Select Language



【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount予約開始!!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年07月19日 17時00分]




null
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
本日よりご予約開始です!


「APO-LANTHAR」と聞くと懐かしく感じられるお客様も多いのではないでしょうか。
元々、Voigtlanderのレンズの中でも"最高の光学性能"を
持つレンズに付けられる「APO-LANTHAR」の銘。

今では生産完了になってしまった
「APO-LANTHAR 90mmF3.5」
「MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5」など
"最高の光学性能"は決して誇張ではなく、その端正な写りから
銘玉として名を馳せていました。

そして「MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount」
2016年秋に開催されたフォトキナで開発発表され
その後CP+2017で製品版に近い物が初お披露目となりました。
筆者も首をなが~くして待っていた人間の一人ですが
約1年の時を経て発売となります。

さて「APO-LANTHAR」と言えばアポクロマート仕様であることを示す
鏡胴先端部の赤/青/緑の3色リングが目印でしたが
時代の移り変わりに合わせ、本レンズでは控えめなデザインへと変更が成されています。
null

もちろん"APO"の名を冠するレンズですので、色にじみやパープルフリンジなどの原因になる色ズレ、
"軸上色収差"や"倍率色収差"の補正に優れたレンズとなりますが、それだけではありません。
その中でも高い"平坦性"や"解像力"が要求される、マクロレンズとして開発されているのです。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーEマウント))
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount CP PLUS
ss1/125 F2.0 ISO400
※PCからご覧の方は画像を右クリックし
別ウィンドウで開いていただくと大きなサイズでご覧いただけます。

上記写真はCP+2017参加時ものとなりますが、参考出展されていた
デモ品をお借りしてVoigtlanderのカタログを撮影したものになります。
うっすらと軸上色収差が見受けられますが
デモ品の時点で既に色やトーンの端正でなだらかな繋がり
そして解像力も非常に高いレベルを持っていると感じました。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mountは
マクロレンズとしては最大撮影倍率1:2のハーフマクロとなりますが、
65mmという焦点距離を考えるとこれ以上寄れても
カメラやレンズそのものが陰になってしまう可能性がありますので
丁度良い撮影倍率であると言えるのではないでしょうか。

一昔前、コンタックスRTSマウント(Y/C)に
Makro-Planar T* 60mm F2.8 Cというハーフマクロレンズがありましたが
焦点距離や撮影倍率は近しいものを持ちつつ、F値が更に1段明るくなっているのがポイントですね。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーEマウント)
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount CP PLUS
ss1/100 F2.8 ISO1000

こちらもCP+2017で触らせていただいたデモ品で撮影した写真となります。

ほぼ最短での撮影と記憶しておりますが、マクロ域でこれだけの写りを見せる本レンズ。
思わずその場で感嘆の声を漏らしてしまいました。

MF専用レンズにはなりますが、
ボディ側と情報をやりとりするための電子接点も備えており
Exifへの記録やα7IIシリーズなどに搭載された
ボディ内手振れ補正も5軸全てが動作しますので
大変使い勝手の良いレンズとなっております。

古き良きレンズの血を脈々と受け継ぐ
最新光学設計のMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
発売が待ち遠しいですね。

皆様のご予約お待ちしております!



マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年07月19日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
【SONY】熱風横濱。SONY RX0 【SONY】熱風横濱。SONY RX0 2018年07月09日
とある6月の午後。地下鉄から地上に出ると熱風が吹き荒れていた。 大きなカメラを持ちだす気にもなれず、手の中に小さな「SONY RX0」がひとつ。水が見たくて海を目指して歩き始めた。 横浜スタジアムを見上げると旗がなびいている。太陽の光が降り注ぎ空気を熱している。 暑さに耐えきれず、木陰に避難。木の下に隠れながら大桟橋を目指す。 大桟橋は静かだった。普段は観光客が大勢いるが、暑さのせいか人は疎らだ。 停泊している船の上では、日陰に隠れて船員が昼寝...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 2018年07月02日
今回はスーパースローモーション(HFR)機能を使ってみました。 SONYの「RX100M4」「RX10M3」以降の後継機種RX10・RX100シリーズ、RX0では最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能です。 ハイフレームレートは一般的なカメラでは60fps、ハイエンドなカメラでも120~240fpsが一般的です。 そんな中で960fpsをコンパクトデジカメで撮影出来るのは驚きです。 写真でいうと1秒間に960コマの連射ができるのと同じですので人の目には捉える事の出来ない一瞬を映像として記録出来ます。 960fpsで撮影...
続きを読む
null α9/α7RIII/α7IIIで"マニュアルフォーカス"を愉しむ! 2018年06月25日
皆さんこんにちは。 ジメジメした日が続きますが、雨にも負けず撮影にいそしむ筆者です。 さて、今回はマニュアルフォーカスのお話。 ミラーレス一眼という事で、背面液晶でもファインダー(EVF)でもピントの拡大が出来たりするためマニュアルフォーカス撮影もそこまで苦ではないと思うのですが、今回はそのマニュアルフォーカスをもっとしやすくしよう!という趣旨の内容となっています。 それではいってみましょう。 1.MFアシストについて Eマウントレンズを装着している場合レンズ側に...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]