【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月13日 10時30分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

前回前々回ご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「マウントアダプター」のお話。
これはsony.uk側の製品ページに載っている内容となりますが
こちらも相当な進化を遂げています。

現状、APS-C機も含めれば「α6300、α6500、α7II、α7RII」
この4機種ではAマウントレンズをEマウントボディに装着する
マウントアダプター「LA-EA3」を使用しても
ボディ側の像面位相差AFの測距点が使えるという機能が備わっています。

ただし、条件がありレンズ側にモーター(SSM/SAMどちらか)を備えている事と
装着した場合にコンティニュアスAFを使用するとAE/AF追従での連写は3コマ/秒まで
という制限がありました。
前者はまだしも、後者に関しては特に動体追従・連写が得意なα6300/α6500にAマウントレンズを装着すると
ボディの性能をスポイルしてしまうという欠点がありました。

null
今回の「α9」では付けられるレンズの条件こそ同じですが
「AE/AF追従での連写が10コマ/秒」
まで拡張されています!
しかも、693点の測距点や、完全無音の電子シャッターはそのままに、です!

10コマ/秒での撮影が可能となれば
Eマウントレンズを付けた時の20コマ/秒には遅れを取りますが
300mm F2.8 G SSM II500mm F4 G SSMといった
今まではAマウントボディでないと動き物には使いづらかったレンズが
Eマウントのボディでも使えてしまうことになります。

これらのレンズはEマウントのラインナップには現状存在しませんので
実用的に使えるレンズの幅がグッと拡がる事になります。

「動き物に強いボディが出ても
サンニッパ(300mmF2.8)やゴーヨン(500mmF4)がEマウントには無いから…」
と懸念されていたお客様もご安心ください。

「α9」なら大丈夫ですよ!

皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours

α9を深掘りっ!特集ページはこちらから

※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!





今回のブログで紹介したレンズはこちら!
こちらもご予約受付中です!






〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]