【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount予約開始!! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount予約開始!!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年07月19日 17時00分]




null
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
本日よりご予約開始です!


「APO-LANTHAR」と聞くと懐かしく感じられるお客様も多いのではないでしょうか。
元々、Voigtlanderのレンズの中でも"最高の光学性能"を
持つレンズに付けられる「APO-LANTHAR」の銘。

今では生産完了になってしまった
「APO-LANTHAR 90mmF3.5」
「MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5」など
"最高の光学性能"は決して誇張ではなく、その端正な写りから
銘玉として名を馳せていました。

そして「MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount」
2016年秋に開催されたフォトキナで開発発表され
その後CP+2017で製品版に近い物が初お披露目となりました。
筆者も首をなが~くして待っていた人間の一人ですが
約1年の時を経て発売となります。

さて「APO-LANTHAR」と言えばアポクロマート仕様であることを示す
鏡胴先端部の赤/青/緑の3色リングが目印でしたが
時代の移り変わりに合わせ、本レンズでは控えめなデザインへと変更が成されています。
null

もちろん"APO"の名を冠するレンズですので、色にじみやパープルフリンジなどの原因になる色ズレ、
"軸上色収差"や"倍率色収差"の補正に優れたレンズとなりますが、それだけではありません。
その中でも高い"平坦性"や"解像力"が要求される、マクロレンズとして開発されているのです。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーEマウント))
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount CP PLUS
ss1/125 F2.0 ISO400
※PCからご覧の方は画像を右クリックし
別ウィンドウで開いていただくと大きなサイズでご覧いただけます。

上記写真はCP+2017参加時ものとなりますが、参考出展されていた
デモ品をお借りしてVoigtlanderのカタログを撮影したものになります。
うっすらと軸上色収差が見受けられますが
デモ品の時点で既に色やトーンの端正でなだらかな繋がり
そして解像力も非常に高いレベルを持っていると感じました。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mountは
マクロレンズとしては最大撮影倍率1:2のハーフマクロとなりますが、
65mmという焦点距離を考えるとこれ以上寄れても
カメラやレンズそのものが陰になってしまう可能性がありますので
丁度良い撮影倍率であると言えるのではないでしょうか。

一昔前、コンタックスRTSマウント(Y/C)に
Makro-Planar T* 60mm F2.8 Cというハーフマクロレンズがありましたが
焦点距離や撮影倍率は近しいものを持ちつつ、F値が更に1段明るくなっているのがポイントですね。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーEマウント)
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount CP PLUS
ss1/100 F2.8 ISO1000

こちらもCP+2017で触らせていただいたデモ品で撮影した写真となります。

ほぼ最短での撮影と記憶しておりますが、マクロ域でこれだけの写りを見せる本レンズ。
思わずその場で感嘆の声を漏らしてしまいました。

MF専用レンズにはなりますが、
ボディ側と情報をやりとりするための電子接点も備えており
Exifへの記録やα7IIシリーズなどに搭載された
ボディ内手振れ補正も5軸全てが動作しますので
大変使い勝手の良いレンズとなっております。

古き良きレンズの血を脈々と受け継ぐ
最新光学設計のMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
発売が待ち遠しいですね。

皆様のご予約お待ちしております!



マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年07月19日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]