MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Canon】EOS 5D MarkIV + EF-Lレンズ 安定のポートレート

[ Category:Canon|掲載日時:2017年08月11日 18時00分]




Canon EOS 5D MarkIV
EF16-35mm F2.8L III USM
EF24-70mm F2.8L II USM



発売してまだ1年弱のEOS 5D MarkIVを使って女性ポートレート撮影をしてきました。
使用したレンズは主にEF24-70mm F2.8L II USM。
プラス味付けでEF16-35mm F2.8L III USMを持っていきました。


Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F8 1/30 ISO-500 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/320 ISO-200 55mm

2本のレンズの特徴を生かして撮影。
さすが安定の純正Lレンズ。
非常にAFが安定しており、色も出しやすかったです。



Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F2.8 1/125 ISO-200 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm

2本のレンズで、同じ設定で撮影してみました。
周りの葉の写りで、ゆがみ具合の違いの参考になればと思うのですが。
広角レンズは端のゆがみが課題となりますが、私は迫力が出て好きです。


今回あまり広角を活かせるロケーションがなかったため、
ここから先は全てEOS 5D MarkIVとEF24-70mm F2.8L II USMで撮影した写真となります。


Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

さり気無く上部に葉の前ボケを入れました。
手前のモデルと葉の立体感と、奥の緑のボケの違いを見て頂ければと思います。
奥にいくにつれて馴染むように徐々にボケてますね。
このレンズの写真は、ごく自然で違和感のないボケ方を感じました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/500 ISO-200 70mm

ここから衣装を変えて撮影。
雰囲気に合わせてカメラでケルビン、コントラスト、彩度をいじりました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/640 ISO-200 65mm

モデルをアップめにして望遠で撮影したら、
まるで単焦点のようにかなりボケました。
背景のコスモスからはそんなに離れていないのですが、モデルをアップにすることでよくボケます。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

逆にアップにしない場合は、モデルに背景から離したところに立ってもらえば、背景が綺麗にボケます。
しかし、ここまで綺麗にボケると思いませんでした!
高画質で緑の彩度をしっかり表現、とても滑らかな階調でした。


今回撮影した写真は全てJPEG撮って出しです。
私は機材の良さを伝えるために、基本的にほとんど撮って出しでブログを書くことにしています。
その中で特に5D MarkIVは、撮って出しでも色合いがとても素晴らしい。
更に大三元レンズを装着すれば間違いない。

やはりCanonはポートレート撮影にうってつけだと実感しました。
モデルの肌の質感の良さ、色が鮮やか、EFレンズのボケの柔らかさが素晴らしかったです。
ぜひ皆様もその手で、Canon最高級の良さを味わって下さい。


↓今回使用した機材はコチラ!↓












今なら36回払いまで金利手数料0%のショッピングクレジットをご利用いただけます!ボーナス併用も可能です!
↓↓この機会にぜひご利用くださいませ!!↓↓




〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Canon|掲載日時:2017年08月11日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】海とKiss 【Canon】海とKiss 2018年08月10日
東京も37度超える中、ドライブがてらに都内某所へ。 まずはこちら。 Pモードで撮りました。 レインボーブリッジは夜が定番ですが、昼間もいいですね。 次は夕焼けモードで撮影。 夕焼けチックに。 ここは神秘的な気持ちになります。 某所にある噴水を被写体に、シャッタースピードの速度を変えながら撮影をしました。 今までカメラまかせで撮ることが多かったのですが、 最近は、仕上がりを予想してカメラを積極的に操作するようになりました。 暑くて体力も...
続きを読む
【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 2018年08月09日
【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 マップカメラ24周年記念企画『24人の24mm』という事で、富士山登山へ行って参りました。 私にとっての「24mm」は広角の入り口でした。 長野県上高地でのキャンプに初めてのカメラを持っていった際、星と風景の為の広角レンズを持っていけなかった事を悔やんで次に買ったレンズが換算24mmのレンズでした。 残念ながら当時の機材は残っておりませんが、広角の生きる山岳風景と24mmレンズという組み合わせは、ある意味私個人にとっても記念の...
続きを読む
null 【24人の24mm】ひ・た・す・ら 建物 2018年08月08日
ひ・た・す・ら 建物 自転車(スポーツ車)に乗るのが好きなので、天気のいい日は都内を走り回ることが多いです。 目的地がはっきりしている時、目的なく行き当たりばったりと走る時、いずれにしてもバックの中には”カメラ”をいつも忍ばせています。 街を走行していると、いろいろな景色が眼の中にどんどん飛び込んできます。 特に都心部を走っていると”美しい”、あるいは”面白い”と感じる建物に遭遇することがあります。 これはちょっと自転車をストップして撮影をしてみ...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー05『はじまるno森へTrip2』 【はじまる410】体感型フォトムービー05『はじまるno森へTrip2』 2018年08月08日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』。 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 『はじまるトリップ ~ はじまるno森へ向かう旅 Trip2 ~』 今回の『は...
続きを読む
【24人の24mm】一味違う24mm 【24人の24mm】一味違う24mm 2018年08月07日
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ F5.6 | 1/80 | ISO100 一味違う24mm 「24mm」と聞くと、単焦点レンズの代表的な焦点距離である一方、 標準的なズームレンズのワイド端という重要な焦点距離です。 レンズ交換式のカメラをお使いの読者の方にとっては、よく目にする焦点距離ではないでしょうか。 そんな「24mm」で筆者が思いついたのが、キヤノン TS-E 24mm F3.5L IIです。 このレンズはキヤノンのラインアップ、Lレンズの1本で、ティルト、シフト撮影を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]