【Nikon】D7500でMotorsportsを撮る » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







光をみつめ、光を追求し、光の可能性に挑みつづけてきたNikonの100年。
光と共に新たな100年へ

Nikon創立100周年、おめでとうございます!







【D7500×フォーミュラカー】

フォーミュラカー
それは自動車レースで速く走る為に造られた、オープンホイールのレーシングカー


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

ハイパワーなエンジンに、風を味方にすべく研究された空力形状と限界まで軽量化されたカーボンモノコックボディ
日本一速い車をカッコよく撮影したいとなると、撮影機材にも要求される性能が高くなります。



そこで、今回は先月発売された新製品Nikon D7500を使い、サーキットへ撮影に行きました。

Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レーススタート!

一斉に19台の車が我先にとコーナーへ飛び込んできます


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D7500の3DトラッキングAFを使ってピントを追ってみました。

筆者は前機種D7200を所持しておりますが、複数台の車両がいるときに違う車両にピントをつられてしまう時があり、
どうしても外せない時にはダイナミック9点等に切り替えて使用していました。

しかしD7500のAFは3Dトラッキングでかなり正確にピントを追ってくれます
それに加えてグループエリアAF等の機能も増し、測距点は変わっていませんが、AF性能はかなり上がっていると感じました。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

流し撮りも連写のコマ数が8コマとなった事でより追いやすく、
シャッターフィーリングも軽快なのでファインダー像が非常に見やすかったです。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レース撮影では連写を多用しますが、余裕あるバッファのお陰で、
書き込み中で待たされる事は殆ど無く、撮影に集中をする事が出来ました。
限界ギリギリで白煙の上がるブレーキング。
貴重なシャッタータイミングも逃しません。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

年々スピードアップし、進化を遂げるレーシングカー

D7500を使う前は、正直なところ前機種でも充分な性能だし、大差は無いのではないかと思っていましたが、
使ってみるとカタログを見ただけではわからない進化を沢山感じ取れました!

高精度のAFやバッファ増の連写ももちろんですが、ピクチャーコントロールAUTOカメラ内一括RAW現像等も非常に有用で、
撮影後の編集時間までもが短縮され、非常に快適ですよ。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D500の画像処理エンジン、炭素繊維複合材料の小型軽量モノコックボディ


高性能ながら、極限まで軽量化されたこのカメラはレーシングカーに通じるものもありますが、このD7500はスパルタンではなく、
どんな方にもオススメできる良いカメラに仕上がっています!



Nikon (ニコン) D7500 ボディ


D7500があればきっとお気に入りの一枚が撮れるはず!
ステップアップの一台に、ぜひ手にして触ってご検討頂ければと思います!










【おめでとうニコンフェア】
ニコン創立100周年を記念して指定の新品ニコン製にお買い替えで買取見積額15%UP!
是非、お得で記念すべきこの機会にご購入ください!
↓詳しい指定商品はこちらから↓


Nikon100周年記念 限定商品もご予約受付中
↓詳しくはこちらから↓

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type) 100周年記念モデル



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:07月25日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]