【Leica】 スタッフ一押しの中古Pick up!! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】 スタッフ一押しの中古Pick up!!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月19日 15時00分]



LEICA FAIR 6/30まで!
皆様こんにちは!
15日からスタートしましたLEICA FAIR

今回はLEICA FAIRの対象商品から
スタッフの一押しを何点かご紹介いたします!!
選りすぐりのカメラやレンズが登場です!
では早速いきましょう!


Leica M9 + Summilux M35mm F1.4 ASPH
Leica M9 + Summilux M35mm F1.4 ASPH
Leicaのカメラはフィルム機しか持っていない私。
もしデジタルで買うならコレ!と前から決めている組み合わせです。
現行機種は全てCMOSセンサーを採用していますが、このM9はCCDセンサー搭載です。
現行機種と比べると液晶モニターの綺麗さや高感度耐性、書き込みスピードの速さなど
年代相応の性能差があるのは致し方ないですが
そんなことは気にならなくなる程に魅力が詰まっています。
筆舌に尽くしがたいですが、この時代のカメラならではの
独特の立体感と質感の再現は息を呑むものがあります。
気になる方は是非店頭でお試し下さい!
生産完了になってからもファンが多く人気が高いのも頷けるはずです。

レンズは街中スナップやポートレートなど目的を選ばず活躍する優等生。
現行の同レンズはフードがねじ込み式になっていますが
このはめ込み式の見た目がカッコイイなと思っています。
趣味で使うカメラはルックスも大事ですよね♪
そして重要なのは両方とも生産完了品なので中古でしか手に入らないということ。
中古だからこその出逢いという訳です。
もし気に入る個体に出会えたらそれはもう運命です。


続いてご紹介するのは…

Leica SL(Typ601) + SL24-90mm F2.8-4 ASPH
Leica SL(Typ601) + SL24-90mm F2.8-4 ASPH
Leica渾身の最新鋭ミラーレスカメラです。
今までのLeicaといえば、先程の機種のような「M型」のイメージが強かったと思います。
街を颯爽と歩きながらサッと撮るスタイルですね。
しかし、このLeica SL(Typ601)11コマ/秒の連写性能や
49点測距AFなど、今までのイメージを覆すような
現代的なデジタルカメラとして人気を博しています。
Leicaで動体撮影ができる!!これは大きいポイントですね…!
しかも各所にシーリングを施すことで耐低温・防塵・防滴になっています。
アウトドアや悪天候時など環境に不安があるシーンでも気兼ねなく持ち出せる
「タフなLeica」という新しい一面を見せてくれるカメラです!


最後にご紹介するのは

Leica X(Typ113) & X2
Leica X(Typ113) & X2
初めてのLeicaにもオススメのコンパクトデジタルカメラもフェアでお買い得に!
普段は一眼レフカメラを使っているけどサブ機に、という方にもオススメです!
APS-Cサイズのセンサーを搭載し、35mm判換算で約35mm相当のレンズが付いています。
X(Typ113)はF1.7の大口径レンズ、X2はF2.8でコンパクトな設計なのが特徴です。
いずれも携帯性に優れ、小さいボディながらLeicaの魅力がキュッと詰まったカメラです。
お散歩やちょっとした小旅行のオトモにピッタリですね♪


今回ご紹介したカメラ達はインターネットでもお求めいただけます!!
↓詳しくは各商品ページをクリック!↓


まだまだLEICA FAIR対象商品がございます!
↓気になる対象商品は下記バナーをクリック!↓
LEICA FAIR対象商品はコチラ!

36回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
今ならまだ夏のボーナス併用払いも間に合います!!
豊富な在庫からお好みの1台を選べる今がチャンス!
是非ご検討ください!
↓詳しくはコチラ!↓
月々の負担を軽減!


↓マップカメラはコチラ!↓
マップカメラはココ!


〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月19日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]