Select Language



【Carl Zeiss】Batis 135mm F2.8 5月12日発売!!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月11日 20時29分]




Carl Zeiss
「Batis 135mm F2.8」本日発売!!



人気のBatisシリーズの新レンズ「Batis 135mm F2.8」が本日発売となりました。

ポートレートや静物撮影に使いやすい「135mm」の画角と「F2.8」の明るさを備えた
「11群14枚」「APO-Sonnar」タイプのレンズとなっております。

もちろん、高速オートフォーカスや光学式手ブレ補正機能もあり、
最短撮影距離も「0.87m」最大撮影倍率にして約0.19倍となかなか寄れるレンズ。

Eマウント機に合わせて使うことを意識してか「614g」とボディとバランスを取りやすい重量になっているのもポイント。
α7IIに装着した状態で持ってみましたが、想像以上に軽く感じます。

更に「APO」の名を冠したレンズということでアポクロマート(Apochromat)仕様、
つまりは「軸上色収差補正」がキチンと成されているレンズということになりますので
卓越した色表現階調表現が可能なレンズとなります。

APO

さて、軸上色収差とはなんぞや?というお客様も
いらっしゃるかもしれませんが、それの一種である
「パープルフリンジ」
という単語には「ああ!あれね!」となるお客様も多いのではないでしょうか。

レンズを通った光が像を成す際に色ごとに結像する面が異なる為に
この様な色ズレが発生しており、これが偽色として写真に現れるのが「色収差」と呼ばれているものです。
色収差にも「軸上色収差」「倍率色収差」の2種類がございますが
今回は前者に焦点を当ててお話します。

この中でも「パープルフリンジ」は光軸上に結像位置が異なる
「軸上色収差」が原因で発生していると言われています。

この軸上色収差、絞る事で低減させることはできるのですが
特に大口径でF値の小さいレンズでは開放付近だと光学設計上出てしまう事が多く
「せっかくの明るいレンズなのに色ズレが出てしまう」
暫し撮影者の悩みの種となります。
更にこの色ズレ、実はアウトフォーカス部のボケの輪郭にも
生じているため被写体によってはとても目についてしまいます。

ですがごく最近の、最新設計の大口径レンズではこの軸上色収差にも配慮し
絞り開放からくっきりシャープに、色乗りも良くしかも色ズレも少ないといったレンズが登場してきております。
同じCarlZeiss製レンズですと「Otus」シリーズなどはその頂点に位置すると言っても過言ではありません。

そして今回の「Batis 135mm F2.8」
この「色ズレ」を徹底的に廃したのがポイントのひとつとなっています。

現代の技術で新規設計されたこの「APO-Sonnar」の写りは
Mapcameraスタッフがお届けする作例サイト『Kasyapa』でも紹介しております。
今回の内容にも登場した「軸上色収差」の部分もチェックしながらご覧になってみてください。
Batis 135mm F2.8


非常に高価なレンズとなっていますが、開放から十分にシャープで色乗りも良く
更に色ズレも殆ど発生しないということで、ポートレートにスナップに
様々なシーンで極上の表現が行えるレンズです。

↓お求めはこちらから↓





ハイクオリティなレンズにはハイクオリティなプロテクターを。
今回はとびきりの上玉ですから、なるべく元のレンズの性能を損なわないものを並べてみました。


マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月11日 20時29分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
Canon EOS M5 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]