揃えたらすごい大三元レンズ!ボケフェス2開催中! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  揃えたらすごい大三元レンズ!ボケフェス2開催中! | THE MAP TIMES
Select Language

揃えたらすごい大三元レンズ!ボケフェス2開催中!

[ Category: Information|掲載日時:2017年07月24日 15時30分]


皆様こんにちは!
タイトルの「大三元」というのは元々は麻雀の上がり役の1つです。
何も書いていない「白」、緑の字の「發」、赤い字の「中」
これら3種類の牌を3つずつ揃えるというものです。
なかなか揃えるのが難しいとのこと。

さて、なんでこんな話をしたかというと…
カメラの世界にもあるんです「大三元」


まず、カメラのレンズには「ニッパチトオシ」なんて呪文があります。
ズームレンズはズームをするとF値が変動するものが多いですが
高級なレンズになるとズームによるF値の変動が無くなるものがあります。
特にその中でも人気が高く、最高級の「F2.8通し」のズームレンズのことです。

各社の高級レンズ群にある「F2.8通し」の広角・標準・望遠ズームレンズをひとまとめにして
「大三元レンズ」と総称するようになりました。
総じて高級なレンズなので揃えるのが大変であること。
ただ、揃えたら凄い威力を発揮すること。
そういった理由からインパクトが強いネーミングになったと推測されます。

ちなみにCanonから1989年に20-35mmと80-200mm、93年に28-70mmの3種類がF2.8通しで発売。
Nikonからは1987年に35-70mm、88年に80-200mm、95年に20-35mmの3種類が
F2.8通しで発売されているので「大三元レンズ」と呼ばれ始めたのはこの頃からでしょう。
意外と最近の話のようです。

ズームによるF値の変動が無いというのは非常に便利で、絞り優先モードで撮っている方は特にですが
焦点距離によってシャッタースピードやISO感度が変わることを防いでくれます。

例:F3.51/125秒、ISO100固定で適正露出が得られるシーンがあるとします。
ズームをしたことによってF5.6になったら…
明るさが1.3EV(1と1/3段分)変わることになるので
シャッタースピードが1/50秒まで落ちてしまいます。
ズームをして焦点距離が長くなるのにシャッタースピードが落ちてししまう。
シチュエーションにもよりますがこれは手ブレの原因にもなりかねません。

マニュアル露出で撮影する方はシャッタースピードを変えないと
露出アンダーで暗い仕上がり
になってしまいます。
いちいち設定を直さないといけないのも大変ですよね。


高性能なズームレンズでこの夏を切り取ってみませんか?
前回のボケフェスは単焦点レンズがお買い得でしたが今回は「大三元レンズ」もお得に!

ボケフェス2開催中!!
7月31日(月) 20:29まで

↓セール会場は下記バナーをクリック!↓



マップカメラで大好評の「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまでは金利がかかりません!
この機会に大三元レンズを揃えてみませんか!?
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓セール情報〓〓

[ Category: Information|掲載日時:2017年07月24日 15時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!50票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む