【SONY】 "α" movies vol.05「α9で夜景ムービーを撮る」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 "α" movies vol.05「α9で夜景ムービーを撮る」

[ Category:SONY|掲載日時:2017年11月29日 14時00分]




α9では新開発の裏面照射型のセンサーを搭載。
裏面照射型でありながら、画素数は約2400万画素画素数と控えめにすることで夜間撮影時の高感度性能が向上している。


そこで今回は、夜景での動画撮影を試してみた。

α9で撮影した映像例

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
撮影設定:ISO100~3200/4K24p(一部 Super35モード使用)

※掲載の都合上、動画・画像に圧縮が掛かっています。

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
(4K動画からの切り出し)
4K撮影の場合、α7RⅡと同じく6Kからのオーバーサンプリングを採用しており、4Kの鮮明さ、解像感の高さは申し分ない。
また、α7RⅡとは違い、4K24p撮影の場合はクロップされることなくフルサイズの画角そのままで撮影ができる。
※4k30pは1.2倍クロップとなる

特に今回使用した「ZEISS Loxia 2.8/21」は歪みが少なく動画との相性も抜群。
風景撮影でも歪曲を気にせずに積極的に使うことが出来た。

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
(4K動画からの切り出し)
夜景撮影の場合、ノイズが一番目立ってくる部分は、夜空や被写体のシャドウ部である。
あくまで主観的な印象だが、ノイズが目立った印象はなく、シャドウ部もディティールがしっかりと描写され美しく表現されている。

ISO800からISO3200まで、ISO感度を変えて撮影を行なった。
レンズは「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」を使用して開放F1.4で撮影。

さすがにISO3200になるとα9と言えど暗部のノイズが目立ってくるが
映像にザラついた感じはなく高感度ノイズを気にすることなく撮影出来た。

高感度ノイズの許容範囲は個人差があると思うが、
鑑賞する分にはISO6400~8000くらいまでなら十分綺麗な映像で撮影出来る印象だ。

α9を使用される方の多くは写真撮影をメインで使用する方が多いと思うが、動画機能も6Kからのオーバーサンプリングや
フルHDでの120fps撮影、動画からの静止画切り出しなどαシリーズの“いいとこ取り“をしている。
さすが、「9」の称号を持つだけあって動画撮影も昼夜問わず、様々なシーンで活躍出来る性能を持っていると実感できた。

・・・

SONYでは、動画の管理・編集、簡易グレーディングも可能な無償ソフト「Catalyst Browse」
を配布しており、これから動画撮影を始める方にもおすすめです。
※「Catalyst Browse」はSony Creative Softwareより配布されている無償のソフトウェアです(Windows・Macに対応)


ソニーの業務用カメラやデッキで対応しているHDや4KのRAWデータを含むあらゆるファイルのブラウズが可能です。
また、各種素材のメタデータの確認や編集はもちろん、ソニーのLogカーブであるS-Log素材のハンドリングにも対応、
広色域S-GamutもサポートしASC-CDLによる簡易グレーディング機能、トランスコード機能やファイルインジェスト、
メディアへのエクスポートなどにも対応し、ファイルベースワークフローをサポートしています。


カラーホイールやトーンカーブを使い、色味の調整が行え、好みのLUTを読み込んでプレビューや編集も可能。
編集結果を「.CUBE」形式で保存することも出来るので、Adobe Premiere・DaVinci Resolve等のソフト間でのやり取りも容易です。


ソニー製のカメラであれば、動画ファイルのメタデータの確認も可能。
カメラによって表示可能な項目は異なるが、撮影時のISO、絞り、ホワイトバランス、シャッタースピードなどを確認できる。

これから動画撮影を始める方はもちろん、αムービーユーザーにはオススメのソフトです!
ダウンロードはこちらから
※Sony Creative Softwareのサイトにリンクします。


↓撮影に使用した機材&オススメアクセサリーはこちら↓












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年11月29日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]