【Leica】一風変わったバルナック入荷しました! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






手前から、IIIf 後塗りレッド + IIIf 後塗りブラック + IIIg 後塗りブラック
皆様こんにちは!
まだ梅雨のハズですが、東京はギラギラとした陽射しが真夏の様相です。
日照時間も長いですし、低感度のフィルムでもバッチリ撮って歩けますね♪

今回はちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介!


IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
バルナックライカといえばシルバークロームとブラックペイントが多いですが
コチラのモデルはナント赤!
自分だけのカメラというこだわりを感じますね。
調和が取れるかなと思って暖色系のニッケルレンズと合わせてみました。

IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
底ブタのつまみは黒。
全体も赤と黒のツートーンでまとめられています。
目にも鮮やかですが黒が要所で引き締めてくれてカッコイイです!
ちなみにこのカメラはIIIfというモデルでバルナック型の中では完成形ともいわれ
最も人気が高く、ユーザーの支持も厚いモデルです。
私もM型しか持っていないので実は前から気になっています…。


左から、IIIg 後塗りブラック + IIIf 後塗りブラック
続いてはブラックペイントの2台!
左のカメラの方が一回り大きく、ファインダー周辺は特に違いますね。
左はIIIgというバルナック型の最終モデルです。
M型の始まりであるM3の技術を取り入れており
バルナック型でありながら50/90mmのブライトフレームが出てパララックス補正まで付いています。

右は先程の赤いモデルと同様のIIIfです。
この個体はセルフタイマーが無いので、それも相まってスッキリ見えますね。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgにズミクロンM50mm F2沈胴モデルを装着!
カッコイイですねぇ。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
シャッターボタンは赤いペイント。
白いマークがてんとう虫みたいで可愛いです。
ちなみにISOダイヤルが巻上げノブではなく背面になったのもIIIgからの変更点です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
今度はIIIfのブラックペイントです。
シャッターダイヤルの脇に赤い数字が書いてあります。
これは「コンタクトナンバー」といい、当時のフラッシュを使用する際の指標でした。
fシリーズだけにしかない特徴です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgとは逆サイドからパシャリ。
半世紀以上前のカメラが今もこうして手に入ると言うのは感慨深いです。
しかもこんなに綺麗なんですから感動モノです。

他の人とは一味違うぞ、という気持ちで使っていきたいカラフルなバルナック!
滅多にお目にかかれないので是非ともお早めにご検討下さい!


↓商品の詳細&ご注文はコチラ!↓



マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまで金利がかかりません!
滅多にお目にかかれないモデルもお得にすぐ手に入れられるチャンスです!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



珍しいと言えばマップカメラの「Premium collection」
上記の「超低金利ショッピングクレジット」と併せてご検討下さい。
ちなみにバナーのカメラはM型ライカ50周年記念で
世界600台限定生産の希少なセットです。(ストラップは除く)
これが手元にあったらと思うと所有欲がすごいです。
こういったカメラやレンズを多数ご紹介しております!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓
null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:07月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]