Select Language



【Canon】EOS 6Dを携えて

[ Category:Canon|掲載日時:2017年07月05日 10時30分]




梅雨入りしてからじめじめとした暑い日々が続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ちょうどこの時期の見頃といえば、紫陽花や蓮ですよね!

本日は、キヤノンのEOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを組み合わせて、
早朝から埼玉県某所の蓮で有名な撮影スポットに出掛けてきました!

この日の天気は曇り模様。
始発の電車に乗り込み、約1時間半ほど眠気と闘い、
目的地に到着すると入口からたくさんの蓮が花びらを開いてお出迎えしてくれました。


しかしながら私が最初に撮ったのは、蓮の葉でした!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO160
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの特徴である最短撮影距離0.95mmを
使用して撮影しました。
マクロで撮影したような楽しさがあってお気に入りです。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
フルサイズと望遠レンズならではのボケ味に魅了されました。
おしりを出している蜂が顔を出さないかなあ、と待ち構えていたのですが、
蜂も蓮の花粉に魅了されてしまったのか…
ダイブしたまましばらく出てきてくれませんでした。
さらば蜂。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO125
すこしだけ紫陽花も咲いていました。
梅雨の雰囲気が感じられてとても素敵です。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
鮮やかな、緑とピンクのコントラスト。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/800秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO160
鷭(バン)という鳥の親子がいました。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F6.3 1/320秒 ISO500
いつの間にか親鳥を見失ってしまった様子。
生い茂る蓮の中で雛鳥が親鳥を探し回っていました。
すこし離れたところで、親鳥が水面を移動しながら餌を捕らえていました。
このあとちゃんと再会できたのかな。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO3200
場所を移して小動物園にやってきました。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMをさらに大活躍させます!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO200
実際の背景は草木があったのですが、なぜか真っ黒。
加工でもなんでもなく個人的に奇跡の一枚でした。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO8000

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO640
キリッ
逞しく凛々しい、素敵な眉毛の持ち主。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO2500
2組目の親子に遭遇!
小さくてかわいいコモンリスザルの赤ちゃんでした。


ご覧いただきありがとうございます。
もしかしたらお気付きになられた方もいらっしゃるかと思いますが、
写真はすべて望遠側での撮影です。

実は今回が初めての白レンズでの撮影で、
「私の腕力で耐えられるだろうか…」とほんの僅かな心配はあったのですが、
実際のところまったく問題なかったです。
トータルで2時間弱の手持ち撮影をして、多少腕の疲れは感じましたが意外といけてしまうものですね。

キヤノンのフルサイズ機の中でもコンパクトで軽量さを誇るEOS 6Dと、
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの高いレベルの手ブレ補正機構に助けられた部分が大きかったように感じます。

これから初めてフルサイズ機を使ってみようかな、もしくはサブ機で持ちたいという方には、
リーズナブルな価格帯で万能なスペックが備わっているEOS 6Dがおすすめです!

そして手持ち撮影にも応えられるEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは
描写力、機動性、操作性すべてにおいて優秀なんです◎
さらにテレコンバーターを組み合わせたら最強の超望遠レンズと言えるのではないでしょうか。








店頭では、カメラやレンズを直接手にとってお試しいただけます。
スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております!


〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2017年07月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]