【Nikon】創立100年周年~伝説のレンズと最高のカメラ~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






null

プロフェッショナル、アマチュア問わず、世界中のカメラマンに信頼され、愛され続けている
ニコンは、本日創立100年周年を迎えました!

ニコンがカメラを作り始めたのは、意外にも第二次世界大戦後で後発のメーカーでした。
そのニコン(ニッコール)の名が世界的に認知されるきっかけをつくった伝説のレンズが
Nikkor P・C 8.5cm F2です。
全画面にわたって球面収差、コマ収差に優れており、
絞り開放からコントラストの高い優れた画質が得られるレンズです。
Nikon (ニコン) NIKKOR-P.C (L) 85mm F2 シルバー

LIFE誌の専属カメラマン、デビッド・ダグラス・ダンカン氏にまつわるエピソードは有名です。
1950年、三木淳氏(LIFE誌のカメラマン)がニッコール85mmF2でダンカン氏のポートレートを撮影しました。
その後、引き伸ばした写真のシャープさに驚いたダンカン氏は、日本光学(現ニコン)を訪問。
ニッコールレンズの優秀さを目の当たりにし、すぐさまライカ用のニッコールレンズを買い求めました。
(実は、85mmではなく、50mmF1.5と135mmだったそうです。)

そしてダンカン氏は、朝鮮戦争の前線に赴き、ニッコールレンズで撮影した写真を続々とLIFE誌に掲載したのでした。
これが、ニッコールレンズの名前が世界に知れ渡るきっかけとなったのです。


上記レンズは、ライカスクリューマウント(L39)でしたが、
ニコンは、独自のバヨネットマウント(ニコンSマウント)の距離計連動カメラ、レンズを製造していました。
ニコン最初のカメラ、ニコンI型が発売されたのは1948年でした。
その後、改良を重ね、遂にレンジファインダーニコンの最高峰ニコンSP(1957年)を発売しました。

Nikon (ニコン) SP シルバー+Nikon (ニコン) NIKKOR-S (S) 50mm F1.4

ニコンSPでひときわ目を引くのは、大きなファインダー窓ですね。
「めおとファインダー」と呼ばれたふたつのファインダーを持ち、28mm~135mmまでの6種類のレンズに対応していました。


Nikon (ニコン) SP シルバー

右側が二重像合致式連動距離計ファインダーで、巻戻しクランク基部のセレクターを回すと
50mm(常時表示)、85mm、105mm、135mmが順次表示されます。
左側は、広角ファインダーで、全視野で28mm、黒線が35mmを表しています。
ニコンSPはその機能だけでなく、
最高水準の品質においても多くのカメラマンの信頼を得ました。

創立100年周年ということで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。



また、東京の品川インターシティにあるニコンミュージアムでは、
創立100周年記念企画展 第3回「世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン」を9月30日(土)まで開催中です。
ダンカンが撮影した写真24点の展示やダンカン自身が語ったインタビュー映像など貴重な内容ですので
興味のある方は必見ですよ!















ニコンレンジファインダーカメラ一覧は商品詳細をクリック!



ご利用ください!36回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:07月25日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]