Select Language



【FUJIFILM】GFX待望の新レンズ!まだまだご予約受付中!

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年06月09日 10時30分]





皆様こんにちは!
中判ミラーレスデジタルカメラという新たなジャンルを切り開いたFUJIFILM GFX 50S

待望の新レンズの発売日が6月22日(木)に決まりました!
ということは…発売まで2週間を切りました!
もうご予約されましたか?
今回発売される2種類のレンズ、どちらも珠玉のレンズとなりそうです!


GF 110mm F2 R LM WR

35mm判換算で87mm相当の中望遠レンズ。
「中判カメラのセンサーでF2が使える」という驚きの大口径レンズ!
ポートレートで主に活躍しそうなレンズですね!
私も普段はフルサイズセンサー搭載機で85mmばかり使っているので
中判になるとどれだけ違いが出るのか…是非とも使ってみたいです!

EDレンズを4枚も使用した9群14枚構成。
これにより球面収差・色収差を徹底的に抑制、とのことなので
キレのあるシャープな描写に期待大です!



GF 23mm F4 R LM WR

35mm判換算で18mm相当の超広角レンズ。
今まではGF 32-64mmの広角側(35mm判換算で25mm相当)が最も広角でしたが
更にワイドな単焦点レンズの登場です!
風景を雄大に写したいという方には待望のレンズではないでしょうか。

可視光の波長より更に小さいナノレベルの技術を使用した
ナノGIコートによりフレアやゴーストを徹底して低減。
更にはスーパーEDレンズ1枚と、EDレンズ3枚を使用した12群15枚構成により
ディストーションを極限まで補正した全く妥協の無い光学設計。
フィルター径が82mmとGFレンズとしては最大径なのも頷けます。


もうすぐ発売の両レンズとも、絞りは9枚羽根で円形絞りになるよう配慮され
リニアモーターによる静粛かつ高速なインナーフォーカスを採用しています。

新しい2本は6月22日(木)の発売です
これによって、GFレンズも5種類になります!

現在展開中のラインナップ
GF 63mm (35mm判換算で50mm相当)
GF 32-64mm (35mm判換算で25-51mm相当)
GF 120mm (35mm判換算で95mm相当、マクロレンズ)

もうすぐ発売のレンズ
☆GF 23mm (35mm判換算で18mm相当)
☆GF 110mm (35mm判換算で87mm相当)

かなり充実してきました!
これからも楽しみですね!!

↓ご予約はコチラから!!↓

また、「GFX 50S」をデジタルバッグとして使用可能にするアダプターも同時発表!
大判レンズの大きなイメージサークルと、ビューカメラ独特の
蛇腹による「アオリ」撮影が行えます。
商品撮影や建築撮影などに効果的です!




まだボディをお持ちで無いという方も是非、併せてご検討下さい!!
フルサイズを凌ぐ大型センサーによる、圧倒的なまでの高精細で緻密な描写。
驚異のダイナミックレンジが生み出す、豊かなグラデーション。
このカメラを使えば新しい世界が開けること間違いなしです!!
お買い得な中古商品も登場し、ますます注目が集まりますね!

↓FUJIFILM GFXボディのご注文はコチラ!!↓





〓〓新製品〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年06月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 2018年07月07日
F8 1/480秒 ISO200 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回は以前もご紹介いたしました”クラシッククローム”で台湾を撮影してきました。 F2.8 1/220秒 ISO200 台湾のうだるような暑さには水分...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X100F 【FUJIFILM】通勤時の電車 2018年06月27日
『FUJIFILM X100F』 -言葉を写真に- 毎日同じ道を辿る通勤電車のなか… 同じ電車、同じ時間でも、毎日違う人が私の前を通っていき、 私自身も毎日違う感情を抱きながら通勤しています。 そのため毎日様々な感情に流され、電車の中でも写真を写したいという衝動が私の中で走ります。 ですがさすがに電車の中となると…撮影するのに気を遣う必要があり… いつも写真を撮ることを諦めていました。 そんな私を写真の世界へ連れ出してくれたのがX100Fでした。 絞り、ス...
続きを読む
【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 2018年06月10日
春も過ぎ、空気が潤いだす季節です。 怪しい天気でしたが、ひと雨降る前に鎌倉を歩いてきました。 今回の相棒はFUJIFILM X100F。 クラシカルな見た目にフジフイルムの技術の粋を詰めこんだ、たまらなくニクいカメラです。 駅につき仲町に足を向けた矢先、 狐の嫁入りに歓迎され足早く近くのクレープ屋さんへ逃げ込むことに。 雨の間にいただくチョコレートのクレープはアルコール入りで、 ちょっとだけ大人な気分。 さすが23mm、使い勝手がよくその場の雰囲気をそのまま映しだしています。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】雨色景色 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]