【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月17日 20時49分]


Nikon ARCREST


ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。
近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。
ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。


まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。


ARCREST紹介



ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0.1%に近づけた超低反射率の多層膜ARコート(反射防止コート)「ゼロワンARコート」を採用し、ゴースト・フレアの発生を低減。
フィルターを装着することで生じるレンズ本来の描写力の低下を最小限にとどめ、コントラストが高く階調豊かな映像表現が可能に。
また、新たに開発した高精度な研磨技術によって極めて高い平面精度を実現。
さらに、ニコン独自開発のフレームへのマウント技術「フラットプレーンシステム」により、ガラスにかかる負荷を大幅に軽減してガラスの歪みも最小限に抑え、フィルター有効径の約85%のエリアで、透過波面精度がλ/4以下の精度に収まるよう設計されています。


ARCREST装着


少し難しい解説で、いまいちピンとこない筆者が注目したのが、NIKKORレンズにも使われている高品質な光学ガラスを採用しているという部分。
約2mm厚のガラスで安心の強度を発揮するというのは心強い限りです。

フィルターの厚さも約3.4mm(95mm径のみ3.9mm)と、従来品より薄くなりました。
おかげで、超広角レンズ使用時もケラレの心配がありません。
フィルターフレーム表面にはキズに強いブラックアルマイト処理が施されているので強度面の心配も無用です。
ツヤ消しブラックが、高級感を醸し出します。また、ローレット加工により指がかりがよく、着脱もスムーズです。



疑り深い筆者は、優れた撥水・発油コートも試してみました。

防滴比較


左が「ARCREST」、右が他社製の撥水・発油保護フィルターです。
少し傾けたフィルターに水滴を垂らしたところ、ARCRESTの方が素早く水滴が流れ落ちていきました。
同じ撥水・発油でも表面が滑らかな分、水の滑りが良いように感じます。
余談ですが、古いフィルターは磨いていても、濡らして強い光を当てるとあまり綺麗ではないですね。
これは新しいフィルターへ買い替えるサインかもしれません。


撥油比較


同様にペンでなぞってもご覧のとおり。同じ発油でもペンから出るインク量を抑えているかのようです。


+ARCREST NoFilter
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(左:+ARCREST / 右:フィルター無し)



フィルターの装着時と非装着時での撮り比べもしてみました。
拡大画像を見ても目視では、フィルターによる影響を感じることはできません。


+ARCREST
絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(+ARCREST)



NoFilter
絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8E ED VR(フィルター無し)


フィルターの脱着を繰り返すためフードは未装着。そして天候は雨。
ダイレクトにレンズ前面に水滴が落ちてくる条件下の撮影となりました。
使用したレンズ「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」には、汚れが付着しにくいフッ素コートが施されており、フィルター同様、雨粒はすぐに流れ落ちていきます。

レンズの前面ガラスに施された、優れた防汚性能を再確認するという結果でしたが、高価な高性能なレンズだけに余計大事に使いたいという思いに駆られ、ますますフィルターの必要性を再認識することとなりました。


ARCREST化粧箱


レンズ本来の描写力を極力損なわない高性能保護フィルターとして、あらゆる点にこだわって光学性能を高めている高性能フィルター。

一目でニコン純正と感じることができる、ボディやレンズと統一感のある金箱も嬉しいポイントです。
他社製の高性能フィルターと比べても、少々お値段が張る商品ですが、実力は折り紙つき。
ニコン好きの私は、お布施のつもりで購入決定です!















〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月17日 20時49分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]