【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月17日 20時49分]


Nikon ARCREST


ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。
近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。
ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。


まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。


ARCREST紹介



ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0.1%に近づけた超低反射率の多層膜ARコート(反射防止コート)「ゼロワンARコート」を採用し、ゴースト・フレアの発生を低減。
フィルターを装着することで生じるレンズ本来の描写力の低下を最小限にとどめ、コントラストが高く階調豊かな映像表現が可能に。
また、新たに開発した高精度な研磨技術によって極めて高い平面精度を実現。
さらに、ニコン独自開発のフレームへのマウント技術「フラットプレーンシステム」により、ガラスにかかる負荷を大幅に軽減してガラスの歪みも最小限に抑え、フィルター有効径の約85%のエリアで、透過波面精度がλ/4以下の精度に収まるよう設計されています。


ARCREST装着


少し難しい解説で、いまいちピンとこない筆者が注目したのが、NIKKORレンズにも使われている高品質な光学ガラスを採用しているという部分。
約2mm厚のガラスで安心の強度を発揮するというのは心強い限りです。

フィルターの厚さも約3.4mm(95mm径のみ3.9mm)と、従来品より薄くなりました。
おかげで、超広角レンズ使用時もケラレの心配がありません。
フィルターフレーム表面にはキズに強いブラックアルマイト処理が施されているので強度面の心配も無用です。
ツヤ消しブラックが、高級感を醸し出します。また、ローレット加工により指がかりがよく、着脱もスムーズです。



疑り深い筆者は、優れた撥水・発油コートも試してみました。

防滴比較


左が「ARCREST」、右が他社製の撥水・発油保護フィルターです。
少し傾けたフィルターに水滴を垂らしたところ、ARCRESTの方が素早く水滴が流れ落ちていきました。
同じ撥水・発油でも表面が滑らかな分、水の滑りが良いように感じます。
余談ですが、古いフィルターは磨いていても、濡らして強い光を当てるとあまり綺麗ではないですね。
これは新しいフィルターへ買い替えるサインかもしれません。


撥油比較


同様にペンでなぞってもご覧のとおり。同じ発油でもペンから出るインク量を抑えているかのようです。


+ARCREST NoFilter
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(左:+ARCREST / 右:フィルター無し)



フィルターの装着時と非装着時での撮り比べもしてみました。
拡大画像を見ても目視では、フィルターによる影響を感じることはできません。


+ARCREST
絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(+ARCREST)



NoFilter
絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(フィルター無し)


フィルターの脱着を繰り返すためフードは未装着。そして天候は雨。
ダイレクトにレンズ前面に水滴が落ちてくる条件下の撮影となりました。
使用したレンズ「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」には、汚れが付着しにくいフッ素コートが施されており、フィルター同様、雨粒はすぐに流れ落ちていきます。

レンズの前面ガラスに施された、優れた防汚性能を再確認するという結果でしたが、高価な高性能なレンズだけに余計大事に使いたいという思いに駆られ、ますますフィルターの必要性を再認識することとなりました。


ARCREST化粧箱


レンズ本来の描写力を極力損なわない高性能保護フィルターとして、あらゆる点にこだわって光学性能を高めている高性能フィルター。

一目でニコン純正と感じることができる、ボディやレンズと統一感のある金箱も嬉しいポイントです。
他社製の高性能フィルターと比べても、少々お値段が張る商品ですが、実力は折り紙つき。
ニコン好きの私は、お布施のつもりで購入決定です!















〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月17日 20時49分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]