Select Language



【星を撮りに行こう】双眼鏡のススメ

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月07日 10時50分]





星空を撮りに行こうtit
双眼鏡tit

天体観測というと望遠鏡のイメージが強いですが、実は星空を撮影する際に双眼鏡は必須アイテムなんです。

両目で観ることでより広い視野で観察出来ますし、選択する双眼鏡によっては肉眼では暗くて見えない星も見ることができます。



双眼鏡の見方


星空の撮影に有効な双眼鏡を選ぶにあたってポイントは3つあります。




1.倍率 ×〇


双眼鏡表記の前の部分。小さい数字の方が視野は広い。

倍率は7倍・8倍ほどあれば大丈夫。中には星空観察用の特殊なモデルもあります。




2.明るさ 〇×


対物側のレンズ口径。カメラレンズと同様に大きいほど明るい。

星空を観察するなら最低30~50程のものを選択したいところ。




3.軽さ/コンパクト


倍率と明るさを重視していくと使用プリズムの構成などにもよりますが大型になる可能性があります。

しかし、アウトドアで持ち運ぶことを考えると軽量でコンパクトであることも重要です。

また、一部機種によっては防水機能などがついているものもあるのでこちらも有効です。






オススメの双眼鏡tit




オススメの双眼鏡1

Nikon (ニコン) MONARCH HG 8×42

圧倒的な明るさと広視界で隅々までシャープで鮮明な見え味。
軽く堅牢な防水ボディーなので、雪山や水辺などタフなフィールドや、悪天候の状況下でも活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡2

Carl Zeiss (カールツァイス) TERRA ED 8x42

言わずと知れた名門光学メーカーの軽量コンパクトなモデル。
デザイン性も高く、所有感を満たしてくれる一台。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡3

PENTAX (ペンタックス) 双眼鏡 SD 8×42 WP

コストパフォーマンスの高さはさすがペンタックス。防水構造も施してあるので、
カメラと同様にフィールドで活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




双眼鏡は天体観測以外にもバードウオッチングやスポーツ観戦などにもピッタリ!一台あると色々な用途で楽しめます。

ぜひこの機会に双眼鏡もチェックしてみてください!


商品の詳細はコチラ












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月07日 10時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【24人の24mm】「東京スナップ」 【24人の24mm】「東京スナップ」 2018年07月22日
F1.4 1/2000 ISO-500 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 「東京スナップ」 F1.4 1/640 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。 こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。 この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。 F1.4 1/160 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 東京国際フォーラム内にて。 SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で...
続きを読む
Nikon D850+AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 【Nikon】D850 海そして海! 2018年07月22日
海の日を終え、いよいよ夏休み突入です! 今年は梅雨が早く終わり、海開きも早かったので既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、 ぶらりカメラ片手にお薦めの海を撮影して来ました。 車で出かけるのが当たり前の昨今、あえて電車で行ってみるのも良いものですよ。 先ずは毎年人気スポットの鎌倉駅から歩いて15分位の湘南”由比ガ浜” 江ノ島電鉄に乗れば由比ガ浜駅から1分 湘南は”鵠沼”や”七里ヶ浜””江ノ島”等ある中 由比ガ浜は”ザ・湘南 この夏に海に来た”と思わせてくれて、海の家...
続きを読む
【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
【Nikon】旅のお供にNikon P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに応えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]