【星を撮りに行こう】双眼鏡のススメ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







星空を撮りに行こうtit
双眼鏡tit

天体観測というと望遠鏡のイメージが強いですが、実は星空を撮影する際に双眼鏡は必須アイテムなんです。

両目で観ることでより広い視野で観察出来ますし、選択する双眼鏡によっては肉眼では暗くて見えない星も見ることができます。



双眼鏡の見方


星空の撮影に有効な双眼鏡を選ぶにあたってポイントは3つあります。




1.倍率 ×〇


双眼鏡表記の前の部分。小さい数字の方が視野は広い。

倍率は7倍・8倍ほどあれば大丈夫。中には星空観察用の特殊なモデルもあります。




2.明るさ 〇×


対物側のレンズ口径。カメラレンズと同様に大きいほど明るい。

星空を観察するなら最低30~50程のものを選択したいところ。




3.軽さ/コンパクト


倍率と明るさを重視していくと使用プリズムの構成などにもよりますが大型になる可能性があります。

しかし、アウトドアで持ち運ぶことを考えると軽量でコンパクトであることも重要です。

また、一部機種によっては防水機能などがついているものもあるのでこちらも有効です。






オススメの双眼鏡tit




オススメの双眼鏡1

Nikon (ニコン) MONARCH HG 8×42

圧倒的な明るさと広視界で隅々までシャープで鮮明な見え味。
軽く堅牢な防水ボディーなので、雪山や水辺などタフなフィールドや、悪天候の状況下でも活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡2

Carl Zeiss (カールツァイス) TERRA ED 8x42

言わずと知れた名門光学メーカーの軽量コンパクトなモデル。
デザイン性も高く、所有感を満たしてくれる一台。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡3

PENTAX (ペンタックス) 双眼鏡 SD 8×42 WP

コストパフォーマンスの高さはさすがペンタックス。防水構造も施してあるので、
カメラと同様にフィールドで活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




双眼鏡は天体観測以外にもバードウオッチングやスポーツ観戦などにもピッタリ!一台あると色々な用途で楽しめます。

ぜひこの機会に双眼鏡もチェックしてみてください!


商品の詳細はコチラ












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:07月07日 10時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]