【FUJIFILM】GFX待望の新レンズ!まだまだご予約受付中! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







皆様こんにちは!
中判ミラーレスデジタルカメラという新たなジャンルを切り開いたFUJIFILM GFX 50S

待望の新レンズの発売日が6月22日(木)に決まりました!
ということは…発売まで2週間を切りました!
もうご予約されましたか?
今回発売される2種類のレンズ、どちらも珠玉のレンズとなりそうです!


GF 110mm F2 R LM WR

35mm判換算で87mm相当の中望遠レンズ。
「中判カメラのセンサーでF2が使える」という驚きの大口径レンズ!
ポートレートで主に活躍しそうなレンズですね!
私も普段はフルサイズセンサー搭載機で85mmばかり使っているので
中判になるとどれだけ違いが出るのか…是非とも使ってみたいです!

EDレンズを4枚も使用した9群14枚構成。
これにより球面収差・色収差を徹底的に抑制、とのことなので
キレのあるシャープな描写に期待大です!



GF 23mm F4 R LM WR

35mm判換算で18mm相当の超広角レンズ。
今まではGF 32-64mmの広角側(35mm判換算で25mm相当)が最も広角でしたが
更にワイドな単焦点レンズの登場です!
風景を雄大に写したいという方には待望のレンズではないでしょうか。

可視光の波長より更に小さいナノレベルの技術を使用した
ナノGIコートによりフレアやゴーストを徹底して低減。
更にはスーパーEDレンズ1枚と、EDレンズ3枚を使用した12群15枚構成により
ディストーションを極限まで補正した全く妥協の無い光学設計。
フィルター径が82mmとGFレンズとしては最大径なのも頷けます。


もうすぐ発売の両レンズとも、絞りは9枚羽根で円形絞りになるよう配慮され
リニアモーターによる静粛かつ高速なインナーフォーカスを採用しています。

新しい2本は6月22日(木)の発売です
これによって、GFレンズも5種類になります!

現在展開中のラインナップ
GF 63mm (35mm判換算で50mm相当)
GF 32-64mm (35mm判換算で25-51mm相当)
GF 120mm (35mm判換算で95mm相当、マクロレンズ)

もうすぐ発売のレンズ
☆GF 23mm (35mm判換算で18mm相当)
☆GF 110mm (35mm判換算で87mm相当)

かなり充実してきました!
これからも楽しみですね!!

↓ご予約はコチラから!!↓

また、「GFX 50S」をデジタルバッグとして使用可能にするアダプターも同時発表!
大判レンズの大きなイメージサークルと、ビューカメラ独特の
蛇腹による「アオリ」撮影が行えます。
商品撮影や建築撮影などに効果的です!




まだボディをお持ちで無いという方も是非、併せてご検討下さい!!
フルサイズを凌ぐ大型センサーによる、圧倒的なまでの高精細で緻密な描写。
驚異のダイナミックレンジが生み出す、豊かなグラデーション。
このカメラを使えば新しい世界が開けること間違いなしです!!
お買い得な中古商品も登場し、ますます注目が集まりますね!

↓FUJIFILM GFXボディのご注文はコチラ!!↓





〓〓新製品〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:06月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]