Select Language



【SONY】α9ついに発売!早速開封してみました!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月26日 12時25分]




SONY α9 外観プレビュー




『SONY α9』 ついに本日発売!

待ちに待った今日という日がやってきました!ついに発売された次世代のミラーレス一眼『SONY α9』!

フルサイズセンサーを搭載しながら秒間20コマという高速連写を実現し、今までのカメラの常識を覆す超高性能機です!

今回はその『SONY α9』の箱を開けて、実際にボディのどこが、どうなったのかを見ていきたいと思います。





SONY α9 外観プレビュー



ジャーン!きました『SONY α9』!

α7シリーズと同じようなデザインの箱ですが、ちゃんと“9”と書かれています!



SONY α9 外観プレビュー



いました!これが『SONY α9』です!カッコイイ!




SONY α9 外観プレビュー



EVFが搭載されているペンタ部の形状がα7シリーズに比べて少し背が高くなり、丸くなっています。





SONY α9 外観プレビュー



カメラ左肩にダイヤルが追加され、ドライブ系(連写モード・AFモードなど)が集約されています。

またシャッターボタンを含む各ボタンの形状が平ではなく立体的になりました。これは指に馴染むいい形ですね!




SONY α9 外観プレビュー



お馴染みのチルト式液晶ですが、なんと『SONY α9』ではタッチパネルが採用されています!




SONY α9 外観プレビュー



AFポイントの選択が出来るジョグダイヤルが追加!これは嬉しい追加点です!




SONY α9 外観プレビュー



Carl ZeissのT*コーティングを施したファインダーです。

新しいアイピースカップ FDA-EP18はロック機構がついており、今までのアイピースカップとくらべて外れにくくなっています。

アイピース単体の発売日は6月23日。α9ユーザーのみならず、α7シリーズユーザーにもオススメですよ!





SONY α9 外観プレビュー



Wスロットになりました!これも嬉しい変更点ですね!

また、スロットのふたが勝手に開閉しないように開閉スイッチが新設。

これで鞄の中で勝手にスロットの蓋が開いてしまうこともありません!





SONY α9 外観プレビュー



プロユースに応える充実の機能も『SONY α9』には備わっています。

LANケーブルとシンクロコード接点があるので、スタジオ撮りのカメラマンにも嬉しい設計です。




SONY α9 外観プレビュー



付属品一覧はコチラ。同梱ストラップにもα9の文字が!





SONY α9 外観プレビュー



バッテリーが大容量化したとのことで、NP-FW50と並べてみました。

その差は一目瞭然!ボディの大きさはほとんど変わっていないのに、バッテリーはかなりの違いが見られます。




SONY α9 外観プレビュー



厚みもこんなに違います。

KASYAPA担当スタッフによると、5000枚連写した撮影をしても残り40%バッテリーが残っていたとのこと!

これで“予備バッテリーが2個ないと不安になる症候群”から解放されそうです!




SONY α9 外観プレビュー



バッテリーチャージャーも進化!

どれくらい充電されているかが目視できるのはありがたいですね。




SONY α9 外観プレビュー



さて、バッテリーを充電し終えたら早速電源をON!

なんだかメニューがカラフルになりました。これは選択しているメニューがわかりやすいですね!


そして、モニターをチルトしている状態だと、体がモニターに近づいてもアイセンサーが作動しない仕様になっています。

これはチルトモニターを使用してローアングルで撮影をするときに非常に便利!

(α7RIIの時は作動してしまって、お客様からよくOFFにできないのかお問い合わせを受けました。)




SONY α9 外観プレビュー



前面から見ると『SONY α9』は少しマッシブに見えます。

そしてキラリと輝くゴールドのα9ロゴがまぶしい!




SONY α9 外観プレビュー



背面はダイヤルの位置等が見直され、より直感的な操作系に変わりました!

ジョグダイヤルの追加、背面のメインのダイヤルが大きくなるなど操作性はかなり良くなっているのがわかります!

そして録画ボタンの位置が変わったのも嬉しい!(今まで誤って押してしまった事が多々ありました)




SONY α9 外観プレビュー



上から見ても少しマッシブ。

実際に手に取ってみるとグリップのホールド感がかなり良くなっています!





↓入庫したてのα9を早速外へ持ち出し、少しですが撮影してみました!↓

SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM



『SONY α9』では積層型CMOSという新しいセンサーを搭載しています。

色も階調も解像感も素晴らしいですね!




SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM



面白い形の花が咲いていたのでパシャリ。この写真もとてもキレイです。




『SONY α9』のフォトプレビュー『Kasyapa』は5/28公開予定です!

今担当者が掲載に向けて超特急で準備を進めていますのでご期待ください!





α9を深掘りっ!特集ページはこちらから





〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月26日 12時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]