Select Language

中古 欲しいを応援セール!あと1週間です!

[ Category: Information|掲載日時:2017年04月21日 20時45分]


皆様こんにちは!!
もうすぐお待ちかねのゴールデンウィーク(GW)ですね!!
ご家族でお出掛けという方や、普段は行けないような所へ撮影旅行という方もいらっしゃるでしょう。

マップカメラではGW直前に嬉しいお買い得なセールを開催中!

その名も…


詳しいセールの内容は商品詳細


今回は実際にどんなものがお買得になっているのかご紹介していきます!!
(掲載内容は2017年4月21日時点の内容です。売り切れの際はご容赦ください。)

まずは本館5階よりオススメ商品のご紹介です!
SONY α7SII + Carl Zeiss Batis 18mm F2.8
SONY α7SII + Carl Zeiss Batis 18mm F2.8

広角18mmのダイナミックな構図を活かしてGWの旅先で風景撮影は如何でしょうか?
最短撮影距離も0.25mと短いので簡易的な広角マクロとしても楽しめます!
F2.8と明るいレンズですが、高感度に強いα7SIIと組み合わせれば夜景も手持ちで撮影できます!!


次は本館4階のオススメ商品のご紹介です!
Canon EOS-1DX Mark II + EF24-70mm F4L IS USM
Canon EOS-1DX Mark II + EF24-70mm F4L IS USM

言わずと知れたキヤノンの誇るフラッグシップモデルです。
高画質・超高速14コマ/秒、高感度耐性、4K60P動画など
すべてが超一級クラス。
セールのこの機会にマクロ撮影にも強いこちらのレンズも一緒にオススメです!!

続いて本館3階のオススメ商品のご紹介です!

Nikon D750 + AF-S 28mm F1.8G
Nikon D750 + AF-S 28mm F1.8G
小型・軽量による高い機動力!
Nikonフルサイズ機唯一のチルト液晶により表現の幅が広がります!
レンズは、ナノクリスタルコート・非球面レンズを採用しており、性能に一切の妥協はありません。
それでいて、軽量コンパクト!開放F1.8の明るさ!
28mmの広角レンズは普段使いからここぞという場面でも大活躍します!

最後に本館地下フロアよりオススメ商品のご紹介!!
Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
Leica M-P + ノクティルックスM50mm F0.95 ASPH

LeicaのM型といえばいつかは手に入れたい憧れのカメラ!
今回は、M型デジタルカメラのフラッグシップ機であるLeica M-P(Typ240)
F0.95という驚異の明るさを誇るノクティルックス M50mm F0.95 ASPHをご紹介!
「このレンズでしか撮れない世界がある」というのは
このレンズの為にある言葉、と言っても過言ではないでしょう。
唯一無二の明るさを誇る超ド級レンズと
M型デジタルカメラのフラッグシップ機の組合わせはまさに至高!
いつかは手にしたいこの組み合わせが今ならナントそれぞれ7万円引き
つまり…合わせて14万円引き!という超特価です!


いかがでしょうか!?
各メーカーともに魅力的なカメラやレンズがお買得に手に入るチャンスです!
前から欲しかったんだよなぁ、と思うものがあったら要チェック!
まだお買得になっていないようであれば「欲しい物リスト」に入れていただくと
24時間以内にお買得になる…かもしれません♪

ここでご紹介したもの以外にもお買い得なカメラやレンズがまだまだございます!
↓その他の対象商品はコチラ!↓



待ちに待ったゴールデンウィークはとことん楽しみたい!
旅行のためにレンズも欲しいけど予算が…といった時には
マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」がございます!
36回払いまでは金利がかかりません!60回払い(金利10%)までの長期分割も承ります!
一生の思い出は、素敵なカメラとレンズで残してみませんか?
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Information|掲載日時:2017年04月21日 20時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!72票


null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む