【Canon】EOS 6D MarkII 予約受付スタート! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






EOS 6D MarkII
予約受付スタート!!

null



待望の「Canon EOS 6D Mark II」が、ついに発表されました!!

初代6Dが発表されたのは、今や懐かしさも漂い始めた2012年9月17日。
合成樹脂を大胆に多用した造りの軽量ボディや、
Wi-FiとGPSが組み込まれている点などが、
フルサイズ一眼レフとしては珍しいということで、当時かなり話題になりました。
そんな初代6Dのボディ構造は、
2016年9月に発売されたEOS 5D Mark IVにも継承され、
キヤノンフルサイズ一眼レフの
基本形と言える状況に至っています。

167x日ぶりのモデルチェンジを迎えた6D Mark II。
いわゆる二代目は、どこが進化したのでしょうか。
チェックしてみましょう。





AF性能が大幅アップ!!
オールクロス45点AFセンサー



今回のモデルチェンジで目を引くのが、AF性能の大幅強化。
AFポイントは、初代の11点構成から、45点構成に強化されました。
驚くべきは、その45点全てがクロスセンサーを採用し、
ピント検出能力が大幅に向上したことです!
高精度のAFポイントが高密度に配置されたことで、
初代では慣れが必要だった、スポーツなど被写体が激しく動く撮影シーン。
二代目では楽しく撮影できるようになります!!



null



撮影スタイルが広がる!!
可動式タッチパネル液晶モニター



数々の仕様を着実に磨き上げるキヤノン。
可動式のタッチパネル液晶モニターは、
撮影対象と同じ目線、同じ世界を共有できるのが魅力。
この機能、皆様に使っていただきたいのですが、
特に子育て中のお父様お母様に、強くオススメしたいです。
お子様の目線までカメラを下げて撮ってみてください。
お子様としっかり目を合わせて、
とっておきの1枚を撮影出来るはずです。





動画撮影にうってつけの存在に!!
デュアルピクセルCMOSセンサー搭載


2013年発表のEOS 70Dに搭載されて以降、
着実に性能を向上させているデュアルピクセルCMOSセンサー。
二代目6Dにも搭載され、動画を簡単に撮れるようになりました。

一眼レフで動画を撮影する際、なかなかコツが要るのです。
ゆっくり、かつ滑らかにフォーカスを移動させるのって難しいんですよね。
デュアルピクセルCMOSセンサー特有の滑らかなフォーカス移動を、
画面にタッチするだけで実現してしまう......。
20世紀じゃ考えられなかったよ!!
本当に良い時代になりました!!





まずはご予約を!!



上位機種の5D Mark IIIとの差別化が目立った初代6D。
上述の通り、概要を見るだけでも性能強化が確認でき、
上位機種と肩を並べるにまで成長を果たしました。

まずはご予約、そして発売予定までの約1カ月は、
期待を目一杯膨らましましょう!!


null

null







〓〓新製品〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:06月29日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]