオートフォーカス・捕捉力の高いフラッグシップ機であるNikonD5も是非お手にとって体感ください。

【 Nikonの情熱と快進撃『その想いとその思想』 】

FXフォーマット機、DXフォーマット機それぞれに最新技術と最高性能を追求して生み出してきたすべてのNikonカメラ。
NikonのCOOLPIXから歴代のデジタル一眼レフカメラまで、その魅力に迫る、すべてのNikonシリーズ!

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









特別な一瞬を、かけがえのない瞬間をとらえてくれるNIKKORレンズの魅力を大きく3つの観点から
レンズ交換という一眼レフカメラの醍醐味を存分に楽しむためのNikonの情熱が見えてきます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









【 FUJIFILM 】

2012年のX-Pro1と共に誕生したFUJIFILM Xシリーズ!
Xシリーズから待望の新型ミラーレス機「X-T3」が発売されました!
ブラックアウトフリー高速連写が魅力の最新フラッグシップ機のミラーレスカメラ。
新開発の「X-TransTM CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し
「Xシリーズ」史上最高画質と多彩な色彩表現を実現しています。
そしてXシリーズ初のボディ内手ブレ補正機能を搭載した「X-H1 」が遂に登場!
単焦点レンズから望遠レンズ全てに対応しワンランク上の撮影をお手にとって楽しんでいただけます。
さらに、最新機種のプレミアムコンパクトデジタルカメラX100Fから、
高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディX-T20、
新時代のミラーレス一眼カメラ X-Pro2もご用意。
その特別な存在をもつボディを同じ美しさをまとった贅沢なXFレンズでお試しください
写真撮影の原点を、いつも問いかけてくれるFUJIFILM Xシリーズの新感覚な体験に出逢えます。


【 新感覚と視覚と秘密のXstyle 】

両手で構えてファインダーを覗き、どう撮りたいのかを考え、被写体を狙う。
そして確かな手応えを感じながら自分の手で設定をして、
自分だけの心に残る作品に出会うXstyleの世界があります。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!










【 PENTAX 】

PENTAXの原点とも言える「時代を超えて生きる、時代が求めるカメラ」、
PENTAXの原点と理想は決して変わることなく、撮影者の想いを記録し続ける。
その使命と新たな驚きで登場した待望のフルサイズ機『K-1』から最新機種となる『KP』や『K-70』まで、
ペンタックスデジタル一眼レフとの組み合わせで、優れた解像力とコントラスト、
色再現性、操作性を発揮するD FA ★レンズからDA★、DA、D FA、FAレンズと、
心が動いた瞬間のすべてをその描写力で、写真意欲を刺激する自分だけの世界を体感できます。


【 AMAZING PENTAX『驚きでいっぱいのペンタックス』 】

そのサイズからは想像できない機能性や操作性は、ペンタックスだからこそ出来る。
新たな驚きで目を覚ますペンタックス一眼レフカメラの進化とその独創的な機能を感じることができます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!









【 RICOH 】

伝説となって語り継がれていくThe GR!小さなカメラに込めた、大きな思いとは・・・!
GRの世界観をあなたの特別なGRで演出してみてください。
GRを超えるものはGRしかないことが体感できるはずです。


【 Legend of The GR『伝説のGRシリーズ』 】

常に本質を見極めて普遍的な価値を創っていくことを目指し、作り手の情熱の軌跡でもあるもの、
かつてない伝説のはじまりがここに誕生し、語り継がれていくことになるのです。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!








【 Carl Zeiss 】

カールツァイスの交換レンズには、伝統的なレンズ名の他に鳥の名前を用いたシリーズがあります。
これらの名前は優れた視力と人間には真似できない視点で、
動きが活発で多様性に富んだ生物という観点から選ばれたと言われています。
優れた技術と鋭い描写に多彩なラインナップは撮影の可能性を広げてくれます。


【 TAMRON 】

新しい象徴の『SPエンブレム』と『ブランドリング』はユーザーとタムロンとのつながりを
約束する大切な「関係の証」です。すべては新しいレンズのために・・・
新しいデザインに込められたその想いとは・・・人間味を放つ新たなカタチ!
ヒューマンタッチから始まるかつてない豊かな体験が待ってます。


【 幸せを呼ぶ Ring color シリーズ 】

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!

 





マップカメラ本館3Fで、貴重なTouch&Try体験が未知なる世界を作り出す。
そして、かけがえのない一台に出逢える。
ご来店いただいた際にはどうぞお気軽にお声かけください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。




〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Information|掲載日時:2017年03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]