【Canon】EOS 6D MarkII 予約受付スタート! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS 6D MarkII 予約受付スタート!

[ Category:Canon|掲載日時:2017年06月29日 18時00分]




EOS 6D MarkII
予約受付スタート!!

null



待望の「Canon EOS 6D Mark II」が、ついに発表されました!!

初代6Dが発表されたのは、今や懐かしさも漂い始めた2012年9月17日。
合成樹脂を大胆に多用した造りの軽量ボディや、
Wi-FiとGPSが組み込まれている点などが、
フルサイズ一眼レフとしては珍しいということで、当時かなり話題になりました。
そんな初代6Dのボディ構造は、
2016年9月に発売されたEOS 5D Mark IVにも継承され、
キヤノンフルサイズ一眼レフの
基本形と言える状況に至っています。

167x日ぶりのモデルチェンジを迎えた6D Mark II。
いわゆる二代目は、どこが進化したのでしょうか。
チェックしてみましょう。





AF性能が大幅アップ!!
オールクロス45点AFセンサー



今回のモデルチェンジで目を引くのが、AF性能の大幅強化。
AFポイントは、初代の11点構成から、45点構成に強化されました。
驚くべきは、その45点全てがクロスセンサーを採用し、
ピント検出能力が大幅に向上したことです!
高精度のAFポイントが高密度に配置されたことで、
初代では慣れが必要だった、スポーツなど被写体が激しく動く撮影シーン。
二代目では楽しく撮影できるようになります!!



null



撮影スタイルが広がる!!
可動式タッチパネル液晶モニター



数々の仕様を着実に磨き上げるキヤノン。
可動式のタッチパネル液晶モニターは、
撮影対象と同じ目線、同じ世界を共有できるのが魅力。
この機能、皆様に使っていただきたいのですが、
特に子育て中のお父様お母様に、強くオススメしたいです。
お子様の目線までカメラを下げて撮ってみてください。
お子様としっかり目を合わせて、
とっておきの1枚を撮影出来るはずです。





動画撮影にうってつけの存在に!!
デュアルピクセルCMOSセンサー搭載


2013年発表のEOS 70Dに搭載されて以降、
着実に性能を向上させているデュアルピクセルCMOSセンサー。
二代目6Dにも搭載され、動画を簡単に撮れるようになりました。

一眼レフで動画を撮影する際、なかなかコツが要るのです。
ゆっくり、かつ滑らかにフォーカスを移動させるのって難しいんですよね。
デュアルピクセルCMOSセンサー特有の滑らかなフォーカス移動を、
画面にタッチするだけで実現してしまう......。
20世紀じゃ考えられなかったよ!!
本当に良い時代になりました!!





まずはご予約を!!



上位機種の5D Mark IIIとの差別化が目立った初代6D。
上述の通り、概要を見るだけでも性能強化が確認でき、
上位機種と肩を並べるにまで成長を果たしました。

まずはご予約、そして発売予定までの約1カ月は、
期待を目一杯膨らましましょう!!


null

null







〓〓新製品〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2017年06月29日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に 2019年09月23日
【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0 8月から続いた暑さも和らぎ、ふらっとカメラ片手に出歩きたくなるような、秋風が心地よい季節になりました。 まだまだ紅葉には少し早いですが、写真撮影を行うには最高のベストシーズンの到来です。 ちょっとした用事で都内に行く機会があり、カメラ片手に銀座で行われている金魚のアートアクアリウムと渋谷の万華鏡展に行ってきました。 アートアクアリウムは最終日が近かったせいか会場は大賑...
続きを読む
Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】Motorsports photo #8 2019年09月23日
「ミラーレスカメラでモータースポーツデビュー」 筆者は6年ほどNikon D4でモータースポーツを撮影しておりましたが、ここ1年ほどはミラーレスカメラで撮ることが多くなっています。 筆者がミラーレスカメラに移行し始めた理由は、機材の軽量化とファインダーが見やすいという点から。 サーキットでは1日中、様々なコーナーから撮影をするので、ボディが軽くなることはとても助かります。ですが筆者が移行を決めた1番の理由は小型軽量よりも、ファインダーの見やすさなのです。このことだけでミラーレスカ...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
私は神奈川県出身で横浜には何度も訪れておりますが、 気がつけばいつも何かの用事で訪れることが多い地でした。 気がつけば「撮影」を目的として訪れるのは初めて! 今回使用するレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」 購入してからはじめてのシェイクダウン。 普段は、望遠系レンズで撮影することに慣れているので、 不慣れなフレーミングとなりますが「ワイド」での撮影が とても気持ちよくいつもとは違うひとコマが撮影することができました。 いつもとは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]