Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~外観編その1~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月17日 10時30分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は外観編!
まずは現状のフラッグシップ「α7RII」との比較をしていきましょう。
それぞれのサイズは

α9
約126.9(幅)x95.6(高さ)x63.0(奥行き)mm
α7RII
約126.9(幅)x95.7(高さ)x60.3(奥行き)mm

と、奥行以外はほとんど変わっていませんので
今まで通りのサイズ感でハンドリング出来るのは嬉しいところ。

それでは「α9」の外観に迫って参ります。
マウント部の止めネジが6つに!
まずはフロント部ですが、マウント部の止めネジが6つになりましたね。
「α7/α7R」からそれ以降の世代になる際もマウント部の材質が変更になりましたが
今回は「ネジ4本でも強度上問題はなかったが、より過酷な環境でも安心して使えるよう強度を上げた」との事でした。

フロント左上部、レリーズボタンが平らに近かったのが少し隆起して押し込みやすくなっていますね。
触った感触も従来より浅めになっている様に感じました。

念願のマルチセレクター!
さて、リア部に移ります。
まず目に付くのはFnキー上部の「マルチセレクター」
従来の「α7」シリーズでは、AFの測距点コントロールがしづらいという
声がかなり上がっていましたが、念願の測距点移動にも使えるセレクターが搭載されました!
この部分だけでもα7シリーズに落とし込んで欲しいです。

測距点絡みでもう一点、α6500にも搭載されていた「タッチフォーカス」がα9にも搭載されています。
MF時は「ダブルタップ」で任意のポイントの拡大も可能です!

ただ、EVFを覗きながら測距点をコントロールできるタッチパッドはなくなってしまったため
あくまで動画撮影時などの補助的な役割といった感じでしょうか。
撮影のサポートはキッチリしてくれるハズです。

更に高速連写機ではお馴染みの「AF-ONボタン」も搭載されております。
今までもAELボタンなどにAFオンを割り当て、親指AFを使うことは出来ましたが
今回はボタンが独立したということで、AEロックはAEロックとして使えますし、
AFボタンの搭載で他社の高速連写機からの乗り換えもしやすくなっています。
触っていて思ったのは、この乗り換えの部分をかなり意識しているなというところでしょうか。

背面のコントロールリングに関しても改善が成されています。
「α7シリーズ」ではかなり軽くISOなどを割り当てていると
いつの間にか回ってISOが変わってしまうといったトラブルがありましたが
「α9」ではこちらもかなり作り込まれており
程良い重さで回るように操作感がより良くなっています。

チルト対策
また、α6500同様に液晶をチルトしている状態では
アイセンサーがオフになるようになりました。

従来の「α7シリーズ」ではEVFに搭載されたアイセンサーの感度が高く
液晶をチルトした状態でローアングル撮影を行う際に体に近づけてしまうと
センサーが過敏に反応してEVFに表示が切り替わってしまう
というような事がありましたがα9ではここも改善されています。

「初代α7」から「α7II」になった時も
ユーザーから不満の多かったポイントを潰しこんできている印象でしたが
今回の「α9」もかなりプロと綿密に意見交換をしつつ作り込まれている印象を受けますので
ハイアマチュアの方などでも、かなり進化を感じられるボディになっているのではないかと思います。


長くなってしまいましたので、サイドの端子類に関してはまた次回お送りいたします。
それでは、今回はこの辺りで。

皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours

α9を深掘りっ!特集ページはこちらから

※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]