Select Language



【SONY】 "α" movies vol.05「α9で夜景ムービーを撮る」

[ Category:SONY|掲載日時:2017年11月29日 14時00分]




α9では新開発の裏面照射型のセンサーを搭載。
裏面照射型でありながら、画素数は約2400万画素画素数と控えめにすることで夜間撮影時の高感度性能が向上している。


そこで今回は、夜景での動画撮影を試してみた。

α9で撮影した映像例

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
撮影設定:ISO100~3200/4K24p(一部 Super35モード使用)

※掲載の都合上、動画・画像に圧縮が掛かっています。

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
(4K動画からの切り出し)
4K撮影の場合、α7RⅡと同じく6Kからのオーバーサンプリングを採用しており、4Kの鮮明さ、解像感の高さは申し分ない。
また、α7RⅡとは違い、4K24p撮影の場合はクロップされることなくフルサイズの画角そのままで撮影ができる。
※4k30pは1.2倍クロップとなる

特に今回使用した「ZEISS Loxia 2.8/21」は歪みが少なく動画との相性も抜群。
風景撮影でも歪曲を気にせずに積極的に使うことが出来た。

SONY ILCE-9+Carl Zeiss Loxia 21mm F2.8
(4K動画からの切り出し)
夜景撮影の場合、ノイズが一番目立ってくる部分は、夜空や被写体のシャドウ部である。
あくまで主観的な印象だが、ノイズが目立った印象はなく、シャドウ部もディティールがしっかりと描写され美しく表現されている。

ISO800からISO3200まで、ISO感度を変えて撮影を行なった。
レンズは「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」を使用して開放F1.4で撮影。

さすがにISO3200になるとα9と言えど暗部のノイズが目立ってくるが
映像にザラついた感じはなく高感度ノイズを気にすることなく撮影出来た。

高感度ノイズの許容範囲は個人差があると思うが、
鑑賞する分にはISO6400~8000くらいまでなら十分綺麗な映像で撮影出来る印象だ。

α9を使用される方の多くは写真撮影をメインで使用する方が多いと思うが、動画機能も6Kからのオーバーサンプリングや
フルHDでの120fps撮影、動画からの静止画切り出しなどαシリーズの“いいとこ取り“をしている。
さすが、「9」の称号を持つだけあって動画撮影も昼夜問わず、様々なシーンで活躍出来る性能を持っていると実感できた。

・・・

SONYでは、動画の管理・編集、簡易グレーディングも可能な無償ソフト「Catalyst Browse」
を配布しており、これから動画撮影を始める方にもおすすめです。
※「Catalyst Browse」はSony Creative Softwareより配布されている無償のソフトウェアです(Windows・Macに対応)


ソニーの業務用カメラやデッキで対応しているHDや4KのRAWデータを含むあらゆるファイルのブラウズが可能です。
また、各種素材のメタデータの確認や編集はもちろん、ソニーのLogカーブであるS-Log素材のハンドリングにも対応、
広色域S-GamutもサポートしASC-CDLによる簡易グレーディング機能、トランスコード機能やファイルインジェスト、
メディアへのエクスポートなどにも対応し、ファイルベースワークフローをサポートしています。


カラーホイールやトーンカーブを使い、色味の調整が行え、好みのLUTを読み込んでプレビューや編集も可能。
編集結果を「.CUBE」形式で保存することも出来るので、Adobe Premiere・DaVinci Resolve等のソフト間でのやり取りも容易です。


ソニー製のカメラであれば、動画ファイルのメタデータの確認も可能。
カメラによって表示可能な項目は異なるが、撮影時のISO、絞り、ホワイトバランス、シャッタースピードなどを確認できる。

これから動画撮影を始める方はもちろん、αムービーユーザーにはオススメのソフトです!
ダウンロードはこちらから
※Sony Creative Softwareのサイトにリンクします。


↓撮影に使用した機材&オススメアクセサリーはこちら↓












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年11月29日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]