岡本 尚也『PENTAX KPでポートレート』 | THE MAP TIMES 
Select Language



岡本 尚也『PENTAX KPでポートレート』

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年06月12日 17時30分]


コンパクトでクラシカルなデザインに最新機能を詰め込んだ一眼レフ『PENTAX KP』
今回はその魅力をお伝えするべく、プロカメラマン・岡本尚也氏の作例をご紹介したいと思います。
『PENTAX KP』の画質性能とペンタックスレンズの描写をぜひご覧ください!


PENTAX KP
岡本 尚也氏

東京都渋谷区生まれ。アパレル会社、広告代理店勤務ののち、フォトスタジオアシスタントを経て独立。
ポートレートを主体に撮影をこなす。
現在、主にアパレル、ファッション分野のフォトグラファーとして活躍中。
カラーマネージメント関係の講師も務める。


~ 岡本尚也 PENTAX KPでポートレート ~



■PENTAX DA*55mm F1.4 SDM

PENTAX KP
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / AWB / 露出補正 +1 / カスタムイメージ:ナチュラル
使用機材:PENTAX KP + PENTAX DA*55mm F1.4 SDM


消失点を使い画面構成した。中望遠ならではの奥行き感となだらかなボケ味となった。


PENTAX KP
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / AWB / 露出補正 ±0 / カスタムイメージ:ナチュラル
使用機材:PENTAX KP + PENTAX DA*55mm F1.4 SDM


このレンズは思ったよりも寄れる。瞳の美しさを捉えた。



■PENTAX HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW

PENTAX KP
焦点距離:140mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / AWB / 露出補正 +0.3 / カスタムイメージ:ナチュラル
使用機材:PENTAX KP + PENTAX HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW


ポージングがポイント。くの字型に体をそらす事で柔らかい曲線を狙い、女性らしさを表現した。



■PENTAX HD DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE

PENTAX KP
焦点距離:170mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / AWB / 露出補正 ±0 / カスタムイメージ:ナチュラル
使用機材:PENTAX KP + PENTAX HD DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


このレンズはKPとのマッチングが最高。モデルとのコミュニケーションに集中できる。
開放から使え、色乗り良く、天気を選ばない。


PENTAX KP
焦点距離:63mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / AWB / 露出補正 +0.3 / カスタムイメージ:ナチュラル
使用機材:PENTAX KP + PENTAX HD DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


花に囲まれた感を出したく、前ボケを入れ、後ろは圧縮効果を狙った。望遠レンズならではの醍醐味と言える。





K-1も使用しているが、今回の様なストリートスナップ、持ち歩き撮影の場合、
5軸5段のSRⅡ搭載、小型で目立たない『PENTAX KP』が撮りやすいと思う。
今回特に驚いたのが『PENTAX HD DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE』である。
開放でのシャープさ、色乗りの良さ、ボケもきれい。何より小型軽量が素晴らしい。
風景、動き物専用でなく、圧縮効果を利用しポートレートでもどんどん使って欲しい。


model:ミライ
written & photo by 岡本 尚也


いかがでしたでしょうか? APS-C一眼レフとしては最高峰の画質性能と高感度性能をもつ『PENTAX KP』。
今回ご紹介したレンズだけでなく、コンパクトなDAリミテッドレンズとの組み合わせも最高の一台です。
ぜひ『PENTAX KP』であなただけの作品を生み出してください!





マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年06月12日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む
【PENTAX】オールドレンズを味わう 【PENTAX】オールドレンズを味わう 2018年08月22日
PENTAXのオールドレンズの一つ「SMC-PENTAX-M 35mm F2.8」 フィルムカメラ時代のレンズで、もちろんAFは搭載されておらず、MFのみでの撮影です。 今回は同じKマウントの「PENTAX KP」に装着しました。 同じマウントですのでマウントアダプターを使わず、 そのままPENTAXボディにレンズを装着する事ができます。 それでは、少しだけオールドレンズの世界を見てみましょう。 とある建物で明かりを灯すランプ。 ランプにピントを合わせたつもりでしたがピントがズレてしまいました。 MFの難しいとこ...
続きを読む
【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 2018年08月16日
F5.6 / 1/2000 / ISO100 / AWB /カスタムイメージ:雅(彩度-1) PENTAX K-1 MarkII + HD D FA*50mm F1.4 SDM AW 蓮の見ごろは7~8月。早朝に咲き、昼には閉じるという独特の性質を持つ蓮の花を撮るため、早朝に機材を抱えて上野にある不忍池へとやってきました。 今回使用した機材は『PENTAX K-1 Mark II』『HD D FA*50mm F1.4 SDM AW』『HD DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW』の3点です。まずは不忍池の遊歩道の近くにある蓮の花を、50mmを使ってぐっと寄って撮影を...
続きを読む
【PENTAX】新宿ブラり 【PENTAX】新宿ブラり 2018年08月12日
暑い日が続く中、ブラりとカメラを持って出かけました。 私も芝生に寝転びたいです。 『どどーん!』とばかりにそびえ立つタワー。ほんとにデカいです。 人々の後ろにそびえ立つビルが印象的です。あらためて、新宿は大きな建物が多い街です。 そこかしこに仕事を終えて帰る人達がいました。橋の上から『軽く飲んでから帰りませんか?』『それじゃ一杯だけ。』というような会話が聞こえてきそうです。 今回しようしたPENTAX DA70mm F2.4 Limitedですが...
続きを読む
【PENTAX】街を撮る、キミを撮る 【PENTAX】街を撮る、キミを撮る 2018年08月01日
DA*シリーズから出してる望遠ズームレンズ「DA*50-135mm F2.8ED [IF]SDM」 画角は狭いですが、 単焦点と違って被写体や撮影状況に合わせて焦点距離を変えられレンズ交換の必要がありません。 ズームレンズの良いところはそこにあると思います。 今回はそんな「DA*50-135mm F2.8ED [IF]SDM」で撮影に行きました。 路地裏で見かけた一台の自転車。 この暑さに堪えたのか日陰で一休み。 道路脇の釣鐘 露出をアンダーにする事によって、鐘の光沢部分目立ち格好良い印象に、 レストランの...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]