Select Language

【Nikon】D7500でMotorsportsを撮る

[ Category: Nikon|掲載日時:2017年07月25日 10時30分]




光をみつめ、光を追求し、光の可能性に挑みつづけてきたNikonの100年。
光と共に新たな100年へ

Nikon創立100周年、おめでとうございます!







【D7500×フォーミュラカー】

フォーミュラカー
それは自動車レースで速く走る為に造られた、オープンホイールのレーシングカー


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

ハイパワーなエンジンに、風を味方にすべく研究された空力形状と限界まで軽量化されたカーボンモノコックボディ
日本一速い車をカッコよく撮影したいとなると、撮影機材にも要求される性能が高くなります。



そこで、今回は先月発売された新製品Nikon D7500を使い、サーキットへ撮影に行きました。

Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レーススタート!

一斉に19台の車が我先にとコーナーへ飛び込んできます


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D7500の3DトラッキングAFを使ってピントを追ってみました。

筆者は前機種D7200を所持しておりますが、複数台の車両がいるときに違う車両にピントをつられてしまう時があり、
どうしても外せない時にはダイナミック9点等に切り替えて使用していました。

しかしD7500のAFは3Dトラッキングでかなり正確にピントを追ってくれます
それに加えてグループエリアAF等の機能も増し、測距点は変わっていませんが、AF性能はかなり上がっていると感じました。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

流し撮りも連写のコマ数が8コマとなった事でより追いやすく、
シャッターフィーリングも軽快なのでファインダー像が非常に見やすかったです。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レース撮影では連写を多用しますが、余裕あるバッファのお陰で、
書き込み中で待たされる事は殆ど無く、撮影に集中をする事が出来ました。
限界ギリギリで白煙の上がるブレーキング。
貴重なシャッタータイミングも逃しません。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

年々スピードアップし、進化を遂げるレーシングカー

D7500を使う前は、正直なところ前機種でも充分な性能だし、大差は無いのではないかと思っていましたが、
使ってみるとカタログを見ただけではわからない進化を沢山感じ取れました!

高精度のAFやバッファ増の連写ももちろんですが、ピクチャーコントロールAUTOカメラ内一括RAW現像等も非常に有用で、
撮影後の編集時間までもが短縮され、非常に快適ですよ。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D500の画像処理エンジン、炭素繊維複合材料の小型軽量モノコックボディ


高性能ながら、極限まで軽量化されたこのカメラはレーシングカーに通じるものもありますが、このD7500はスパルタンではなく、
どんな方にもオススメできる良いカメラに仕上がっています!



Nikon (ニコン) D7500 ボディ


D7500があればきっとお気に入りの一枚が撮れるはず!
ステップアップの一台に、ぜひ手にして触ってご検討頂ければと思います!










【おめでとうニコンフェア】
ニコン創立100周年を記念して指定の新品ニコン製にお買い替えで買取見積額15%UP!
是非、お得で記念すべきこの機会にご購入ください!
↓詳しい指定商品はこちらから↓


Nikon100周年記念 限定商品もご予約受付中
↓詳しくはこちらから↓

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type) 100周年記念モデル



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2017年07月25日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!63票


XPRO3

【FUJIFILM】X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景【カメラを愉しむ vol.2】[2019年11月13日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」 多機能なのにこの割り切った『特別感』 少々マニアックな視点であることは存じ上げております。 しかし、私ども『カメラ専門店』としてはこのような機能。 とても心くすぐられる機能であることに間違いありません。 実際に撮影、やはりいつもの癖で液晶を確認してしまいます。 その度に『撮影者へのインフォメーション』 として主張してくるこの1.28型 1:1アスペクトの液晶。 懐かしのPROVIA 100Fフィルムを並べてみる。 はじめの15...
続きを読む
私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-

私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-[2019年11月13日]

だんだんと寒々しくなり、秋も深まってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 「秋といえば」で思いつくものは多くありますが、写真好きとしては自然の彩り、紅葉を撮るベストシーズンでございます。 【X-T30+XF90mm F2 R LM WR】 今回私が撮影に赴いたのは、昭和記念公園。 11月2日から11月24日まで『黄葉紅葉まつり 秋の夜散歩』と題してライトアップイベントを行なっています。 日差しの中、自然の美しい赤や黄色の木々を楽しむのもまた一興ではありますが、今回は夜景としての紅...
続きを読む
【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む