【Leica】一風変わったバルナック入荷しました! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】一風変わったバルナック入荷しました!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年07月12日 10時30分]




手前から、IIIf 後塗りレッド + IIIf 後塗りブラック + IIIg 後塗りブラック
皆様こんにちは!
まだ梅雨のハズですが、東京はギラギラとした陽射しが真夏の様相です。
日照時間も長いですし、低感度のフィルムでもバッチリ撮って歩けますね♪

今回はちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介!


IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
バルナックライカといえばシルバークロームとブラックペイントが多いですが
コチラのモデルはナント赤!
自分だけのカメラというこだわりを感じますね。
調和が取れるかなと思って暖色系のニッケルレンズと合わせてみました。

IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
底ブタのつまみは黒。
全体も赤と黒のツートーンでまとめられています。
目にも鮮やかですが黒が要所で引き締めてくれてカッコイイです!
ちなみにこのカメラはIIIfというモデルでバルナック型の中では完成形ともいわれ
最も人気が高く、ユーザーの支持も厚いモデルです。
私もM型しか持っていないので実は前から気になっています…。


左から、IIIg 後塗りブラック + IIIf 後塗りブラック
続いてはブラックペイントの2台!
左のカメラの方が一回り大きく、ファインダー周辺は特に違いますね。
左はIIIgというバルナック型の最終モデルです。
M型の始まりであるM3の技術を取り入れており
バルナック型でありながら50/90mmのブライトフレームが出てパララックス補正まで付いています。

右は先程の赤いモデルと同様のIIIfです。
この個体はセルフタイマーが無いので、それも相まってスッキリ見えますね。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgにズミクロンM50mm F2沈胴モデルを装着!
カッコイイですねぇ。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
シャッターボタンは赤いペイント。
白いマークがてんとう虫みたいで可愛いです。
ちなみにISOダイヤルが巻上げノブではなく背面になったのもIIIgからの変更点です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
今度はIIIfのブラックペイントです。
シャッターダイヤルの脇に赤い数字が書いてあります。
これは「コンタクトナンバー」といい、当時のフラッシュを使用する際の指標でした。
fシリーズだけにしかない特徴です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgとは逆サイドからパシャリ。
半世紀以上前のカメラが今もこうして手に入ると言うのは感慨深いです。
しかもこんなに綺麗なんですから感動モノです。

他の人とは一味違うぞ、という気持ちで使っていきたいカラフルなバルナック!
滅多にお目にかかれないので是非ともお早めにご検討下さい!


↓商品の詳細&ご注文はコチラ!↓



マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまで金利がかかりません!
滅多にお目にかかれないモデルもお得にすぐ手に入れられるチャンスです!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



珍しいと言えばマップカメラの「Premium collection」
上記の「超低金利ショッピングクレジット」と併せてご検討下さい。
ちなみにバナーのカメラはM型ライカ50周年記念で
世界600台限定生産の希少なセットです。(ストラップは除く)
これが手元にあったらと思うと所有欲がすごいです。
こういったカメラやレンズを多数ご紹介しております!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓
null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年07月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]